« B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | M.イヴィッチ(1965/1974).『言語学の流れ』を読む(早田輝洋・井上史雄(訳),みすず書房) »

2017年4月21日 (金)

M.Riffaterre(1964).「The Stylistic Function」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton)

著者はJakobsonの6言語機能モデルの中のpoetic functionをstylistic functionと呼び換え、stylistic functionとその他の5言語機能との関係について議論しています。Jakobsonはpoetic functionは詩以外の様々な場面で関わると述べましたが、poeticという語のせいでどうしても詩が中心になってしまっていると著者は考え、用語の変更を提案しています。

Riffaterre, M. (1964). The stylistic function. In H. G. Lunt (Ed.), Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962 (pp. 316-323). The Hague: Mouton.

概要

著者はstylisticsを次のように定義しています。

Stylistics will be a linguistics of the effects of the message, of the output of the act of communication, of its attention-compelling function. (pp. 316-317)

さらに、詩を読む際にはスピードが遅くなること(p. 318)、文体と逸脱を同一視してはならず、ごくありふれた表現が特殊な機能を担うこともあること(p. 318)、なども指摘しています。

また、Jakobsonの6言語機能において、poetic function(著者の言葉で言えばstylistic function)と他の5言語機能は次のような関係にあると述べています。

It seems therefore more satisfactory to say that communication is given structure by the five directional functions, and that its intensity (from expressiveness to verbal art) is regulated by SF[stylistic funtion]. (p. 321)

補いますと、poetic function以外の5言語機能は現実の文脈を志向して発話を作り上げるのに対して、poetic functionはその発話の「強さ」を調節する働きをする、と述べられています。

|

« B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | M.イヴィッチ(1965/1974).『言語学の流れ』を読む(早田輝洋・井上史雄(訳),みすず書房) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | M.イヴィッチ(1965/1974).『言語学の流れ』を読む(早田輝洋・井上史雄(訳),みすず書房) »