« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月25日 (水)

I.Cushing(2018).「Stylistics Goes to School」を読む(『Language and Literature』)

この文献情報は以下の通りです。

Cushing, I. (2018). Stylistics goes to school. Language and Literature, 27 (4), 271-285.

概要

イギリスのL1教育において、言語学的側面を扱うことが必要となった一方で、多くのL1教師の学術的背景が英文学であり、英語学に関する知識に乏しい状況において、文体論(特にText World Theoryを中心とした認知文体論)と選択体系機能文法が有益に機能しうるということが、著者による教師プログラムの実践から示されています(主に参加者の自由記述の内容を元に議論が展開されています)。また、文体論とは知識そのもの(object)ではなく、テクストへの取り組み方(process)であるということも強く主張されていました。著者は、文体論の有益性について以下のように述べていました。

 “Stylistics offers a range of benefits to school teachers who wish to integrate language and literature study, and engage in a text-driven, reader-response informed grammar pedagogy.” (p. 282)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

A.M.Jacobs(2018).「(Neuro-)Cognitive Poetics and Computational Stylistics」を読む(『Scientific Study of Literature』}

文学読解についてさらに研究を進めていく上で、Neuro-cognitive poeticsが利用できるcomputational stylisticsの成果やツールが紹介されています。多くはドイツ語のツールですが、中には英語によるものも紹介され、研究を行っていく上で非常に有益な情報がちりばめられています。この記事では、特に私が個人的に関心をもったツールと研究成果を中心に記載します。ご関心がおありのかたは、ぜひ論文を直接ご参照ください。

Jacobs, A. M. (2018). (Neuro-)cognitive poetics and computational stylistics. Scientific Study of Literature, 8 (1), 165-208.

概要

著者は心理言語学上の文体的効果はボトムアップ処理とトップダウン処理の産物であるとして次のように述べています。

“The manipulation of stylistic devices in a text (e.g., foregrounded features like salient phonemes, functional shifts, or metaphors) is optimally met by so-called style motifs, that is, readers’ internal representations of style features, abstracted from previous culturally coined literary encounters with author-text environments (cf. Hogan, 2003), for example, pentameter, alliteration, or chiasmus (compare Kintsch’s [1980] notion of apperceptive mass). This dynamic author-(con-)text-reader nexus can create measurable effects at all levels of empirical inquiry, that is, neuronal, behavioral, and experiential, both cognitive (e.g., additional meaning) and affective (e.g., delight; cf. Burke, 2013).” (pp. 165-166, emphasis in original)

 

また、研究に便利なツールとして以下のものが紹介されています。

The good attractors list (Stockwell, 2009)

The Abstractness Scale (Jacobs, 2015)

The Foregrounding Assessment Matrix (Abramo et al., 2018)

GPEC (Gutenberg English Poetry Corpus) (Jacobs, 2018)

GLEC (Gutenberg Literary English Corpus) (Jacobs, 2018)

 

また、Jacobsが提唱するNCPM (Neurocognitive Poetics Model of literary reading)は、次のような考えに基づいていると説明がされています。

“features (supralexical, interlexical, lexical, ad sublexical) at four relevant levels of textual analysis (metric, phonological, morpho-syntactic, and semantic) affect emphatic/immersive and aesthetic liking processes of poetry reception at all levels of measurement (e.g., ratings, peripheral-physiological responses, brain activity), and there is empirical evidence for this assumption” (p. 172)

 

次に(neuro-)cognitive poeticscomputational stylisticsの共同的研究として現在進行中のものを以下の6つのトピックに分けて紹介をしています。

  1. Lexical distinctiveness
  2. Lexical diversity and concreteness
  3. Sentiment analysis and lexical aesthetic potential
  4. Affective sublexical indices: Tender vs. aggressive consonants and sonority score
  5. Interlexical indices: Bigram novelty, tenor vehicle similarity, and arousal span
  6. Supralexical indices (lines, sentences, stanzas, poem)

それぞれ有益なツールを紹介しつつ、最新の調査結果も示されています。例えば、2点目については、プロの詩人は多くの異なる語を用い、かつ具象名詞が多いことなどが紹介されています。また4点目に関しては、“rhyme and meter enhanced funniness ratings and supported faster processing, and rhyming couplets also elicited more intense and more positive affective responses, increased subjective comprehensibility, and more accurate memory (Menninghaus et al., 2014)”、音素のsonorityは語の美しさとメタファーの適切性と相関する傾向があることなどが紹介されています。さらに、6点目に関しては行と行の類似性を見るためのツールとしてSpacyWord2vec/w2v、文の前景化の指標を量的に示すことができるpattern.en softwareNLP phthon programs、トピックを分析するためのNon-Negative matrix Factorization/NMFなどが紹介されています。同時に、行と行の類似性を分析した研究によると、最も目立つ行が最も美しい行として受容される傾向があるとの結果が出ているそうです。

 

ただし、以上のことを述べた上で、最後に以下のように述べられています。文学読解に関する量的な研究をする上では肝に銘じておかなければならないことだと思います。

“The final decision about the stylistic/aesthetic qualities and effects of a given poem then should be based on the computational and expert (qualitative) stylistic analysis and the empirical data.” (p. 198, emphasis in original)

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

J.Peskin(2000).「Rhetorical and Aesthetic Form: Poetry as Textual Art」を読む(J.W. Astington(編),『Minds in the Making: Essays in Honor of David R. Olson』,Blackwell)

文学経験の高い読者と低い読者でL1での文学読解がどのように異なるのかを、rhetorical formへの着目、aesthetic formへの着目、意味理解ができない場合の対処法、の3点から、質的に調査した研究です。発話思考法が用いられています。

Peskin, J. (2000). Rhetorical and aesthetic form: Poetry as textual art. In J. W. Astington (Ed.), Minds in the making: Essays in honor of David R. Olson (pp. 80-97). Oxford: Blackwell.

概要

この論文では、以下の内容が取り上げられています。

(A) rhetorical formへの着目に関する調査結果

(B) aesthetic formへの着目に関する調査結果

(C) 意味理解が出来ない場合の対処法に関する調査結果

(D) 教育的示唆

 

●rhetorical formへの着目に関する調査結果

著者はまずrhetorical form(文学教材の独特な言語表現)に関して、次のように述べています。

“The rhetorical stance to a text therefore facilitates critical interpretation. For the expert reader, the author is opaque; for the novice, the writer is transparent and the reader looks through the rhetorical form to the referential content. Advanced readers evaluate and judge knowledge while novices merely absorb it.” (p. 82)

優秀な学生であっても、例えば歴史の文章を読むとそこに書いてあることを事実そのものとして何の疑いもなく理解してしまう傾向があるとのことですが、今回の調査では、詩を読む際に、文学経験が低い読者(ただし、この調査の場合は、英文学を学んで2年以内の学部生と詩読を集中的に学んでいる高校生を指します)でもrhetorical formに関して意識の芽生えが見られ、Cullerが文学能力モデルで述べたrule of significancethematic unitymataphorical significanceに沿った読み(“the significant attitude of the poet and how the parts of the poem relate to this unifying theme, and that what the poet is saying may not be what he is meaning” (p. 89))を達成しようとしている様子が見られたとしています(解釈を目指そうとしている様子が見られたとのことです)。

 

●aesthetic formへの着目に関する調査結果 

文学経験が豊富な読者(博士課程で英文学を学んでいる学生)は、さらにaesthetic formにも着目して詩の理解を行っていました。本調査で言及されていたaesthetic formとしては、詩の構造(最後の方に重要なメッセージが隠れていると感じている読者もいました)、二項対立、洒落などの言葉遊び、リズムや脚韻といった特性が挙げられ、そこから作品の内容理解を深めようとしている(“the experts’ critical reading of how the text “says so” provides cues to facilitate a semantic understanding of what the text is saying” (pp 88, emphasis in original))という結果が示されました(文学経験が乏しい読者はaesthetic formへの着目はできなかったとのことです)。

 

●意味理解が出来ない場合の対処法に関する調査結果

また意味理解につまずいてしまった時には、文学経験の少ない読者とそうでない読者で大きな違いが見られたとしてます。文学経験が少ない読者については次のように結果報告されています。 

“So when meaning broke down, novices expressed their lack of understanding and either reread the confusing segment or did the opposite, that is, set the lines aside and read on in the hope that the confusion would be resolved in later lines. These techniques or strategies are similar to those observed in studies of general reading comprehension.” (p. 89)

それに対して文学経験が多い読者は次のようであったとのことです。

“when the experts cannot make clear sense of a passage, they move from trying to construct a representation of what the poem is saying to how the poet is saying it.” (p. 91)

著者は “the experts’ expertise lay not only in what they know, but also in what they know to do when they do not know.” (p. 91) と述べ、さらに意味理解に支障をきたしてそのaesthetic formなどを深く分析しようとしている際には楽しみを感じているようであるとしています。

 

●教育的示唆

最後にL1が対象ではありますが、教育的示唆が3点述べられています(p. 94)。

  1. While in the early high school years poetry appreciation may be fostered best by choosing straightforward poems rich in rhythm, rhyme, relevance, and humor, in the later high school years, when more abstruse poems begin to be introduced, bottom-up information seems to be inadequate in the search for meaning, A lack of knowledge of the structure, the methods, and the culturally attuned standards of the discipline may contribute to an antipathy toward poetry. (p. 94)
  2. literary education can be based on empirical research
  3. There has been little emphasis on directing students’ attention to the forms by means of which meaning is expressed. Yet the appreciation made possible by seeing how form gives rise to meaning, is the best beginning of aesthetics.

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

D.I.Hanauer(2018).「Intermediate States of Literariness:Poetic Lining, Sociological Positioning, and the Activation of Literariness」を読む(『Scientific Study of Literature』)

文学性とは何かという問題について、実証的な調査が行われています。得られた結果はJacobsによるNCPMThe Neuro-Cognitive Poetics Model)の枠組みの中で解釈され、これまでのMiall and Kuiken (1999) による文学性モデルを補強しています。文学性とは何かということを考える上で、これまでの研究の総仕上げとも言える論文です。

Hanauer, D. I. (2018). Intermediate states of literariness: Poetic lining, sociological positioning, and the activation of iterariness. Scientific Study of Literature, 8 (1), 114-134.

概要

この記事では、本論文の以下の点について述べたいと思います。ご関心がおありの方は本論文を直接ご参照ください。

A) 前景化が読者にもたらす効果についての整理

B) 調査のデザイン

C) 調査結果

DNCPMに基づいた解釈

E) これまでの文学性モデルの拡張

 

●前景化が読者にもたらす効果についての整理pp. 116-117

著者は、これまで文学の経験的研究で明らかにされてきた読者への前景化された表現の効果を整理しています。これまで、以下のような効果が実証されてきました。(関連性理論に基づいた研究では、弱い推意が多く生産されることなどが明らかにされていますが、それについてはここでは述べられていませんでした。研究の系統が違うためでしょう。)

slowing down the reading process

involving increased cognitive processing

making specific passages of text more noticeable and striking

increasing the affective response

enhancing aesthetic appreciation

personal concept reformation and modification

demonstrating increases in the affective variables of empathy and sympathy and enhancing to cognitive perspective-taking in relation to portrayed characters

increasing social understanding and enhanced social criticality

“Evidence(中略)suggests difference in the processing of factual and fictional information, with factual stories activating autobiographical information, building stronger situation models through a clear focus on understanding what happened in the story, while fictional story processing involves constructive content simulation, a flexible situation model with inferred ToM components.” (pp. 116-1117)

この記事では省略しますが、JacobsによるNCPMThe Neuro-Cognitive Poetics Model)の分かり易い要約も示されています。

 

●調査のデザイン

著者は、文学テクストと非文学テクストの中間にあるようなテクスト2つ(authentic short narratives of US soldier experiences in the Second Iraq War))を材料として、テクスト内要因とテクスト外要因でそれぞれ2つずつ条件を作り、計4つの処遇を準備しました。テクスト内要因としては、詩行形式(短い行でぶつ切りにする形式)または散文形式(poetry vs. prose)、テクスト外要因としては読解課題の指示文への「これは事実です」または「これはフィクションです」という情報の付与(fact vs. fiction)が準備され、合計で2×2の調査デザインとなります。調査参加者は、そのうち1つの処遇のテクストを2つ読み、その後にテクストの言語的特徴に関する質問紙と文学性に関する質問紙(empathysympathycognitive perspective-takingに関するものをそれぞれ)に回答しました(それぞれ7件法)。

 

●調査結果

主な結果は以下の通りです(p. 129

1. poetic form and the paratextual definition of a text as factually accurate elicit responses of empathy and sympathy(つまり、poetry/factの処遇での読解が最も高かった)

2. there are two different mechanisms which potentially direct these outcomes. One of these mechanisms models classic descriptions of literariness in which poetic graphic form enhances the perception of literary quality, which in turn increases levels of empathy, sympathy, and cognitive perspective-taking. The other model, which had less support empirically, indicated that the perception of factual accuracy increases empathy, sympathy, and cognitive perspective-taking.

3. the intermediate state of poetry/fact was conducive to the elicitation of empathy and sympathy while the intermediate state of para-textual presentation of a prose paragraph as fiction did not elicit the responses characteristic of literariness.

 

NCPMに基づいた解釈pp. 129-130

1. The result that the paratextual specification of a text as fact increases participant ratings of empathy, sympathy, and cognitive perspective-taking could be interpreted within the NCPM as fast route situation model building. In a similar way, the result that poetic form increases empathy and sympathy could be interpreted within the NCPM as evidence of slow route processing involving enhanced appreciation of the engagement with the situations the soldiers faced in the war-experience narratives.

2. The results suggest that theory of mind responses of empathy, sympathy, and cognitive perspective-taking have a role in both the slow and fast routes of processing.

3. The results further suggest the two different pathway models of literariness response activation presented above: one activated through literary foregrounding and one activated by the specification of a text as factual.

4. The Prose/Fiction version of the narratives elicited significantly lower ratings for empathy, sympathy, and cognitive perspective-taking than the other text versions. This suggests that the paratextual definition of the text as fiction interfered with fast route processing and that the prose format did not engage the slow route through any foregrounding process. As such, this version of the narratives had lower participant ratings for empathy, sympathy, and cognitive perspective-taking. Interestingly, the other intermediate version of the narratives -Poetry/Fact – had the highest ratings for empathy, sympathy, and cognitive perspective-taking. This suggests that both fast and slow routes were engaged in the processing of this text with the factual specification directing the building of a strong situation model and the poetic foregrounding enhancing this process with further engagement with the text. As seen in the neurolinguistic literature, a text which is seen as factual focuses the reader on actions and their outcomes while the poetic technique of lining (used in poetic ethnography) seems to activate the aspects usually associated with literariness such as empathy and sympathy. Accordingly, the poetry/fact text variant produced enhanced literariness outcomes.

 

これまでの文学性モデルの拡張

文学性の特徴として挙げられてきたことは、しばしば文学以外のジャンルでも見られるということが指摘されてきました。そこで、それでは文学の特質とは何なのかかという疑問に対して、Miall and Kuiken (1999)などでは、“it is the conjunction and presence of all characteristic textual, perceptual, effective, and cognitive components that construct literariness. In other words, it is the completeness of the pathway between literariness components that constructs a literary reading.” (p. 130)と述べました。本研究では、Miall and Kuiken (1999)のこの主張をNCPMに基づきながら、次のように発展できたと述べられています。

“In the current study, this principle holds true in the pathway model of literariness underpinning the role of poetic lining in enhancing literariness outcomes, but, importantly, literariness outcomes can be added to by defining the information presented as factual and not fictional. In the combined poetry/fact variant of the manipulated texts, a classic model of literariness activation and outcome was combined with the processes associated with knowing that the textual information was actually accurate. The results suggest an additive dual model of processing in which both poetic form and factual definition contribute to outcomes characteristic of literariness. In terms of the NCPM, both slow and fast routes are engaged in the processing of this type of text. In this sense, literariness can be seen as a mode of processing activated by linguistic and/or textual form that produces the literariness outcomes of enhanced sympathy and empathy that is available for combination with other textual processes and situations. The dual model would seem to work in situations in which foregrounded language is utilized and combined with other textual-psychological routes to literariness outcomes. In this type of intermediate literariness situation, the scholarship of foregrounding may be relevant beyond the framework of literary reading.” (pp. 130-131)

このように、文学読解とは、前景化によるslow routeが他のrouteと共同で進展する読解処理と言うことができそうです。本研究結果は、文学読解を総合的な言語処理と捉えたMiall and Kuiken (1999) のモデルに従いつつも、もう一歩発展させることができたと言えます。

さらに、本研究結果はsocial developmentcritical, social understanding)に文学読解が効果的であるという研究(applied literarinessとも呼ばれ、多くの研究がなされています)の後押しをするものとも言えると述べられています(p. 131)。

 

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

伊藤弘之・隈元貞広(1982).『文学テキストの分析を中心とした英語学概論』を読む(篠崎書林)

伊藤弘之・隈元貞広(1982).『文学テキストの分析を中心とした英語学概論』.篠崎書林.

概要

語彙論、意味論、統語論(生成文法と伝統文法)、音韻論、社会言語学に関する様々な言語現象を説明しつつ、その言語現象が確認できる文学作品の一節が数多く引用されています。文体論という章が別に設けられていますが、本書全体が文体論の本であると言ってもよいと思います。なお、小説の言語や詩の言語の特徴に特化した章も設けられていますし、Norman N. Holland1977)の “Identity: An Interrogation at the Border of Psychology” という論文を中心としながら文学の読解に関して議論している章もあります。英語学の概念は当時のものではありますが(ですので、認知言語学や語用論といった話題は出てきません)、文体論に関心のある人にとっては多くの事例に触れることができ、大変有益な一冊です。残念ながら現在絶版となっているようです。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

C.de Vries,W.G.Reijnierse,& R.M.Willems(2018)「Eye Movements Reveal Readers’ Sensitivity to Deliberate Metaphors During Narrative Reading」を読む(『Scientific Study of Literature』)

オランダ語母語話者が母語で文学作品中のdeliberate metaphornon-deliberate metaphor、そしてメタファーではない表現を読む際の処理がどう異なるか、眼球の動きを通して調査がされています。なお、deliberate metaphornon-deliberate metaphorについては次のように定義されています。

“Deliberate metaphors serve a communicative function as metaphor between language users. As such, deliberate metaphors require “distinct attention to the source domain as a separate domain of reference” (Steen, 2017, p. 2) and stand out as metaphors in communication. Non-deliberate metaphors, by contrast, do not have such a function.” (pp. 138-139, emphasis in original)

また、異なるタイプのメタファーが読者の個人的特性とどのように関わるのかという点の調査でabsorptionappreciationreading experienceを問う質問紙が用いられたのですが、それらについては他の調査でも大変参考になるものと思います。特にreading experienceについては、42名の作家名を挙げ(そのうち12名を偽の作家名にしておく)、調査参加者にどれくらいの人数の作家を知っているか調査するもので、Author Recognition TestART)と呼ばれています。Koopman (2010) Stanovich & West (1989) で使用されたものとのことです。ARTも含めて、これらの調査材料の詳細は本論文をご参照ください。

また、統計分析についても共変数を考慮に入れた精緻な分析がなされています。これについても詳細は論文と直接ご参照ください。

de Varies, C., Reijnierse, W. G., & Willems, R. M. (2018). Eye movements reveal readers’ sensitivity to deliberate metaphors during narrative reading. Scientific Study of Literature, 8 (1), 135-164.

概要

大まかな調査結果のみまとめておきます。

  1. 様々な共変数を考慮してもなお、注視時間に関しては「deliberate metaphorsnon-deliberate metaphors>メタファーでない表現」という結果であった。“One interpretation of our findings is that deliberate metaphors are processed via online cross-domain mapping because they require attention to the source domain of the metaphor as a separate domain of reference based on their communicative function as metaphor. Non-deliberate metaphors, which do not function as metaphors at the level of communication, do not require such separate attention to the source domain, and can consequently be processed via lexical disambiguation.” (p. 154, emphasis in original) これは、他の調査方法を用いた研究とも結果の一致を見た。また、前景化という観点から考えると、前景化されている表現とそうでない表現で処理時間が異なるということになり、このことはJacobsの提案している文学読解処理モデルにも示唆を与えるものである。なお、deliberatenessという問題はメタファーに限ったことではないと考えられるため、他の修辞的表現でも同様な調査を展開することも必要である。
  2. “Individuals that were highly absorbed, and appreciated the stories more, slowed down less when reading metaphors.” (p. 155) 通常は前景化された表現に出会った際には、読者は物語世界そのものから注意をそらしてその表現を処理しなければならないが、物語世界に深く入り込んでいる読者に関しては、前景化の読解処理への影響は少ないようだ。

また、先行研究を概観する中で、deliberate metaphorsは他のジャンルよりも文学作品での使用が多く、“metaphors in literary fiction are more often deliberately used as metaphors compared to metaphors in other registers.” (p. 140) という点も指摘されています。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »