« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月29日 (水)

小林亜希子・吉田智行(2018).『破格の構造』を読む(朝倉書店)

小林亜希子・吉田智行(2018).『破格の構造』.朝倉書店.

感想

海外で出版されている英文法書の中で、特に学校文法で習う文法規則と一見矛盾するような事項を「破格」と広く呼んで、一致、格、形容詞・副詞、前置詞、動詞・助動詞、語順、係り受け、否定文、表記、の様々なルールが紹介されています。最近英語母語話者に使われ始めた新しい用法や方言なども扱われており、大変勉強になります。海外の文法書の記載事項をコンパクトにまとめたものとなっており、大変効率的に様々な文法現象について知ることができ、とても便利です。 

| | コメント (0)

G.Harper(2016).「Teaching Creative Writing」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

クリエイティブ・ライティングの歴史やその指導研究などが広く整理されています。いわゆる学校教育の問題を超えて広く論じられているのが印象的でした(p. 509には本章の大筋が要約されています)。

Harper, G. (2016). Teaching creative writing. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 498-512). London: Routledge.

概要

本研究では、クリエイティブ・ライティングは以下のように定義されています。

"Creative writing is the action of writing creatively, informed by the human imagination and the intellect, employing both personal and cultural knowledge, and creating a variety of results, some private, some public, some tentative, and some in various ways complete." (pp. 498-499, emphasis in original)

個人的には、以下の指摘に大変関心を持ちました。

  • クリエイティブ・ライティングをクリエイティブ産業の中に位置づけて考える試みがあまりなされていない(p. 498
  • クリエイティブ・ライティングは伝統的にはアウトプットとの関係で論じられてきており、そのライティング・プロセスについてはあまり着目されてこなかった(p. 498
  • クリエイティブ・ライティングは学校教育の中で直接指導されるケースと、教育環境の中で間接的に学び取られてきたというケースがある(むしろ、後者の方が伝統的には多かったかもしれない)。特に、後者のような機会は文学がliterary patronageから離れて出版産業と近づいた18世紀以降に増えてきたように思われる。(pp. 499-500
  • クリエイティブ・ライティングの指導研究は不足している(p. 500
  • アメリカでは、クリエイティブ・ライティングは文学批評に裏付けされた机上の実践とされたのに対して、イギリスやオーストラリアでは新たな知の創造を可能にする実践重視のものとされている(p. 502)。イギリスやオーストラリアではクリエイティブ・ライティング研究は実際のクリエイティブ・ライティング実践を通して進められている(p. 508)。クリエイティブ・ライティングにおいては、作文におけるその場その場での課題解決知識(situational knowledge)が必要となり、このような知識を獲得していくことが重要な学びとなる(p. 509)。
  • "A creative writing class can be successful if a student releases not a single word into the public realm, but privately writes many words and, because of the class - perhaps during the class – discusses some things about creative writing that he or she did not previously know, and perhaps was even able to put these into practice, strengthen them, and come to understand them further." (p. 503)
  • ・クリエイティブ・ライティングを通してtransferrable skillsを獲得することが重要と考えられている(p. 504
  • ・クリエイティブ・ライティングについては各国で事情が異なり、国際誌上であっても各国特有の研究が発表されてきたが、近年では国家の枠組みを超えた研究もおこなわれ始めている(p. 506

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

N.D.Bell(2016).「Humour and Language Play」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

ユーモアと創造性の関係についての研究、ユーモアに関する心理学的な研究、ユーモアに関する言語学的研究(認知言語学と社会言語学・応用言語学)のレビューと、今後重視すべき研究の方向性が示されています。主にユーモアの産出面に着目がなされています(受容面の研究はまだ少ないようです)。また、紙面の都合上、子どものユーモア的言語使用の発達に関する研究のレビューは省略されています。

Bell, N. D. (2016). Humour and language play. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 129-142). London: Routledge.

概要

著者はユーモアについて "Humour that is highly appreciated by its audience will likely be that which combines appropriate amounts of conventionality and originality to create something novel, yet recognisable to hearers." (p. 130)と述べています。

また、以下の指摘も注目です。

  • "any method of evoking positive emotions seems likely to result in greater creativity, and humour can simply be one way of doing that." (p. 132)
  • "Olson (2000) demonstrated that merely seeing another person being teased can result in greater conformity in the behaviour of the observer. Thus it seems likely that only positive, affiliative humour and language play will encourage divergent thinking, while negative and exclusionary humour and play will create convergent thought (see also Lang & Lee, 2010)." (p. 132)
  • "those who enjoy nonsense humour will be more prone to creativity." (p. 133)
  • "creative thought alone is not necessarily an adequate way in which to assess creativity, asserting that action and outcomes must also be considered." (p. 133)

また、今後重視すべき研究の方向性として、以下の2点が挙げられています。

  • "the relationship between creativity and formulaicity in the construction of humour" (p. 138)
  • ユーモア的言語使用が言語変化に及ぼす影響

後者については、以下のように述べられています。

"for example, when the innovations that teenage language users develop are repeated, broader change can result, particularly as innovations spread quickly among and across groups." (p. 139)

その他、職場や教室(特にESL環境の教室)でのユーモア的言語使用の記述やその役割の考察なども重要な研究課題として紹介されていました。

 

 

| | コメント (0)

P.Stockwell(2016).「Cognitive Stylistics」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

認知文体論の現在の状況がまとめられています。

Stockwell, P. (2016). Cognitive stylistics. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 218-230). London: Routledge.

概要

この領域にはいくつか名称がありますが、著者は次のように説明します。

"By the turn of the century, there was a large body of work that could be gathered together as a broadly common cognitive scientific approach to literary description. Generally, this has been called 'cognitive poetics', widening Tsur's original coinage to include schematic and cognitive linguistic developments (Gavins & Steen, 2003; Stockwell, 2002). Where there has been a particularly text-based focus in the analysis, the approach has more often been called 'cognitive stylistics' (Semino and Culpeper, 2002). Where there has been less textual focus and more thematic concerns, a broad 'cognitive literary studies' can be discerned (Jaén & Simon, 2012; Zunshine, 2010, 2015). What all of these associated approaches have in common is a concern to account for literature as a natural human capacity, and for reading as an activity that can be understood and explained in a disciplined way." (pp. 219-220)

また、著者は認知文体論という試みを以下のようにまとめています。

"For a cognitive stylistics researchers, style is the creative choice of an author, drawing upon the capacities that language affords and constrains. Drawing on those same language capacities, and sharing what might broadly be called their human condition, readers also engage in creative reconstruction and imaginative construction when reading literature. Cognitive stylistics of cognitive poetics (I will use the terms interchangeably) is thus centrally and inherently a discipline that explores literary creativity in all its aspects." (p. 220)

さらに、その研究トピックとして、figure and groundprototypicalityresonance and ambiencemetaphor and framingsimulation and deictic projectiontext worldsmind-modellingについて説明されています。さらに、作者の意図や読者の心理など過去の研究(Wimsatt & Beardsley, 1954a, 1954b)で盛んに取り扱われたテーマに対しても、新しい光を当てるとされています。

著者は最後に、Shakespeare (1609) の "Sonnet XVIII" を認知文体論の枠組みで分析しています(本記事では省略します)。その中で、認知文体論の役割について最後に次のように述べています。

"Note, here, that it is not the primary business of cognitive poetics to generate new meanings – that can happen, but the generation of newly eccentric readings, however interesting, is the remit of literary criticism (or 'litcrit'); rather, cognitive poetics has amore descriptive and analytical purpose." (p. 226)

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

C.Harrison & L.Nuttall(2018).「Re-reading Stylistics」を読む(『Language and Literature』)

文体論の中で、再読(re-reading)についてはあまり研究がされていません。著者らは、認知文体論が読者の読解プロセスを解明していく上で再読というプロセスは極めて重要であり、今後ますます研究されていく必要があるとしています。著者らは、再読というものについて、主に3つの調査を行っています。

Harrison, C., & Nuttall, L. (2018). Re-reading in stylistics. Language and Literature, 27 (3), 176-195.

概要

1つ目の調査では、著者らは過去20年分の『Language and Literature』誌と『Journal of Literary Semantics』誌をコーパスとして、再読という用語(re-readrereadre-readingrereadingsecond readingといった語)を検索し、どのような文脈で使用されているかを調査しています。結果として、その数が大変少ないことが示されています。さらに、実際の読者の自然な状況での再読について言及している研究は極めて乏しいことが明らかにされています(ましては自然な状況での再読プロセスそのものを調査している研究はないようです)。

そこで2つ目の調査として、読書習慣のあるイギリス人大学生(協力者数は60名)の再読の習慣についてアンケート調査が行われています。それほど驚く結果ではありませんでしたが、決して再読しないと述べた人は6.7パーセント、いつも再読するという人は0%だったそうです。そして、何らかの形で再読をすると答えた人は93.4%でした。このことから、"Naturally, this suggests that re-reading is a more selective process than reading itself there must be specific motivations or reasons that govern the choice to re-read." (p. 183) と述べられています。そして、再読の理由としては、enjoyment/appreciationと答えた人が65.4%study/assignmentと答えた人が41.8%だったとのことです。ここでは詳細は省略しますが、再読するジャンルとしては、フィクションと学術的本/ノンフィクションが多かったようです。この調査全体の結果から、著者は次のようにまとめています。

"Certainly, the results of this study suggest that re-reading is an everyday practice, carried out to achieve a range of goals. As such, these results give support to our original intuitions and correspond with previous research into some of the re-reading motivations discussed in section 1.2, such as the acquisition of knowledge and for entertainment (as outlined in Brewer, 1980)." (p. 185)

3つ目の調査は、認知文体論の授業において、M. R. CareyThe Girl With All the Giftsという作品の冒頭部分をスキーマに着目させて読ませた際に、1回目の読みと2回目の読みで学習者の反応にどのような変化が見られるかが調べられています。1回目の読みでは、以下のような結果が得られたとしています。

"In summary, the results of the first reading indicated that this introduction to the text displays a clash of schema templates. It is this clash, in particular, that creates the 'unsettling' (C11), 'mysterious' (A9) and 'eerie' (A1) atmosphere on first reading of this text, and one which possibly foreshadows events to come." (p. 188)

2回目の読みの前に、著者らは作品の背景情報を与えます("the novel is a dystopian narrative that outlines a future world where zombies, 'hungries', have taken over the world")。この情報は、本来であれば冒頭の数ページ後に読者に明かされる情報であり、実際に読者は自然な状況であっても再読をすることになるだろうと予想されています。こうすることで極力自然な状況での再読についての調査が試みられています。著者らは以下のように結果をまとめています。

"In summary, the stylistic effect of the text's activation of schemas on a first reading is that it 'keeps you off the trail' (C14) of identifying the exact nature of the text and its characters. Consequently, the students discussed how feelings of sympathy and empathy for Melanie and the rest of the hungries are created in the text: the schemas initiated on a first reading play a key role in building up our mental perception of the children, and work to humanise them. Clearly, a second, more informed, reading of this text offers up a different experience to the first reading. While the responses to the first reading demonstrated how the clash of schema templates creates a feeling of unease among readers, the second reading shows how different domains of knowledge are activated through the same textual cues in light of the genre and plot information we revealed. Arguably what happens here, for readers encountering the extract a second time, is a process of schema adjustment that is driven by their altered sense of its context. The feelings of empathy created for the hungries on a first reading elicits a wider schematic shift about the nature of such 'zombie apocalypse' texts. Stereotypically, such characters are represented as hostile antagonists, but the representation of these characters as more human-like and deserving of sympathy inverts our expectations for this type of narrative. The second reading works to normalise the schema clashes and reinforce the connections between these textual cues, which ultimately 'refreshes' (Cook, 1994) readers' mental template for this genre." (pp. 189-190)

3つ目の調査から、著者は以下の2点を結論として提示しています(それぞれ、p. 191)。

  • Firstly, we argue that emphasis upon the differences of interpretation brought about by re-reading invites a greater appreciation of the text and its linguistic choices (Dixon et al., 1993).
  • Secondly, we argue that the systematic discussion of multiple readings as art of a stylistic analysis offers a means of testing existing models of discourse processing in (cognitive) stylistics.

 

 

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

M.Toolan(2016).「Poetry and Poetics」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

著者は、詩は他のジャンルと独立しているわけではないものの、そこには独特な特性があるとして、その特徴を整理しています。著者の本論文でのスタンスは以下のようにまとめられています。

"In this chapter, I have aimed to situate poetry as 'different in kind' from other uses of language, in so far as we can identify an array of typical (but not defining or necessary) genre characteristics of poetry; otherwise, poetry, and the creativity found in poetry, chiefly differ in degree from other kinds of speaking and writing." (p. 242)

このスタンスに立った上で、以下の内容が議論されています。

A)詩の言語の典型的な特徴

B)詩というジャンルの典型的な特徴

C)文体分析の実例

D)詩の創造性研究が今後発展する上で必要な方向性

Toolan, M. (2016). Poetry and poetics. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 231-247). London: Routledge.

概要

●詩の言語の典型的な特徴

著者は、詩というジャンルの定義は時代や場所によって変化する社会文化的なものであると認めつつも、プロとタイイプ的には以下のような典型的な特徴が見られるのではないかとして、その特徴リストを挙げています(p. 232)。

  • makes no direct reference to the world of phenomena, but provides a representation of it;
  • exploits ambiguity, polysemy, and elusiveness of intent or evaluative stance;
  • is enriched by an attention to rhythm and meter;
  • reflects care in its use of 'connective phonological tissue' among and across its lines;
  • is sensitive to effects that draw on traditions of spatial arrangement into lines and stanzas (in most other kinds of writing, the line is not a semantic and prosodic unit at all, but is purely pragmatic and meaning-insensitive);
  • is exceptionally careful in its deployment of semantic 'enrichments', such as imagery and figurative language, which may mean that metaphor is used sparingly – and there is far less 'routine' metaphor in a poem than, for example, in sports journalism;
  • carries deliberate patterning and parallelism on all levels pf linguistic organization – that is, sounds, vocabulary, grammar, or syntax;
  • reveals foregrounding – that is, deviant patterns on all of these linguistic levels;
  • exploits intertextuality – that is, indirect allusions to other texts;
  • is enhanced by its potential for oral performance – that is, reading a poem aloud makes it more vivid and memorable;
  • is creative in its use of language; and
  • gives aesthetic pleasure.

さらに上記の内容のうちのいくつかの特徴をまとめて、次のように整理されています(p. 232, emphasis in original)。

  • A poem must be spoken.
  • It should be both (comparatively) difficult and memorable.
  • Thus it must be challenging.
  • It may give pleasure, but it may also give pain; either way, the text may furnish the reader with catharsis, therapy, stimulation, food for thought, consolation, or advice.

上記の中で著者は特に1番目を "the aural essence of poetry" (p. 232) として重要視しています。

また、前景化と一般的なスキーマの関係については次のようにもコメントされています。

"Categorisation, prototypicality, and schemata all combine to establish normal readings of situations, or rapid understandings of normal actions and states. The relevance of this to poetics and stylistics is that categories and schemas enable us to project a situational 'grounding' for a poem, in relation to which a foregrounding of whatever seems to us exceptional in the text becomes the more noticeable." (p. 233)

 

●詩というジャンルの典型的な特徴

この記事の冒頭でも紹介したように、著者自身は詩というジャンルの定義は可変的であると考えていますし、他のジャンルとも連続体的に異なるのみであるということは認めています。その上で、詩というジャンルの他のジャンルとの大きな違いとして、以下のように述べています。

"But poetry must be recognised as a distinct genre (sitting within a family of genres: literature), with its own distinct characteristics and contractual arrangements with its users, just as genre theory extends to every other communicational practice. It is the total speech act of the poem in the total speech situation that, finally, we are assessing, and this assessment has to consider writers' and readers' purposes." (p. 234)

さらに、genreは言語のみで定義することはできず、そのコミュニケーションの目的などを考慮しなければならないとしています。

"Stylisticians have taught themselves to resist a naive assumption that genres, including the genre of poetry (or a superordinate genre of literature), can be defined by the language that they use. Genres are staged and socially ratified activity types, designed to meet interactants' purposes and expectations, and it is those that define a particular genre more than the distinctiveness of the language used." (pp. 234-235)

そして、詩というジャンルの特徴として以下のように述べています。

"I will argue that one of the distinctive characteristics of poetry – at least, of the kind that I wil treat one poem by Elizabeth Bishop as an exemplary instance – is that, proportionately, it aims to generate more new thoughts or imaginings (more surprises, or unforeseen ideas) in more recipients (in more times, and more places), while itself taking up less time and less space than all other verbal genres. To do this, a modern poem has to be exceptionally creative, exceptionally fit for an emerging purpose, and, along the way, typically and in comparison with other genres of writing or speaking, it puts a tremendous strain on the coherence requirements of a text. By a text's 'coherence requirements', I mean its conveying to the reader of a sense of thematic integration – of a centre that holds or an arc that is unbroken – while also treating of a single topic in depth and from many perspectives. Thus the poem aims to express, or more usually to evoke or implicate, within the small scope of 1 or 2 minutes' worth of spoken language, as much difference and also as much similarity as it cam muster, with regard to some topic, any topic! – that has caught and held the poet's attention. Repetition is one of its core resources in that effort." (p. 235, emphasis in original)

著者は特に、fitness for emerging purposeを重要視していて(もちろん、purposeの具体的な中身は人によって、状況によって様々なものがありえます)、上の引用にあるElizabeth Bishopの "At the Fishhouses" を例として、特にその反復に着目した分析を展開しています。

ちなみに、fitness for emerging purposeに関しては、以下のように追記がされています。

"If a poem is a tool, it is a tool with which we can think and feel, rather than bend the world to our needs, and the particulars of the thinking and feeling that it fosters dawn on us only gradually." (p. 236)

 

●文体分析の実例

具体的な分析については本論文を直接ご参照ください。ここでは、その概要のみ紹介します。

まず、反復についてはJakobson (1981[1960], p. 42)の"Similarity superimposed on contiguity imparts to poetry its thoroughgoing symbolic, multiplex, polysemantic essence…" という指摘を支持しています(p. 237)。著者によると、一般的にビジネス文書などに見られるrepetition-by-paraphraseは詩においては好まれず、full repetitionの方がよく用いられるとしています。その理由が語用論の観点(Griceの会話の公理)から以下のように説明されます。

"the manner and quantity breaches carried by adjacent full repeats are, of course, not hidden at all, but exceptionally overt, and invites the implicature that some further meaning or feeling should be derived, by way of justification. And, in suitably prepared context, it is remarkable how often such full repetitions are judged to be communicative of implicatures much less securely conveyed or invited were the text not to repeat in the way decided upon." (p. 239)

しかしながら、Bishopは、full repetitionだけでなく、repetition-by-paraphraseタイプの反復(para-repetition)も使いながら作品の創造性を高めているとして、詳細な分析が行われています。さらに、Bishopの作品では、一連の反復がさらにstylistic iconicityを生じさせていることも示されています。ちなみに、stylistic iconicityは次のように定義されています。

"By 'stylistic iconicity’', I refer to that impression of exceptional 'embodiment' of a sign's meaning in its materiality, such that the communication seems to be a more direct and natural enactment of the meaning than the arbitrary and symbolic signification that we ordinarily look for in language." (p. 241)

 

●詩の創造性研究が今後発展する上で必要な方向性

著者は、まず以下の3点を取り入れた研究が必要になると考えています(p. 242, emphasis in original)(特にモダニズムの作品の研究ではこれらが必要と考えられています)。

  • the poem's fitness for an unforeseen, but emerging, purpose (what the reader decides the poem is ultimately about);
  • the poem's deployment of implicature-generating repetition, especially lexical repetition and para-repetition; and
  • the poem's iconicity effects – those moments in the text when the meaning seems embodied in the language and not merely symbolically represented by it.

さらに、作品中の表現が通常のコロケーションからどのようにずれているのかといった分析も重要になると著者は指摘しています。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

高畠正明(1969).「文学における構造主義の諸問題」を読む(泉靖一(編),『構造主義の世界』,大光社)

構造主義と称されるアプローチには、「対象の背後に、かくれた構造あるいは体系を発見することであり、しかもその対象は自らは知らずして、その背後の構造に支配されるといった認識」(p. 292)が共通点として観察されますが(著者はその意味でマルクスも構造主義的であったと考えています)、一方で「構造主義という言葉の解釈自体が、人によって、またそれぞれの領域や立場によって実にまちまち」(p. 291)であるのも事実です。そこで本論文では、バルトやトドロフのように構造主義を方法論と考えた立場とフーコーのように思想と考えた立場がそれぞれ解説されています。この記事では、この論文を以下のようにまとめたいと思います。

A)構造主義を方法論とする立場

B)構造主義を思想とする立場

この論文全体の大きな主張としては、構造主義は決して(A)の立場だけではなく、(B)という重要な立場も忘れてはいけない、という点かと思います。

高畠正明(1969).「文学における構造主義の諸問題」.In泉靖一(編),『構造主義の世界』(pp. 285-357).大光社.

概要

●構造主義を方法論とする立場

構造主義を方法論とする立場は、以下のような考え方になります。

  • 「構造主義は、思想であるよりも、まず認識の科学である。構造主義的方法が適用される対象には常に「共時性」が要求されることから考えてもわかるように、対象は、いつも静止した、すでにそこに在る「事物」でなければならない。このことはいいかえれば、構造主義によってなにかが生みだされてゆくのではなく、すでに生みだされたものに構造の概念を適用し、フーコー流にいえば、そこにある種の「考古学」を確立することが構造主義なのである。」(p. 291

そして、文学批評に関して言うと、次のような立場とされています(ここでは、主にトドロフの『危険な関係』の構造分析が詳しく解説されています)。なお、「少なくとも二十世紀のはじめまで、批評はそれ自体が文学であった」(p. 295)とされています。そして、新しい批評は「本質的に構造論的性格がひそんでいる」(p. 297)と指摘されています。ただし、同時に新しい批評の中にも様々な立場があることも指摘されており、一枚岩ではないことに注意が必要です(p. 297)。

  • 「作家の伝記的考証に立脚した従来の批評、たとえばその時代環境や現実の事件との関連から作品の成立を説き明かしたり、あるいは作品に作家の実生活の陰影(かげ)を憶測することでわがこと成れりとする旧来の伝統的批評、そういった批評や、またそれにまつわる方法との絶縁であり、ある意味そこに批評の科学を確立する試みなのだ」(p. 294
  • 「作家の伝記的事実やその時代の歴史や時代環境を超え、作品を、そのなかに独自の秩序や連係機能や繁殖力をもつ独立した一つの事物(オブジェ)として考察する批評」(p. 296
  • 「テマティックたらざるをえない」(p. 296
  • 「旧来の批評と≪新しい批評≫を分かつものは、当の作品を、伝記的事実から再構成するか、あるいは作品自体の機能的立場から再構成するかの違いなのであろう。」(p. 297
  • 構造主義的批評は作品について特に何も新しいことは言わない。「それに、なかにはいわずもがなの事実をわざわざ図式化して法則に仕立てあげているところもあるのだが、しかしまた一方、「作品に含まれていないことは、何一つとしていわぬ」ということは、作品への忠実さの証(あかし)でもあろうし、文学批評に、ある種の科学的論理性を与えようとしている点は、ともかく率直に評価すべきであろう。」(pp. 314-315
  • (「ただ、このような作品分析は文学研究ではありえても、果たして批評でありえるのだろうか?なぜなら批評は、技術批評は別としても、本質的にはやはりいぜんとして文学の一つのジャンルであり、文学は科学ではないからである。そのことは、たとえば実存主義の文学批評といわれるサルトルの『ボオドレール論』や『ジュネ論』を、このトドロフの場合と比較してみれば容易にわかることだろう。」(p. 315)という指摘は肝に銘じておくべきだと思います。)

 

●構造主義を思想とする立場

この立場については、主にフーコーの『外部の思考』『言葉と物』を中心として次のような指摘がありました。言語は人間から切り離されているという構造主義の考え方を発端とした記述となっています。

  • 「ロブ=グリエの場合、その不在性とは、事物の世界に人間が関与しないというただそれだけの不在性であって、ある意味でそれは意図された不在性であり、人間と世界(もの)とは明白に切り離されてはいるが、人間はいぜんとして言葉とつながっている状態なのだ。ところが、マラルメやブランショ、そしてフーコーの場合の不在性は、言葉がつくりだす空白である。あるいは、言葉自体のなかにある空白だといってもいい。そして、言葉を使用する≪私≫と、使用される言葉とは断絶し、ともに宙に浮いて、ただ言葉だけがそこに、人間の外に在る。つまり、「中性的で、無名で、錨づなもない、孤島性や即自的現実性を宿した」言語ゆえの「不在性」なのだ。そして、そこでは、人間と、世界(もの)と、言葉は、もはやばらばらに断ち切られた状態でしか存在していない。フーコーが、ブランショやマラルメの、あるいはもっと広く今日の文学のかかる様相に着目したことによって、文学は構造主義に一つの足がかりを得、一方または構造主義は、学問は批評の方法である以上に、人間に対する一つの問いかけになり、それ自体が一つの時代思潮の集約的表現として、また思想としてはじめてその真価を問われることになったのである。というのは、問題はいまや構造ではなく、人間に対する直接の問いかけだったからだ。」(pp. 338-339
  • 「例えばいま文学を例にとるなら、十九世紀の少なくとも中葉までは、言葉は、人間と世界を結びつける役割をともかく果たしていた。(ともかく、といったのは、のちに説明するように、この時代には言葉は、もはや物との相似関係にも表象関係にもなく、単に事物に名を与えるに過ぎなくなっているわけだが、しかし一方人間は、本質的には名ざすだけの行為が、同時に事物を獲得する行為であり、名ざす言葉によって世界につながれていたからだ)。」(p. 340
  • 「十七世紀においては「記述(エクリチュール)は世界の散文であることを止めてしまったのだ。相似性と記号は、それらの昔ながらの協調をこわしてしまった」のである。ドン・キホーテの真理は、もはや言葉と世界の関係のなかにはない。それは言葉が言葉と織りなす関係のなかにあり、そこでは言葉は、記号としての本質の上に自らをとざしてしまっている。そして、同一性と相異性の残酷な論理が際限なく記号と類似性をもてあそぶがゆえに、また言語がそこでは物との同族性を断たれてしまっているがゆえに、フーコーは、「ドン・キホーテこそ最初の近代的な作品だ」と指摘するのである。」(pp. 344-345)(※よく知られているように、『ドン・キホーテ』では、主人公が風車を巨人とみなすなど、十六世紀までの相似関係的な世界に住んでおり、それが揶揄されています。)
  • 「このように、十七世紀にいたると、それまで言葉と物の関係を支えていた一元的な類推の世界にかわって、あらたに同一性と相異性という二元的な秩序がこの関係を支えることになる。十六世紀の末までは、記号は、「意味するもの」と「意味されるもの」、そしてそれに≪結合≫といいう、三つの要素に分かれていた。それゆえに「記号」の構成は複雑で、まず印(マルク)の表面的な領域と、その印によって指示されている中味と、印を指示されたものに結びつける類似性の三つの分野に及んでいたが、相似性はその中味同様、記号の形体(かたち)でもあったので、こうした三つの要素は唯一の形象(フィギュール)に吸収されえたのである。だから逆に形象は、あるときは印であったり、あるときはその中味であったり、またあるときは類似性でもあったのだが、十七世紀になると、それは「意味するもの」(signifiant)と「意味されるもの」(signifié)の二つに固定されてしまうのである。そして言語は、事物の物質的記述として存在するかわりに(十六世紀)、今度は、「表象的な記号の一般的体制のなかにしか、自らの空間を見いだしえなくなる」のであった。」(p. 345
  • 「要約すれば、いまや言葉は、物を指示する表象性と自己を指示する表象性とに二分され、かくして言葉と物との関係は、かつての相似性にかわり、同一性(identité)と相異性(différence)によってになわれることになるのだ。そして、十六世紀の物についての認識がその物の相似性を探すこと、つまり物に即して言葉の意味を解釈することであったのに対し、十七世紀では、認識とは、対象を分析し、あるいは比較計量し、また分類することによって、その対象に「名」を与え、それを世界を覆う表象関係のなかに秩序づけることであった。」(p. 347
  • 「ある言葉の芸術が―ごく一般的には、文学がといってもよいのだが―一種の≪反論述的性格≫を帯び、あるいは言語の表象的意味的機能を抜けだしてある生(なま)の状態にたちいたるとき、フーコーはそれを「文学」と名づけるのである。」(p. 348
  • 「マラルメにおいて文学は、というよりその言語は、言語自体の機能のなかに独立した自己の存在を主張していたのだ。このとき、言葉は、物を指示するというより、むしろ、言葉自体が人間の手を離れた一つの物として自己を体系化していたのであり、世界(物の世界)とは勿論、人間とのあいだにも一つの断層を生じてしまったのである。」(p. 349
  • 「文学の面では、十九世紀にいたって、思想の論述が捨てられていった事情はいまのべたばかりであるが、思考に歴史の概念が導入され、近代の経験主義が勃興すると、事物に名を与えることによって成り立っていた表象作用はもはや表面的な秩序でしかなくなる。つまりそこでは、秩序もはや表象関係のなかにはなく、物自体の内的法則に求められるようになったのだ。こうなると、言葉はもはや人間の思考を支えるどころかそれ自体が認識の対象に堕したり、あるいは単なる表現手段となってしまうのであり、やがてそこには、人間と言葉と世界のつながりが遂には失われる結果を招来するようになるのだ。」(pp. 349-350
  • 「われわれは常日頃、人間を観察し、人間を論じ、人生を探求している。だがその場合の人間とは果たして一体なんなのだろう?恐らくそれは、人間という観念であり、少なくとも十八世紀以前には存在しなかった「人間」、近代の知の造物主が勝手に造りだした産物でしかない「人間」なのだ。つまり、十九世紀に古典時代の表象関係による秩序が瓦解したあと、言葉と物との新しい関係により人文科学もろとも生み出されたのがこの「人間」なのだ。とすれば、もはやわれわれではないこの「人間」が、言語の様相と密接なかかわりをもっていることはいまや明らかである。(逆に、それだからこそフーコーは、物との関係で言葉を追求し、そこに「知の考古学」を打ちたて、最後に人間の出生を突きとめたのであって、この膨大な「知の考古学」が、実は人間の出生のありかを求める試みであったことがわかるのだ)。」(p. 354
  • フーコーにとっては、構造主義は、決して単なる学問の純粋な方法でもなければ、批評の方法でもなかったのだ。フーコー自身が語っていたあの≪「構造主義」とは、新しい方法ではない。それは現代の知の、かきたれられた不安な意識なのだ≫という見解が、そのことを如実に物語っている。そして、現代の知の、かきたれられた不安な意識が、明らかに人間の側にあることはいうまでもない。事実『言葉と物』は、それこそまさにこの「現代の知の、かきたれられた不安な意識」以外のなにものでもなく、それゆえにもまた、この書物は、人間の観点に立って書かれたものであるということができよう。」(pp. 356-357

 

ちなみに、フーコーの『言葉と物』については以下のようにコメントされています。そして、十六世紀以降の言語活動の変遷を相似性という観点から考察しています(この記事では省略しますが、ある程度の議論は上記の引用に反映されているかと思います)。

  • 「ミシェル・フーコーが『言葉と物』のなかで展開する作業は、十七世紀以降の近代思想成立の場であったエピステメ(理性的認識)を、言葉と物の関係から説明する事であり、またそれによってフーコーは、「人間とは、われわれの思考の考古学がたやすく証明してくれるごく最近の発明にかかわるものである」ことを明らかにしてみせるのだ。」(p. 341

 

最後に、バルト、トドロフ、フーコーそれぞれの構造主義との関係を以下のようにまとめています。

「たとえば、ロラン・バルトは文学批評において構造主義と遭遇した。トドロフは言語学や作品分析において構造主義と遭遇した。だが、フーコーは、文学それ自体において、いや文学が語りかける人間において構造主義と遭遇したといえるのだ。」(p. 357

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

D.Castiglione(2019).『Difficulty in Poetry: A Stylistic Model』を読む(Palgrave Macmillan)

「難しい詩とはどのような作品なのか」という問題に対して文体論の観点からメスを入れたとても野心的な一冊です。様々な作品が詳細に分析され、とても面白いです。

Castiglione, D. (2019). Difficulty in poetry: A stylistic model. Cham, Switzerland: Palgrave Macmillan.

感想

これまで印象的に語られてきた詩の難しさを「読者の反応(Readerly Indicators)」と規定し、それを引き起こす要因(Linguistic Indicators)をリストアップしています。そして、文学批評家に難しいと評されてきたモダニズム以降の作品を文体分析し、それらの作品の中でどのようなLinguistic Indicatorsがどのように機能しているのか分析されています(ところどころで選択体系機能文法が援用されています)。また、英語母語話者の実際の反応といった実証的なデータも活用されています。

Poetic difficultyに関する3つの流れ(typological approachesstylistic approachesreception-oriented approaches)も分かり易くレビューされています。なお、分析の結果、難しい詩には大きく2つのタイプがあることが示されています。

  1. テクストの字義理解が難しく、それを解消するためにテクスト全体の意味解釈(significance)へと読者を導くタイプ
  2. 読者を字義理解のレベルにとどまらせるタイプ(テクスト全体の意味解釈へと読者が向かうことを妨げるタイプ)

なお、2つ目のタイプはさらに以下の2つに下位分類されます(p. 359)。

  • nonsensicalitya mimesis of chaos that combines literalness (the undermining of thematic significance) and textual incoherence up to the extreme of syntactic breakdown
  • meaninglessnessa parodic allusion to (and concomitant undermining of) significance, which originates a 'reversed' obscurity: obscurity made to deny its delayed nature and thus degraded into a short-term text effect, a deceiving appeal to depths that are exposed as inconsistent immediately after.

なお、この分野にはdifficultyobscurityという類似した語がありますが、著者はdifficultyはあくまでもテクストの表層レベルに起因する現象としてとらえ、obscurityはテクスト全体の解釈の段階で生じる現象と捉えています。また、difficultyに関わる様々な副次的な問題(elitism、哲学との関係、再読など)についても示唆が与えられており、poetic difficultyについて多角的な視点を得ることができます。

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

G.Hall(2016).「Literary Stylistics and Creativity」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

著者は文体論を"the study of a distinctive style in a work or an author, or a genre or a period" (p. 206) と定義した上で、formalist stylisticsdiscourse stylisticsにおける研究の成果をcreativityの解明という観点から整理し直しています。

Hall, G. (2016). Literary stylistics and creativity. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 210-217). London: Routledge.

概要

著者は様々な研究に言及しながら、特定の言語表現が創造的になるのは、その形式そのものではなく、それらの文脈における使用(単なるテクスト内の文脈だけでなく、その背後にある社会文化的文脈も含めて)であるというスタンスを打ち出しています(p. 209)。"how the language is used and its contexts of use show creativity in writing, rather than the forms themselves being intrinsically 'creative' or not." (p. 213)

Formal stylisticsをレビューしたセクションでは、ロシア・フォルマリズムやプラーグ学派の伝統的な研究だけでなく、ティニヤーノフやトマシェフスキーによる文学史の研究も紹介し、上記のことを示しています。

Discourse stylisticsのセクションでは、バフチンの研究などを基盤としながら、"stylistic creativity as heteroglossia and transformation of supposed genre boundaries" (p. 212)という考えが説明されています。

最後に、文体論が言語の創造性を研究する上で新たに取り組んでいる研究対象として、以下の分野が紹介されていました。いずれも大変興味深いテーマです。

  1. 文学外の日常的な表現
  2. stylization as "a linguistic means to assert agency and identity for language users in given communities" (p. 213)
  3. インターネット文学(Internet film poemなど)
  4. creative writing
  5. "literary writing in the so-called new Englishes, world Englishes, or indeed beyond the ideology of a single self-contained language in our brave new multilinguistic and multicultural world" (p. 214)
  6. Multimodalityadaptationappropriationといったものを伴う作品

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

J.Swann(2016).「Creativity in Response」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

読者の反応に見られる創造性について、研究の状況が整理されています。著者によると、読者への関心は高まってきているものの、一般的な読者の実際の反応を対象にした研究はまだ少ないことが指摘されています(p. 265)。文体論、認知文体論、文学の経験的研究、フェミニスト文体論などはまだ一般的な読者への取り組みが不十分と述べられています。

Swann, J. (2016). Creativity in response. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 264-277). London: Routledge.

概要

著者は、一般的な読者の日常的な文学反応を調べようとした研究として2つの流れを整理しています。

1つ目(ただし、過去の読者の反応の研究に偏っていますが)は、Rose (2001)Reading Experience DatabaseRED)、3巻からなるHistory of ReadingRadway (1991)など、まさに実際の読者の反応を考察対象とした流れの研究です。この一連の研究は、"literary texts, and their discussion, led readers to explore and sometimes question aspects of their lives." (p. 269)という考えを持っているとのことです。なお、一般的な読者の反応について考察する際には、文化や社会的文脈を強調する傾向がありますが、個々の読者の主体性、創造性、反抗、自由も同時に忘れてはならないという点も指摘しています(pp. 269-270)。

2つ目の流れは、談話分析的な研究です。この流れの研究では、読んだ内容について他人と話すことは"talk about a prior act of reception"とするよりも、"different form of reception"とみなした方がよいとされます(p. 271)。また、他人とテクストの解釈について議論すること("collaborative, situated interpretive activity")はco-readingと呼ばれ、以下のような考えが下地になっているとのことです。

"All of these studies accord readers a degree of creativity, although this is joint creativity and contingent on particular interpretive contexts. Readers are seen as jointly constructing interpretations, rather than simply uncovering meanings inherent in a text, and also as drawing on texts to construct social/interpersonal relations. Sometimes, co-reading displays a heightened form of creativity as, in their interactions, readers transform texts – recontextualising and elaborating particular sequences. This may be seen as a micro-equivalent of the more fully developed of fan fiction, or the approach to rewriting developed by Rob Pope (1995)." (p. 272)

著者は、研究を進めていくために、今後はこれら2つの融合したアプローチも取る必要があると述べています。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

篠沢秀夫(1969).「ロラン・バルトと文学の科学」を読む(泉靖一(編),『構造主義の世界』,大光社)

構造主義時代のバルトの理論の特徴がコンパクトに(ただし、少し難解ではありますが)まとめられています。ここでは、個人的に大変興味をひかれた指摘のみ紹介しておきたいと思います。

篠沢秀夫(1969).「ロラン・バルトと文学の科学」.In泉靖一(編),『構造主義の世界』(pp. 233-284).大光社.

概要

・構造主義はあくまでも研究の方法であり、知的手段である(p. 237)。「継続性と同時性の区分を立て、同時性を方法的に優先させたのは、研究対象を効果的に限定するためであり、いわば継続性(歴史性)は“別命あるまで”捨象されたにすぎない。」(p. 238

・構造主義は人々がマルクス主義により歴史に疲れた中で新たな亡霊として現れたが(p. 236)、構造主義はあくまでも方法論なので、歴史に対してすらその方法を適用することができる。(p. 239

・構造主義自体は特に思想的に新しいものをもたらすものではない(例えば、「人間概念の喪失」はすでにヌウヴォ・ロマンで示されている)。ただし、そでに提示されていた思想を定式化したという点で大きな意義がある。(p. 240

・構造主義に基づけば、文学研究は作品内部の研究に関心が向くこととなる。実際、一般的な読者は作品の歴史的背景は知らないし、作品を作者と独立させて考えるので、作品の内部構造の研究は極めて自然である。結果として、作者が意識していなかったことなども見出されることになるであろう。「過去の文学についても、死者の過去帳のようにではなく、生きている人間の産物として扱うことができるのだ。これは多くの過去の作品のかびを落とすことになる。そして、その上で、過去の作品を正しく時間的(歴史的)に位置づけることが可能になるのだ。」こうして新たに「文学の科学」を新しく開くこととなり、バルトはまさにこのことを目指したと言える。(p. 240

・バルトは、「共時的な内部構造の解明は、その積み重ねによる通時的な展望を志向」していた。つまり、「方法としては構造主義とマルクス主義の総合」である。(p. 244

・ラングやスチル(文体)は作者により選択の余地のないものであるが、作者が選択できるものとしてバルトは記述(エクリチュール)という概念を提起した。「平明にいえば「記述」は“書かれたもののあり方”といえよう。そしてバルトによればこれは、作家によって受け入れるか拒否するかを選択しなければならない<形式>なのだ。」(pp. 248-249)記述には、ジャンルの形式(詩、小説、戯曲など)、価値的形式(マルクス主義的、革命を志向している、など)、各雑誌に見られる形式,、がある。「記述(エクリチュール)とは、個人的なものではないが、個人が引き受け、また拒否するもの、つまり選択するものである。そして、選択を行うこと、または、選択の必要も感じないことにおいて、歴史とつながりを持つのだ。」(p. 250

・フランス記述史(エクリチュール史)(p. 253)(←ただし、現在の研究で言うところの「フランス文体史」のことを指しています)

・物語の分析において、重要なのは人物ではなく、その人物の物語における機能である。(p. 263

・「文学の科学は、内容の科学ではない(それは最も厳密な歴史科学だけが取り組めるものだ。)内容の諸条件の、つまり、形式の科学である。」(p. 267

・神話は超言語であるとされ、二次的記号体系のシニフィエに相当すると当初はされていた。しかし、他の著作では、神話はコノテーションと同じく二次的記号体系のシニフィアンに相当するとされる場合もある。また、「超言語」を二次的な記号体系の総称として用いる場合もあるので、注意が必要である。(p. 275

・「ソシュールが言語の研究をも“記号学”に含めたのに対して、バルトが記号学の対象を「言語外」としているのが特徴的である。」(p. 277)その上で、「記号学こそ言語学の一部である」(p. 278)と述べており、ソシュールの定式を逆転している。(p. 278)

・『モードの体系』は「純ソシュール的な言語学の方法に従う応用記号学の試み」(p. 277)である。ただ、当時の言語学は、後期ソシュール派ともいうべき新しい言語学が始まっていたが、バルトはそれらの発展を知らなかったので、『モードの体系』でベースとなった構造言語学と当時盛んに行われていた構造言語学の間に齟齬が生じている。

・「バルトの研究には、第一に、書かれたものの形式(『記号のゼロ座標』)及びその平面に浮び出る主題(『彼自身によるミシュレ』『ラシーヌについて』)の解明と、第二に言語以外の意味表象について、その共示〔従属的意味〕の社会心理的研究(『神話作用』)及びその記号体系の構造研究の理論(『記号学の要素』)と摘要(『モードの体系』)、第三に、前二者の総合としての文学の科学の方向づけ(『批評と真実』)がある。」(p. 279

・『文学的分析の構造的方法』及び『物語の構造分析』では、『モードの体系』で適用されなかった後期構造言語学(ヤコブソン、イェルムスレウ、バンヴェニスト)の方法や、もはや構造言語学ではないがチョムスキーの考えも駆使して、「書かれた虚構一般としての「物語」の意味作用の構造を純粋に形式的な見地から記述」(p. 279)するための方法論的基礎が示された。バルトのモデルは、(1) 機能(または行為)の単位およびそれらの結びつきの様相(決定機能、つなぎ、情報機能、指示機能、という4種類の機能)、行為者(主体→客体、贈与者→受領者、補助者→反対者という36単位)、(3) 語り口(「物語の意味表象のコードであり、話者が、その記述についてもつ観点でもある」)、という3要素(3水準)から構成される。(pp. 279-281)(当然ながら)ロシア・フォルマリズムなどの研究よりも明確に構造主義の方法を適用している。

・「バルトにとっては「すべてのセンテンスは小さな物語であり、すべての物語は大きなセンテンスである」、つまり、物語はセンテンスの構造の拡大された投影であるという発想が、物語分析の各水準の単位の立て方の根本にあり、方法すべては言語学のそれに基づいているのだが、実は、バルトが直面しているのは、ある意味で、言語学を乗り越えるという課題なのだ。(改行)なぜなら、言語学の対象の最大の範囲はセンテンスであるのに、それは、物語の分析に当たる記号学の最小の範囲となるからである。しかも最も緻密な人文科学といわれる言語学がその精密さを実現したのは主に音韻論のレベルにおいてであり、これは最も扱いやすい対象なのである。したがって意味及び意味グループ、またそのグループの集合及びそのコードというレベルの研究は、言語学内でも開発がおくれているのだ。」(p. 281

・「方法的に個別性と歴史性を捨象する構造主義の方法をひっさげて彼が直面しているのは、個別性と歴史性であり、やがては歴史そのものと対決することになるといい切ることができる。だから、バルトにとっては、いつまでも「構造主義は直接的にはイデオロギーではない」のだ。」(p. 283

 

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

A.Macrae(2016).「Literary Narrative」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

Literary narrativeを定義し、このタイプのテクストに対してどのような研究がなされているのか、そして今後どのようなことが研究される必要があるのか紹介されています。本記事では、以下の4点にまとめてみたいと思います。

Aliterary narrativeを定義するための視点

Bliterary narrativeの定義

Cliterary narrativeの言語と創造性について研究されている事柄

Dliterary narrativeでまだあまり研究が着手されていない事柄

Macrae, A. (2016). Literary narrative. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 248-263). London: Routledge.

概要

●literary narrativeを定義するための視点

著者はnarrativeを定義するにあたって研究者が取ることができるスタンスには以下のように3つのものがあるとしています。そして、本章で紹介する内容は、様々なアプローチに基づいたものであるとのことです。

"Narrative can be defined from a text-based, classical perspective, by its common characteristics – that is, its most basic ingredient: two or more events connected by a cause-and-effect relationship, usually involving a change of state. Post-classical approaches to narrative pay more attention to sociological, cultural, historical, and psychological contexts of narrative's production and reception – that is, recognising narrative as a discourse construct with a social function. Developing alongside post-classical approaches, cognitive narratology define narrative from an experiential perspective, in terms of the cognitive ways in which (and anthropological reasons for which) readers perceive and make sense of something (for example, a text) as narrative (Herman et al., 2005). In the latter view, 'narrativisation' is something that takes place in the reading experience, whereby the reader uses frames, scripts, schemas, and other cognitive processes to build conceptual representations of story worlds and, within those conceptual representations, create relationships between story world objects, characters and events. To scholars who hold this view, a fifth essential element of narrative would be the reader's perception or active, dynamic construction of a narrative as narrative. The different contributions to understanding of linguistic creativity in literary narrative outlines in this chapter can be located at a wide variety of points across this spectrum of theoretical stances towards narrative." (pp. 248-249, emphasis in original)

 

●literary narrativeの定義

著者はliterary narrativeには以下のような特徴があると述べます。

"Literary narrative has (debatably) four essential elements: characters; plot; narration; and fictional worlds. the very nature of a literary narrative is creative, and these four constituents of its rich texture are made and moulded through creative uses of language. The construction of major and minor characters, character interaction, and other aspects of characterization; the invention, portrayal, and sequencing of events; the mode and style of narration, and the role and voice of the narrator; the depiction of vibrant fictional worlds, from the realistic to fantastic: each of these elements entails, invites, affords and encourages different kinds so linguistic creativity." (p. 248)

その上で、literary narrativeを以下のように定義しています。

"Literary narrative is more literary than more prosaic kinds of narrative on two counts: its tendency to self-consciously construct fictional worlds, rather than to present a history of the real; and its tendency to use language to create meaning in more artful and poetic ways. These artful and poetic uses of language – these creative linguistic strategies – cross-cut the linguistic levels: literary narrative exploits the full range of semiotic play, from manipulation of morphology and syntax to represent regional dialects (or, more radically, to present invented languages), to the inversion of pragmatic norms within character dialogue to convey character dynamics." (p. 250)

なお、literarinessに関しては以下のようなスタンスが取られています。

"This chapter adopts a perspective on literature and literary language that locates literariness on a cline. Different forms (poetry, drama, and prose) have different linguistic creative affordances (consider 'poetic syntax' in poetry, for example, whereby nouns can more regularly be post-modified with adjectives, for the purposes of metrical and sound patterning and/or semantic foregrounding, and double syntax across enjambment can be exploited" (p. 250, emphasis in original)

さらに、本章で取り上げるfictional voices (authorial stylemind stylecharacter voice)fictional worlds (outer worlds)the role of cultural context (cultural influences)はいずれも様々な言語レベルの創造性が関与しているという点も指摘されています。ちなみに、authorial stylemind styleは以下のように区別されています。

"an author's style is identifiable through its occurrence across the author's entire oeuvre, 'mind style' is the manner of expression specific to a work and reflecting the world view of a character or narrating persona." (p. 253)

 

●literary narrativeの言語と創造性について研究されている事柄

著者は、以下の3つが主な研究領域として紹介されています(p. 250)。

  1. Etymologically and anthropologically oriented wok on lexical coinings and neologisms
  2. Biographical and sociohistorical attention to language as a marker of the world view of the author and his or her society
  3. Study of language for the purposes of attribution of authorship

次に現在特に研究が盛んなトピックとして、すでに挙げたfictional voices (authorial stylemind stylecharacter voice)fictional worlds (outer worlds)the role of cultural context (cultural influences)に関する研究が、Ernest HemingwayGeorge EliotVirginia Woolfの作品に言及されながら紹介されています。

ちなみに、the role of cultural contextに関しては、特に西洋のliterary narrativeには以下のような特徴があるとしています。

"Modern, post-Renaissance, Western narrative is predominantly focused on the self, the individual overcoming adversity (the hero's journey, the bildiungsroman), with a sole narrator and protagonist, and on knowledge and truths." (p. 256, emphasis in original)

そして、非西洋地域のliterary narrativeや現在のインターネット文化におけるliterary narrativeはこれとは全く異なる特徴を持つことを肝に銘じて研究していくことが必要であるとしています。

また、近年literary narrativeの研究に大いに利用されている概念や方法が紹介されています。具体的には、defamilializationforegroundinghistorical stylisticsrelevance theorycognitive poeticsconceptual metaphor theoryblending theorymind-modellingidentification)に言及があります。著者は、主に文体論がliterary narrativeの創造性の研究に大きく貢献しているとしながらも、その他のアプローチ(物語論や文学批評)も異なる視点を与えてくれるかもしれないとして、今後の研究に期待がされています。

 

●literary narrativeでまだあまり研究が着手されていない事柄

著者は、以下の事柄を挙げています。いずれも重要な研究課題とされています。

  1. "the role of 'matters of feeling, taste, preference' and evaluative aesthetic judgement in readerly responses to literary narrative (Stockwell, 2009: 10)" (p. 260)の研究(ただし、cognitive poeticsが近年盛んに研究しつつあるとのこと)
  2. "on the construction of genre and on the use of linguistic creativity to conform, as well as to deviate" (p. 260)の研究(伝統的な作品と実験的な作品の両方を研究する必要があるとのこと)
  3. 近年登場している非常に短い形の作品(flash fictionTwitter fictionなど)も含めた、"digital and multimodal literary narrative"の研究
  4. 非西洋のliterary narrativeの創造性の研究

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »