« 『第89回大会Proceedings』(日本英文学会)の記事 | トップページ | 川原繁人(2017)『「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門』を読む(ひつじ書房) »

2018年2月21日 (水)

『映像文化の社会学』(長谷正人(編),有斐閣)の論文

映像文化を会学の観点から考察した論文集になります。大衆的な映像が扱われている以下の3編の論文を読みました。
 
●加藤裕治(2016).「スターという映像文化」.In 長谷正人(編),『映像文化の社会学』(pp. 217-231).有斐閣.
 
スターという存在がどのように生まれ、そして観客との関連性が時代とともにどのように変化してきたのかが初期映画から今日の地下アイドルまでの流れの中で考察されています。
 
●前川修(2016).「心霊現象という映像文化」.In 長谷正人(編),『映像文化の社会学』(pp. 233-248).有斐閣.
 
心霊写真が時代とともにどのように変化し、その時代の画像技術等にどのように影響を受けてきたのか、さらに心霊の表象(提示)のされ方がどのように変化してきたのか、といったことが時代を追って考察されています。
 
また、言語に関する情報として以下の指摘はとても興味深く思いました。
 
「1970年代から1980年代にかけての心霊現象の普及の歴史は因縁話を欠落させていく歴史である。本来、そうした因縁話は怪談という文学の王の末裔だった。しかし、それが心霊写真ブームによって大衆化され、非文学化され、レトリックを欠如させていく。最終的に、物語(言葉)が写真に従属し、人びとは「写真性失語症」に陥ることになる。」(p. 240)
 
●増田展大(2016).「アニメーションという映像文化」.In 長谷正人(編),『映像文化の社会学』(pp. 249-267).有斐閣.
 
「アニメーション」とは語源的には「生気を与えること」「動き」といった意味を指すということを出発点として、この観点からこれまでのアニメ映像技術がその初期のものから今日のCGIやVFXにわたって考察されています。

|

« 『第89回大会Proceedings』(日本英文学会)の記事 | トップページ | 川原繁人(2017)『「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門』を読む(ひつじ書房) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『第89回大会Proceedings』(日本英文学会)の記事 | トップページ | 川原繁人(2017)『「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門』を読む(ひつじ書房) »