« K.Knowles,A.K.Schaffner,U.Weger,& A.M.Roberts(2012).「Reading Space in Visual Poetry: New Cognitive Perspectives」を読む(『Writing Technologies』) | トップページ | B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』) »

2017年4月14日 (金)

R.Jakobson(1964).「Results of the Congress」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton)

第9回国際言語学会議の総括が行われています。政治的な理由で会議に参加できない研究者がいたことが言及され、そのような政治的境界は取り払われるべきだといった政治的な発言も含まれています。

Jakobson, R. (1964). Results of the congress. In H. G. Lunt (Ed.), Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962 (pp. 1135-1142). The Hague: Mouton.

感想

この記事では、言語学は他分野と接点を持った学際的な研究を進めていくことが必要である点、言語が関わるあらゆる側面(たとえそれがどのように周辺的に見えるものであっても)の研究に取り組む必要がある点、が強く訴えられていました。

また、生成文法に関するChomskyの発表が大変高く評価されていたことも印象に残りました。さらに、今回の会議で初めて文体論・詩学のセッションが設けられたそうで、"the study of poetry has been conceived as inseparable from linguistics and its pertinent task." (p. 1139)と確認されていた点も印象的でした。

他にも数理言語学、翻訳研究、比較言語学、同一の系統軸に属する要素の階層構造に関する研究、意味の扱い、などに関する展望が述べられていました。

|

« K.Knowles,A.K.Schaffner,U.Weger,& A.M.Roberts(2012).「Reading Space in Visual Poetry: New Cognitive Perspectives」を読む(『Writing Technologies』) | トップページ | B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« K.Knowles,A.K.Schaffner,U.Weger,& A.M.Roberts(2012).「Reading Space in Visual Poetry: New Cognitive Perspectives」を読む(『Writing Technologies』) | トップページ | B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』) »