« A.M.Jacobs,S.Schuster,S.Xue & J.Lüdtke(2017).「What’s in the Brain That Ink May Character...:A Quantitative Narrative Analysis of Shakespeare’s 154 Sonnets for Use in (Neuro-)Cognitive Poetics」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | C.Bubel & A.Spitz(2013).「The Way to Intercultural Learning Is Through the Stomach:Genre-Based Writing in the EFL Classroom」を読む(C.Gerhardt,M.Frobenius,& S.Ley(編),『Culinary Linguistics:The Chef's Special』,John Benjamins) »

2020年6月 9日 (火)

M.Siefkes(2017).「Perceptual Qualities of Literary Style」を読む(『Scientific Study of Literature』)

著者は、文体とは結局読者による知覚や評価に依存するところが大きいという立場から、一般的な読者(母語話者)は、異なる潮流の作品(モダニズム作品とポストモダニズム作品)の文体の違いをどのように知覚しているのかが調査されています。

なお、調査をするにあたって、著者は文体について以下のように定義を行っています。

"Style consists in all specific characteristics in writing or speech of a person, or a group of persons; styles can be investigated on a continuum of scale, from individuals to large groups, where larger groups will usually have fewer characteristics in common. Although style influences measurable qualities of texts (such as sentence length, size of vocabulary, or complexity of syntax), it is experienced by readers in the form of perceptual qualities, such as clarity or elegance." (p. 54, emphasis in original)

Siefkes, M. (2017). Perceptual qualities of literary style. Scientific Study of Literature, 7 (1), 52-78.

概要                                                                                                                                      

調査の詳細は省略しますが、クラウドソーシングで募集した英語母語話者649名に対して、モダニズム作品(Ernest HemingwayA Farewell to ArmsAldous HuxleyAfter Many a Summer)とポストモダニズム作品(Bret Easton EllisAmerican PsychoDouglas CouplandMicroserfs)を1つずつ読ませて、semantic scalesに回答させることで調査が行われています。この調査で得られた結果は以下の通りです。

  • モダニズム作品は、coherentclearsimpleformalrationalseriousと評価される一方、ポストモダニズム作品についてはincoherentornamentalcomplexcolloquialemotionalplayfulと評価され、あるジャンルの作品はある一定の文体で知覚されるようである。
  • 上記の結果は、作品を読む際に作品の文体や機能に着目させることを促した場合と、情意面や読者の個人経験に着目させることを促した場合とで、変化は見られなかった(つまり、このような方向付けよりもジャンルの違いの方が読者の文体知覚の違いに大きく影響を与えていた)
  • ジャンルの違いに関わらず、coherentまたはplayfulと知覚される作品は、読者の好みの度合いも高かった。
  • 特にincoherent vs. coherentformal vs. colloquialというsemantic scaleは、2ジャンルの文体の違いの知覚をうまく言い当てているようであった。

|

« A.M.Jacobs,S.Schuster,S.Xue & J.Lüdtke(2017).「What’s in the Brain That Ink May Character...:A Quantitative Narrative Analysis of Shakespeare’s 154 Sonnets for Use in (Neuro-)Cognitive Poetics」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | C.Bubel & A.Spitz(2013).「The Way to Intercultural Learning Is Through the Stomach:Genre-Based Writing in the EFL Classroom」を読む(C.Gerhardt,M.Frobenius,& S.Ley(編),『Culinary Linguistics:The Chef's Special』,John Benjamins) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A.M.Jacobs,S.Schuster,S.Xue & J.Lüdtke(2017).「What’s in the Brain That Ink May Character...:A Quantitative Narrative Analysis of Shakespeare’s 154 Sonnets for Use in (Neuro-)Cognitive Poetics」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | C.Bubel & A.Spitz(2013).「The Way to Intercultural Learning Is Through the Stomach:Genre-Based Writing in the EFL Classroom」を読む(C.Gerhardt,M.Frobenius,& S.Ley(編),『Culinary Linguistics:The Chef's Special』,John Benjamins) »