« M.Burke,A.Kumičová,A.Mangen,& T.Schilhab(2016).「Empathy at the Confluence of Neuroscience and Empirical Literary Studies」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | 増田貢(1972).『現代英語学』(第1章:「英語学」)を読む(篠崎書林) »

2017年5月30日 (火)

宮脇正孝(2012).「5文型の源流を辿る:C. T. Onions, An Advanced English Syntax (1904) を超えて」を読む(『専修人文論集』)

5文型の起源に関して、Cooper and Sonnenschein (1889) とOnions (1904) の関連性がとてもわかりやすく説明されています。また、なぜOnions (1904) の方が有名になっているのかということも理解することができます。

宮脇正孝(2012).「5文型の源流を辿る:C. T. Onions, An Advanced English Syntax (1904) を超えて」.『専修人文論集』,90,437-465.

概要

Sonnenscheinは、様々な言語を教育する際に、その文法用語がばらばらであることをとても問題視していました。そこで、言語を超えて文法用語を統一することを試み、バーミンガムを拠点に文法協会を設立しました。そして、そのような活動の中で「述部の5形式」というものを提案しました。これを最初に提示した文法書がCooper and Sonnenschein (1889) になるとのことです。これは、並行文法シリーズ(Parallel Grammar Series:様々な言語を同じ枠組みで記述しようとした一連の文法書のシリーズ)の中の1冊だそうで、Onions (1904) も同じくこのシリーズの1冊となるそうです。ですので、実際には「述部の5形式」を特定の個人の創案に帰することは難しいと著者は述べています(p. 451)。

なお、同シリーズで英語以外の文法を扱った書籍は、それぞれ第1部と第2部から構成されていたそうで、第1部は「意味は文および文の各部においてどのように表現されているか」、第2部は「語および語の諸形態はどのように用いられているか」を扱っていたそうです。それに対して、英語を扱ったCooper and sonnenshein (1889) では第1部に相当する部分しかなかったそうで(ただし、同シリーズのどの言語の文法書よりも内容が詳しく、かつそのシリーズの全書で用いる用語と枠組みの解説書としての役割を果たしていたそうです)、Sonnenscheinは教え子のOnionsに依頼して、英語の統語論に関する書籍を同シリーズにさらに1冊加えたという背景があるそうです。ですので、実際にCooper and Sonnenshein (1889) とOnions (1904) の「述部の5形式」の解説はほとんど記述が同じになっているとのことでした。ただし、Onions (1904) はCooper and Sonnenshein (1889) に対して、上級編という位置づけとなっています。

なお、興味深いことに、その後のSonnensheinの著作には「述部の5形式」は登場しないそうで、結局細江(1917)はOnions (1904) などから刺激を受け、今日の英語教育に5文型が定着することになったと指摘されていました。結果として、5文型の起源がOnions (1904) であるとする考えが広まったようです。

ちなみに、並行文法シリーズでは、「補語」ではなく「叙述形容詞(predicate-adjective)」という語が用いられていたという点も面白いです。

|

« M.Burke,A.Kumičová,A.Mangen,& T.Schilhab(2016).「Empathy at the Confluence of Neuroscience and Empirical Literary Studies」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | 増田貢(1972).『現代英語学』(第1章:「英語学」)を読む(篠崎書林) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M.Burke,A.Kumičová,A.Mangen,& T.Schilhab(2016).「Empathy at the Confluence of Neuroscience and Empirical Literary Studies」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | 増田貢(1972).『現代英語学』(第1章:「英語学」)を読む(篠崎書林) »