« E.D.Kuhn(1999).「'I Just Want to Make Love to You': Seductive Strategies in Blues Lyrics」を読む(『Journal of Pragmatics』) | トップページ | P.Stockwell(2000).『The poetics of Science Fiction』を読む(Longman) »

2018年6月 8日 (金)

H.Rubensten(1951).「The Recent Conflict in Soviet Linguistics」を読む(『Language』)

Marrism(ヤフェティード言語学)の発生からStalinの介入による頓挫までの流れが簡潔にまとめられています。Marrの理論をアメリカの言語学者に分かりやすく説明するために執筆された論文です。したがって、著者の意見といったものはあまりなく、あくまでもMarrの言語理論(ヤフェティード言語学)やStalinによる批判の流れが整理されています。

 

Rubenstein, H. (1951). The recent conflict in Soviet linguistics. Language, 27 (3), 281-287.

 

概要

Marrの理論に関する文献は多くあるのですが、分かりにくいものが多い中で、この論文は非常に明快に要点をまとめています。この記事では特にまとめ方が分かりやすいと感じた箇所を取り上げたいと思います。詳細はこの論文を直接ご参照ください。

 

例えば、ヤフェティード言語学について次のように述べています。

 

“Marr maintained that the Japhetic speakers antedated the Indo-Europeans and the Semites in the development of Mediterranean culture. As he began to find Japhetic characteristics in the most diverse languages, he concluded that the Japhetic languages were not a genetically related group in the ‘bourgeois’ Indo-European sense, but rather a stage in language development, a stage which directly preceded that of the development of the Indo-European languages. Breaking with the method of historical linguistics and its assumption of proto-languages, Marr found only one path open: namely, a return to a monogenetic theory of language, i.e. to the view that all languages come from the same source. Further, he stated that there is only one single process of development.” (p. 282)

 

上の引用の最後の1文にある言語発達については次のように4つの段階を想定しており、Marrはどの言語がどの発達段階にあるのかを示しています(ただし、よく知られているように、第3段階に位置づけられているヤフェティード語に何が含まれるかはMarrの論文の執筆年代によって異なっています)。

 

“On this assumption he based the following hierarchy: (1) language systems of the primary period (Chinese, some African); (2) language system of the secondary period (Finno-Ugric, Turkic, Mongolian); (3) language systems of the tertiary period (surviving Japhetic languages, Hamitic); (4) language systems of the quaternary period (Semitic, Indo-European). These four classes of systems constitute the whole course of linguistic development.” (p. 283)

 

なお、Marrの言語理論はマルクス主義に則っていると彼自身が主張していたためにソビエトでもてはやされたわけですが、1つだけ異なる点がありました。それが言語と階級の問題です。Marrは言語は誕生した時点で階級の高い者(メディスンマンなど)しか用いることができず、結果として最初から階級的な特質があると主張しています。それに対して、MarxEngelsは、言語は他者と相互作用するという必要性から生じたものであり、階級というものは奴隷制が誕生してから後に現れた考えています(つまり、言語が階級と関わるのは、言語が誕生してからずいぶんと後になってから)。

 

さて、ヤフェティード言語学には主に3つの基本的前提がありました。それらは以下の通りです。

 

“(1) language arose monogenetically and develops along a single path; (2) language is part of the superstructure; (3) language is a class phenomenon.” (p. 285)

 

しかし、これらは次々とその問題点が指摘されていくこととなり、ヤフェティード言語学は頓挫しました。(1) については、Marrの側近からもその問題点が指摘されており、Marrの死後に他の研究者によって修正する必要性が指摘されました。しかし、より決定的なのはStalinによって (2) (3) の問題点が指摘されたことでした。Stalinはこれら3つの前提の中で (2) が最も根源的な前提であると考えていました。そして、その問題点を指摘したことで(つまり言語は上部構造ではない。なぜなら社会構造という基底構造が変化しても言語は変化しなかった。)、ヤフェティード言語学全体が崩壊することになりました。

 

最後に、当時のアメリカの言語学とソビエトの言語学を比較し、次のような特徴の違いがあると述べられて論文が締めくくられていました。

 

“Despite the official re-acceptance of the historical-comparative method and the breaking of ties with the Japhetic theory, it is clear that the orientation of Soviet linguists is quite different from that of most American linguists. Soviet linguists show a far greater interest in correlations between linguistic and social principles to guide them in the practical work of setting up normative grammars for various minority groups hitherto illiterate. On the other hand, they seem to be relatively unconcerned with problems of pure description, and accordingly less interested in developing objective techniques for that purpose.” (p. 287)

|

« E.D.Kuhn(1999).「'I Just Want to Make Love to You': Seductive Strategies in Blues Lyrics」を読む(『Journal of Pragmatics』) | トップページ | P.Stockwell(2000).『The poetics of Science Fiction』を読む(Longman) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E.D.Kuhn(1999).「'I Just Want to Make Love to You': Seductive Strategies in Blues Lyrics」を読む(『Journal of Pragmatics』) | トップページ | P.Stockwell(2000).『The poetics of Science Fiction』を読む(Longman) »