« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »

2019年12月20日 (金)

A.Kuzmičová,A.Mangen,H.Støle & A.C.Begnum(2017).「Literature and Readers’ Empathy: A Qualitative Text Manipulation Study」を読む(『Language and Literature」』)

プロの作家に、Katherine Mansfieldの "The Fly" を非文学テクストに書き換えてもらい、原作と非文学テクストで、読者の感じるempathyの生起がどのように変化するかが調査されています。なお、書き換えについてはbackgroundingspecificationlevelingparcelingという4つの操作が施されており、それぞれ説明がなされています(p. 142)。

Kuzmičová, A., Mangen, A., Støle, H., & Begnum, A. C. (2017). Literature and readers' empathy: A qualitative text manipulation study. Language and Literature, 26 (2), 137-152.

概要

調査参加者はどちらかのバージョンのテクストを読み、 strikingまたはevocativeと感じた箇所に印を付けるように指示されます。そして、その中から3つを選び、なぜstrikingまたはevocativeと感じたのかを自由記述で述べるように指示されています。

予想としては(近年行われた先行研究にも従って)、literarinessのある原作の方が調査参加者のempathyを誘発させると考えられており、そのようなデータが調査参加者の自由記述にも顕著に表れると考えられていました。しかしながら、コーディングなどをしながら分析した結果、予想に反して非文学テクストの方が調査参加者のempathyを誘発していたという結果となりました。

著者らはこの結果の解釈として、aesthetic distance frameworkという立場に言及し、その立場から考察を行っています。この考え方によると、原作と非文学テクストは読者に異なるempathyを生起させることになるとしています。非文学テクストの方は比較的率直な形でempathyが生じるのに対して、原作の方では 物語構造、文体、表象などやや美的構造に関して情意("self-oriented affective response supervening empathy with the story protagonist" (p. 148) )が生じたのではないかと解釈されています。かつて、Kneepkens & Zwaan (1995) A-emotionF-emotionという概念を提唱したことがありましたが、結果としてこれが裏付けられたような形になったと言えます。

Kneepkens, E. and Zwaan, R. (1995). Emotions and literary text comprehension. Poetics, 23 (1-2): pp.125-138.

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

宮下眞二(1980)『英語はどう研究されてきたか 現代言語学の批判から英語学史の再検討へ』を読む(季節社)

時枝誠記先生や三浦つとむ先生の言語過程説に基づいて、生成文法、サピアの言語理論、英語学史の各時代の理論が考察されています。純粋な英語学ではあまり見ない切り口であり、新鮮でした。

また、英語学史のセクションは、情報量が豊富で読みごたえがあります。ポール・ロワイヤル文法やロックの言語論について詳しく説明されていましたし、近世の英文法における品詞分類の歴史についても大変勉強になります。

宮下眞二(1980)『英語はどう研究されてきたか 現代言語学の批判から英語学史の再検討へ』.季節社.

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

F.Hakemulder & W.van Peer(2016).「Empirical Stylistics」を読む(V.Sotirova(編),『The Bloomsbury Companion to Stylistics』,Bloomsbury)

著者らは、文体論にとって実証的なアプローチが不可欠であると指摘しています(文体論においてこのようなアプローチがなぜ必要なのか、その理由が順序立てて説明されています)。そして、文体の読者への効果について実際に調査を行った研究(特にnarrative perspectiveとdeviationの読者への効果を調査した研究を中心に)が整理されています。「文体論」と銘打ってはありますが、実際には文学の経験的研究の成果をまとめた論文と言えます。

Hakemulder, F., & van Peer, W. (2016). Empirical stylistics. In V. Sotirova (Ed.), The Bloomsbury companion to stylistics (pp. 189-207). London: Bloomsbury.

概要

これまでempirical stylisticsが扱ってきたテーマとして、著者らはiconicitymetaphormetonymysimileallegoryironysarcasmemotionに言及し、最新の研究成果を紹介されています。また、これらに加えて、特に多く研究されてきたテーマとして、narrative perspective(物語の視点)とdeviation(逸脱)の研究成果がより詳細に整理されています。

 

narrative perspectiveについては、これまでのところ必ずしも理論の予想通りの結果は得られていないものの、次のように述べた上で、その証拠となるような調査結果が豊富に示しています。

"it does seem that perspective affects the way readers process the text, that it determines the nature of their responses, that it biases their judgement of characters and that it might also affect their self-concept." (p. 195) 

 

deviationについては、以下のまとめは非常に網羅的です。 

"For instance, the surprise effect of deviation was found in studies by Hoorn (1997), van Peer (1986) and van Peer, Hakemulder and Zyngier (2007). Deviation was shown to draw readers' attention (van Peer 1986) and cause retardation in the reading process (Miall and Kuilken 1994a, b; Sopcak 2007). That deviation causes an affective impact was, as pointed out before, revealed by Miall and Kuiken (1994a, b), while an increase in appreciation from first to second reading was registered by Dixon et al. (1993), van Peer, Hakemulder and Zyngier (2007) and Hakemulder (2004). That deviation creates a new perspective on familiar things (refamiliarization) was described by Hakumulder (2004) for changes in the conceptions of what love is, by Sopcak (2011) for an understanding of our finitude and by Fialho (2012) as a cycle of deepened understanding in the aesthetic perspective of readers. As we proposed earlier, it does seem that deviation is related to readers' (self-) reflection and may lead to changes in beliefs, concepts and insights." (pp. 199-200)

また、deviationliterariness(文学性)という問題と関係づけながら次のようにも述べています。

"It seems that 'literariness' is indeed not only a text quality but also a phenomenon that comes about in interaction with certain readers. It is characterized by reflection and slower reading, and it seems that it is caused by deviation." (p. 200)

deviationについては、著者は特にre-readingの効果、post-reading stageにおける文学的効果、自由間接話法への気づきの研究(読者は自由間接話法に気づけるかどうか、気づけるとしたらどのような読者が気づくことができるのか)について詳しく研究成果を紹介しています。

 

著者は先行研究のレビューをもとに、まとめとして以下のように述べています。

"We have seen that some devices will cause more thorough processing. One possible cause is that they make the processing more complex; for instance, because of the deviations in the text. However, we have also seen that the engagement with the text may become more thorough because the text offers insights into the characters' inner lives. Moreover, one group of devices may lead to more engagement with fictional worlds (F-responses, e.g. identification and judgement of the character), while others may stimulate attention for aesthetic qualities (A-responses). FID might cause a mixture of the two.(改行)Literary texts seem to consist of a number of devices that, on the one hand, pull readers inside (fictional) narrative worlds, and on the other hand kick them out." (p. 202)

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

A.M.Jacobs(2018).「The Gutenberg English Poetry Corpus: Exemplary Quantitative Narrative Analyses」を読む(『Frontiers in Digital Humanities』)

The Gutenberg English Literary Corpusから詩のみを取り出し、それをShakespeare Onlineと結合させて、英語詩を研究するためのテスト・コーパス(The Gutenberg English Poetry CorpusGEPC)の作成が行われています。結果として、47名の作家による116の詩集から構成されるコーパスが構築されました。そして、このコーパスを使って、どのような量的な研究(Quantitative Narrative AnalysesQNA)ができるのか、いくつか事例的な分析がなされています。

Jacobs, A. M. (2018). The Gutenberg English Poetry Corpus: Exemplary quantitative narrative analyses. Frontiers in Digital Humanities, 5, 1-14.

概要

本研究で行われた事例的な調査結果の詳細は省略しますが、著者は全体を以下のようにまとめています。

"I showed how to use similarity and topic analyses for comparing and grouping texts, several methods for identifying distinctive words, and procedures for quantifying important features that can influence reader responses to literary texts. The GEPC thus can be applied to a variety of research questions such as authorship and period of origin classifications (cf. Stamatatos, 2009), the prediction of beauty ratings for metaphors (e.g., Jacobs and Kinder, 2017, 2018), or the design of neuroimaging studies using literary stimuli (e.g., Bohrn et al. 2013; O'Sullivan et al., 2015)2 (p. 8)

また、このような量的な研究を行う際に銘記しておくこととして以下の点も指摘しています。非常に重要な点だと思います。

"It is thus important to note that QNA-based analyses like those ... are not meant to replace deep qualitative analyses of texts like Vendler's (Vendler, 1997) interpretation of Shakespeare's sonnets. However, for designing Neurocognitive Poetics studies, which involve selecting and matching complex verbal materials on a variety of feature dimensions, they are a necessity (cf. Jacobs and Willems, 2018)" (pp. 7-8)

加えて、これまでのQNAで明らかになっている事柄として以下の点も紹介されています。非常に興味深い結果です。

"sonnets/lines/words with higher surprisal - and thus foregrounding potential - should more likely produce higher liking ratings, smaller eye movements, and longer fixation durations than sonnets low on surprisal" (p. 2)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

T.B.Tin(2016).「Creativity in Second-Language Learning」を読む(R.H.Jones(編),『The Routledge Handbook of Language and Creativity』,Routledge)

2言語習得研究の中で創造性について扱った研究が体系的に整理され、さらに、学習者の創造性を高めるにはどのような課題が有効なのか調査されています。

Tin, T. B. (2016). Creativity in second-language learning. In R. H. Jones (Ed.), The Routledge handbook of language and creativity (pp. 433-451). New York: Routledge.

概要

本論文では、主に以下の2点が議論されています。

A.創造性と第2言語習得研究の関係性を扱った先行研究の整理

B.自身の調査結果(process-oriented approach)の報告

●創造性と第2言語習得研究の関係性を扱った先行研究の整理

著者はこれまでの研究について、以下のように述べています。

  1. personalproductprocessenvironmental4つのアプローチがある
  2. cognitivebiologicalsocial(applied) linguistic4つの立場からの研究がある

また、著者は主にthe cognitive approachbiologicalthe complex/dynamic system theoryapproachを中心に先行研究をレビューしています。そして、process-oriented approachの研究が不足していることを指摘し、著者自身の調査結果報告へと移っていきます。

自身の調査結果(process-oriented approach)の報告

著者は、2名の台湾人英語学習者(大学修了間際の学生であるので、英語力はかなり高いのではないかと推察されます)に、字謎を作る課題(頭文字がそれぞれTIME、で始まる4行詩を作る課題)と隠喩を理解させる課題("Hope is like parking spaces" という比喩において「希望」はどのような点において「駐車スペース」と類似しているかを考えさせる課題)を与え、その中で新たな意味の結びつきなどの発見がどのように引き起こされるか、どのような課題が学習者の創造性を促すのかが調査されています。これら2つの課題のうち、字謎を作る課題の方が多くの制限がかけられている形になっているのがわかるかと思います。著者は、課題に取り組んでいる最中の学習者の発話を元に、以下のような結論を得ています。

"Tasks with higher formal and semantic constraints are more likely to engage students in creative processes, helping them to form their self-propelled zone of proximal development, and to actualize the 'possibilities' inherent and latent in themselves and the environment." (p. 445)

"It is important to create opportunities for students to engage in the idea generation and exploration phases. In the idea generation phase, students should be involved in generating multiple pre-inventive forms without knowing in advance what functions they will serve. In the idea exploration phase, conditions also need to be set up to give students the opportunity to explore pre-inventive forms within constraints, making meaning in retrospect. Initiating and taking advantage of random events, working within the task constraints (both self-discovered rules and other-imposed rules), is important in the exploration and transformation of learner language and knowledge. The final meaning to be constructed should not be predictable a priori. In order to facilitate this, tasks need to be ill-defined rather than well-defined (Tin, 2012). In a well-defined task, students are given clear instructions concerning the final outcome to be achieved. This often results in the use of familiar language and known utterances to talk about known, knowable, or predictable outcomes and meaning. In ill-defined tasks, the final outcome to be produced is not knowable in advance, and there are opportunities for the amplification of random events, for bifurcation, and for discovery of new constraints and rules as the task proceeds." (p. 445)

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »