« R.A.Zwaan(1996).「How Empirical Is the Empirical Study of Literature?」を読む(H.Hendrix,J.Kloek,S.Levie,& W.van Peer(編),『The Search for a New Alphabet: Literary Studies in a Changing World』,John Benjamins) | トップページ | A.M.Jacobs,S.Schuster,S.Xue & J.Lüdtke(2017).「What’s in the Brain That Ink May Character...:A Quantitative Narrative Analysis of Shakespeare’s 154 Sonnets for Use in (Neuro-)Cognitive Poetics」を読む(『Scientific Study of Literature』) »

2020年5月30日 (土)

F.Parente,K.Conklin,J.Guy,G.Carrol,& R.Scott(2019).「Reader Expertise and the Literary Significance of Small-scale Textual Features in Prose Fiction」を読む(『Scientific Study of Literature』)

アイトラッキングを使って、英語母語話者(英文学を専攻する学部生、大学院生、理系科目を専攻する学生)が語彙や句読点に注意が向くかどうかが調査されています。Charles DickensOliver TwistHenry JamesThe Portrait of a Ladyそれぞれには2つのバージョンがあり、バージョン間で書き換えが起こっている部分を使用して、読解中にその書き換えに気づくかどうかが調査されています(変化が起こっていない箇所もダミーとして使用されています)。調査は2つ報告されており、1つ目のバージョンを読む段階で「2つ目のバージョンに違いがあればどこが違うか報告する」という課題を知っている状態で2つ目のバージョンの文を読む場合と、このことを事前に知らないまま2つ目のバージョンを読む場合の2つが調べられています。

Parente, F., Conklin, K., Guy, J., Carrol, G., & Scott, R. (2019). Reader expertise and the literary significance of small-scale textual features in prose fiction. Scientific Study of Literature, 9 (1), 3-33.

概要

調査方法などの詳細はこの記事では省略して、本調査で示された主な結果のみまとめておきます。

  1. 読者は語彙の変化の方が句読点の変化よりもよく気づき、1つ目と2つ目のバージョンを提示する時間的間隔が長くなってもこのことは変わらない(E. E. Cummingsなどを見れば分かるように、句読点の使用も創造性と関わることが文体論や文学批評で示されていますが、これらの文学的価値は一般的にはあまり知られておらず、重要視もされていないのかもしれません)。
  2. 2つ目のバージョンを読む際にその処理時間が長くなればなるほどその反応の正確性が増す。
  3. 句読点の書き換えを伴う文については、読者はその文全体を読み直していた(どこかが違うという感覚は持っているものの、どこが違っているのかがなかなか判断がつかない状態と考えられます)。結果として、語彙の場合よりも読解時間が長くなったと考えられる。
  4. 語彙の違いについては、読者は書き換えられた部分のみを注視する傾向がある。2つ目のバージョンの読解時間が長くなる場合には、書き換えられた語から視線を動かさない傾向があり、意味理解をしているようである(単語は意味解釈に重要な働きをするという意識の表れと考えられる)。
  5. 句読点の書き換えは、読者にはあまり重要視されていないようであった。
  6. 本研究で明らかになったことは、読者の背景(専門分野)の違いによっては影響を受けなかった。つまり、専門知識の有無はこれらのことにあまり影響を与えていないようだった。ただ、ひょっとしたら英文学専攻の学生はまだ句読点の解釈といった技能を身に付けていないだけ、あるいはそのような技能は持っているものの今回の調査ではその技能を発揮できなかっただけ、といった可能性もあるので、専門知識の影響については継続調査が必要である。

 

|

« R.A.Zwaan(1996).「How Empirical Is the Empirical Study of Literature?」を読む(H.Hendrix,J.Kloek,S.Levie,& W.van Peer(編),『The Search for a New Alphabet: Literary Studies in a Changing World』,John Benjamins) | トップページ | A.M.Jacobs,S.Schuster,S.Xue & J.Lüdtke(2017).「What’s in the Brain That Ink May Character...:A Quantitative Narrative Analysis of Shakespeare’s 154 Sonnets for Use in (Neuro-)Cognitive Poetics」を読む(『Scientific Study of Literature』) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R.A.Zwaan(1996).「How Empirical Is the Empirical Study of Literature?」を読む(H.Hendrix,J.Kloek,S.Levie,& W.van Peer(編),『The Search for a New Alphabet: Literary Studies in a Changing World』,John Benjamins) | トップページ | A.M.Jacobs,S.Schuster,S.Xue & J.Lüdtke(2017).「What’s in the Brain That Ink May Character...:A Quantitative Narrative Analysis of Shakespeare’s 154 Sonnets for Use in (Neuro-)Cognitive Poetics」を読む(『Scientific Study of Literature』) »