« A.Ensslin(2007).『Canonizing Hypertext: Explorations and Constructions』第4章を読む(「Literary Competence – Conceptual Adaptations」,Continuum) | トップページ | R.A.Zwaan(1996).「How Empirical Is the Empirical Study of Literature?」を読む(H.Hendrix,J.Kloek,S.Levie,& W.van Peer(編),『The Search for a New Alphabet: Literary Studies in a Changing World』,John Benjamins) »

2020年5月23日 (土)

R.A.Jacobs(1973).『Studies in Language』第9章を読む(「Transformational Analysis and the Study of Style」, Xerox College Publishing)

変形生成文法標準理論ないしは生成意味論の立場から、文学テクストの統語レベルの文体的特徴及びその意味的効果が検討されています。現在の研究には少し当てはまらなくなってきている主張や理論もありますが、文体と意味の関係について面白い考え方が提示されており、参考になります。

Jacobs, R. A. (1973). Studies in language. Lexington, MA: Xerox College Publishing.

概要

著者によると、文学批評は統語にはあまり注意を払わず、語彙レベルの分析から一気に作品テーマの議論にジャンプしてしまうとして批判をしています(その一例として、Northrop Fryeの研究が紹介されています)。著者は、本章を通して、以下のことを示したいとしています。

"It is our contention that an awareness of the syntactic choices available to the writer and knowledge of the particular repercussions of each choice should play an important, though not necessarily crucial, role in the critical examination of literary language." (pp. 87-88)

著者は、basic meaningsurface meaningという2つの概念を提示し、議論を進めています。前者は、例えば出来事を受動態で表現しようと能動態で表現しようと変わらず伝達される意味内容のことを指し、後者はこれらの書き換え(つまり変形操作)によって生じる意味("the extra dimension of meaning communicated by the style of the writer" (p. 91))に該当します。ちなみに、surface meaningという名称ですが、文体という表層構造に起因するという理由からこのように名付けられています(現在の研究でこの概念を使うと少し語弊があるかもしれません)。著者は、これまでの議論を受けて以下のように述べています。

"Now a consideration of the stylistic effects of particular surface forms will in a transformational analysis involve consideration of at least some of the transformations relating what we have labeled as basic meaning to the alternative surface meaning." (p. 92)

"Style is the result of linguistic choice and surface meaning is the result of style." (p. 97)

Geoffrey ChaucerThe Canterbury Tales("The General Prologue")とT. S. Eliotの "The Waste Land" の比較、John UpdikeThe Poorhouse Fairの書き換え、James BaldwinNobody Knows My Nameの書き換えを例として、passive transformationrelative clause reduction transformationindefinite deletion transformationpassive deletion transformationagent deletion transformationpseudo-cleft sentence transformationといった変形規則がどのようなsurface meaning(及び文学的効果)をもたらしているかが分析されています。また、Baldwinの作品については、作者が狙った効果を変形操作が実現できていない箇所が1つ指摘されており、大変面白いです。

 

 

|

« A.Ensslin(2007).『Canonizing Hypertext: Explorations and Constructions』第4章を読む(「Literary Competence – Conceptual Adaptations」,Continuum) | トップページ | R.A.Zwaan(1996).「How Empirical Is the Empirical Study of Literature?」を読む(H.Hendrix,J.Kloek,S.Levie,& W.van Peer(編),『The Search for a New Alphabet: Literary Studies in a Changing World』,John Benjamins) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A.Ensslin(2007).『Canonizing Hypertext: Explorations and Constructions』第4章を読む(「Literary Competence – Conceptual Adaptations」,Continuum) | トップページ | R.A.Zwaan(1996).「How Empirical Is the Empirical Study of Literature?」を読む(H.Hendrix,J.Kloek,S.Levie,& W.van Peer(編),『The Search for a New Alphabet: Literary Studies in a Changing World』,John Benjamins) »