« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月28日 (金)

M.イヴィッチ(1965/1974).『言語学の流れ』を読む(早田輝洋・井上史雄(訳),みすず書房)

言語学史研究の名著なのですが、不勉強でこれまで読んでいなかったため、読みました。著者の非常に幅広い知識が存分に発揮され、とても読み応えのある一冊となっています。しかし、なかなかマニアックな情報も含まれているため、言語学史の基本的な流れを理解した上で読まないと、混乱してしまうかもしれません。言語的にはとても読みやすいです。原著者及び訳者の先生の努力の賜物だと思います。

イヴィッチ,M.(1974).『言語学の流れ』(早田輝洋・井上史雄(訳)).みすず書房.(原著は1965年出版)

感想

18世紀までの言語研究についてはかなりコンパクトにまとめられています。19世紀の言語学についても基本的な事項がコンパクトに整理されていました。私が本書の大きな特徴の1つだと思ったのは、20世紀初頭における非構造言語学を1章を割いて詳述している点です。言語地理学、フランス言語学派、美的観念論(フォスラー学派など)、進歩的スラヴ学派、マール主義、実験音声学、が扱われています。特に美的観念論や実験音声学は構造主義言語学の影に隠れて忘れられがちなのですが、このあたりの発展について詳しく書いてあり、とても勉強になります。なお、当然のことながら構造主義言語学についてもヨーロッパ、アメリカ両方のものが詳しく説明されています。また、アメリカ構造主義言語学についてはブルームフィールド学派だけでなく人類学的言語学についても詳しい記載があります。

また、ウィーン学派などによる論理記号主義も簡単に触れられていることと(言語哲学の本ではよく言及されますが、言語学の本ではあまり見かけないと思います)、数理言語学(計量言語学、情報理論、機械翻訳)について詳しく述べられていること、も本書の特徴かと思います。これらのセクションでは、言語学に数学的方法を使う試みがどのように進んできたのか理解することができます。

なお、生成文法については、簡単にのみ触れてあります(原著が1965年ですので、その時点での生成文法についての説明となります)。

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

M.Riffaterre(1964).「The Stylistic Function」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton)

著者はJakobsonの6言語機能モデルの中のpoetic functionをstylistic functionと呼び換え、stylistic functionとその他の5言語機能との関係について議論しています。Jakobsonはpoetic functionは詩以外の様々な場面で関わると述べましたが、poeticという語のせいでどうしても詩が中心になってしまっていると著者は考え、用語の変更を提案しています。

Riffaterre, M. (1964). The stylistic function. In H. G. Lunt (Ed.), Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962 (pp. 316-323). The Hague: Mouton.

概要

著者はstylisticsを次のように定義しています。

Stylistics will be a linguistics of the effects of the message, of the output of the act of communication, of its attention-compelling function. (pp. 316-317)

さらに、詩を読む際にはスピードが遅くなること(p. 318)、文体と逸脱を同一視してはならず、ごくありふれた表現が特殊な機能を担うこともあること(p. 318)、なども指摘しています。

また、Jakobsonの6言語機能において、poetic function(著者の言葉で言えばstylistic function)と他の5言語機能は次のような関係にあると述べています。

It seems therefore more satisfactory to say that communication is given structure by the five directional functions, and that its intensity (from expressiveness to verbal art) is regulated by SF[stylistic funtion]. (p. 321)

補いますと、poetic function以外の5言語機能は現実の文脈を志向して発話を作り上げるのに対して、poetic functionはその発話の「強さ」を調節する働きをする、と述べられています。

| | コメント (0)

B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』)

作者が抒情詩で伝えようとした気分は果たして読者に伝わるのかどうかということを、詩の作者も実験に協力する形で調査した、非常に挑戦的な論文です。

Gittel, B., Deutschländer, R., & Hecht, M. (2016). Conveying moods and knowledge-what-it-is-like through lyric poetry: An empirical study of authors' intentions and readers' responses. Scientific Study of Literature, 6 (1), 131-163.

概要

主な結果のみを挙げておきます。

  1. 作者が伝えようとしていると読者が考える気分と、実際に読者に沸き起こった気分との間には乖離があり、特に後者は読者によってかなりの揺れが出る傾向がある
  2. 作者が伝えようとした気分は、作者が伝えようとしていると読者が考える気分と、実際に読者に沸き起こった気分と、異なる場合が多い(ただし、うまく伝わっているケースも本研究では確認された)
  3. 文学教育の背景を持つ読者の方が、詩の気分(作者が伝えようとしていると読者が考える気分と、実際に読者に沸き起こった気分の両方)に対して敏感に反応する傾向がある
  4. 詩の提示のされ方(この詩は虚構/非虚構である)は読者の詩の気分に対する反応に大きく影響を与えた
  5. ある特定の状況を描写していると解釈された詩は、読者に気分を引き起こす

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

R.Jakobson(1964).「Results of the Congress」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton)

第9回国際言語学会議の総括が行われています。政治的な理由で会議に参加できない研究者がいたことが言及され、そのような政治的境界は取り払われるべきだといった政治的な発言も含まれています。

Jakobson, R. (1964). Results of the congress. In H. G. Lunt (Ed.), Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962 (pp. 1135-1142). The Hague: Mouton.

感想

この記事では、言語学は他分野と接点を持った学際的な研究を進めていくことが必要である点、言語が関わるあらゆる側面(たとえそれがどのように周辺的に見えるものであっても)の研究に取り組む必要がある点、が強く訴えられていました。

また、生成文法に関するChomskyの発表が大変高く評価されていたことも印象に残りました。さらに、今回の会議で初めて文体論・詩学のセッションが設けられたそうで、"the study of poetry has been conceived as inseparable from linguistics and its pertinent task." (p. 1139)と確認されていた点も印象的でした。

他にも数理言語学、翻訳研究、比較言語学、同一の系統軸に属する要素の階層構造に関する研究、意味の扱い、などに関する展望が述べられていました。

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

K.Knowles,A.K.Schaffner,U.Weger,& A.M.Roberts(2012).「Reading Space in Visual Poetry: New Cognitive Perspectives」を読む(『Writing Technologies』)

具象詩をはじめとした、空白スペースを利用した詩(英語のものが中心のようですが、それ以外のヨーロッパ言語のものも含まれています)を読者はどのように読むのか、アイトラッキングを使って分析した研究となります。理論編もマラルメなどに言及しながらかなり詳しく書かれています。14名の人文学を専攻する大学院生が調査参加者となっていますが、英語が母語の人もいればそうでない人もいるようです。使用された詩は合計で14篇です。

Knowles, K., Schaffner, A. K., Weger, U., & Roberts, A. M. (2012). Reading space in visual poetry: New cognitive perspectives. Writing Technologies, 4, 75-106.

概要

主な結果のみ紹介しておきます。本論文では次のような結果が示されました。

  1. 読者は、具象詩であっても最初は通常の詩と同様に左上から右下へ移動する読み方を行うが、それではうまくいかないと感じた時に他の読み方(広く全体をゆっくりと眺めるというような絵画を見る時の視線の動き(p. 93)も含めて)を試みる(p. 98)
  2. その詩が特に前衛的なものであれば、通常の読み方をすべきか他の読み方をすべきか(linear decodingかspatial scanningか)非常に戸惑っている様子がアイトラッキングでも確認された(p. 99)
  3. 読者は空白スペースに視点をとどめて意味理解をしていた(p. 99)
  4. 空白スペースを利用した詩をたくさん読んでいるうちに、そのスペースが意味を一つしか生起しないような詩を読者は陳腐であると判断するようになり、逆に意味があまりにも曖昧である場合は非常に圧倒されてしまう場合もあった。(p. 99)ただし、詩の読みが難しいと感じた場合でも、その経験は肯定的に判断されるケースが多かった(p. 96)
  5. 空白スペースを利用した詩には様々なタイプがあるため、そのタイプによって読み方が変わってくるようである(p. 100)

そして、著者は今回の結果を見て、ある意味で前衛的な詩人によって意図された読解プロセスの混乱は、ちゃんと機能しているとしています(p. 99)。非常に斬新な研究であると思います。

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

山田信也(1977).「英語教育における文学教育の諸問題」を読む(『大阪教育大学英文学会誌』)

文学教材の教養的価値及び異文化理解(思考様式)に対する価値に重きを置いた論考となっています。1971年改訂の高等学校学習指導要領に準拠した英語教科書における文学教材の情報も示されており(どの程度文学教材があったのか、どのような作家が人気があったのか)、資料的価値も高いです。

山田信也(1977).「英語教育における文学教育の諸問題」.『大阪教育大学英文学会誌』,22,91-106.

概要

著者は文学教材とは、教師及び生徒に感動を与えるものである必要があり、以下のような特性を備えているものがふさわしいと考えています(p. 98)。

  1. 社会性・人間性が表現されている
  2. 国民性・民族性が表現されている
  3. 人類の普遍性と特殊性が表現されている
  4. 国際的協調と連帯の精神が表現されている
  5. 美しい英語で表現されている

さらに、文学教材を使った指導・学習の内容については次のような候補があるとしています(p. 98)。

  1. 文学論の観点からは、文学の本質、歴史、形象、虚構、典型、類型などの文学理論がある
  2. 作品論の観点からは、形式面では、語・句、文体、語法、音韻、リズムなどの表現性と作品の構造があり、内容面では、作品の主題、人物の行動と心理、事件の展開などの思想性の問題がある
  3. 作家論の観点からは、作家の経歴、作家と作品の時代背景、他の作品などがある

また、改作の方法についても実際の教科書のテキストを例示しながら紹介されています。語や句の置き換え、原作の部分的な削除、簡素化(simplification)、の例が示され、それぞれの問題点が指摘されていました。

他にも、以下のような興味深い指摘がされています。

  • 教科書の改訂において文学教材が削除ないしは変更されることで、その教科書の質が低下してしまう場合があること(pp. 102-103)
  • 道徳との関連性を持たせることを意識するあまりに、本来であれば学習者に読み取らせる教訓などをテキスト中に明記してしまう場合があること(pp. 103-104)
  • 言語学、心理学、哲学、教育学、国語教育の領域を包括した学際的な研究体制が英語教育学には必要であること(p. 105)
  • 文学教材に関するより多くの実践と研究の成果を集めて、文学教育の諸問題をより科学的に解明していくことが必要であること(p. 105)

なお、1971年改訂の高等学校学習指導要領に準拠した英語教科書における文学教材の情報については次のようにまとめられていました(p. 99)。

  • 英語Bの読本と教科書は当時13社20種59冊あったが、これらで使用されている小説教材では、1年生用で16課(rapid readingを含み、同一教材が2課にわたって出てきた場合は1課とカウント)、2年生用で29課、3年生用で33課であった
  • 人気の作家ベスト6は、順にO. Henry、William Saroyan、W. Somerset Maugham、Saki、Ernest Hemingway、David H. Lawrenceで、1年生ではO. Henry、2年生ではWilliam Saroyanに次いでSaki、3年生ではW. Somerset Maughamに次いでHemingway、Saki、Saroyan、Steinbeckが同列、であった

著者は上記の2点目に関して、「全体的にはベスト6の作家が示すように、内容的に英米の常識的な日常的世界を描いた作品がほとんどであり、今日の高校生の感覚にあう新鮮な作品、たとえば、アジアやアフリカ諸国の現代文学作品などの教材化は見られない」(p. 99)と指摘しています。しかし、その一方で斬新な試みもされており、難解さゆえに敬遠されがちなW. Faulknerの作品、日本でほとんど紹介されていない女流作家Zona Galeの作品、黒人作家R. Wright、スペインの詩人J. R. Jiménezの作品、現代推理小説、などの教材化も見られるとしています。ただし、一般的には人気が高いと思われるP. Buck、Herman Hesse、Dostevski、M. Mitchell、E. Brontëなどは教材化されていないと指摘しています。加えて、漱石、芥川、川端の翻訳が見られた点も指摘されていました。

| | コメント (0)

川原繁人(2015).『音とことばのふしぎな世界:メイド声から英語の達人まで』を読む(岩波書店)

川原繁人(2015).『音とことばのふしぎな世界:メイド声から英語の達人まで』.岩波書店.

いわゆる音声学のテキスト(調音音声学のテキスト)とは違い、音象徴、五十音図の仕組み、記述音声学、音響音声学、知覚音声学、音声学と社会とのつながり、といったトピックについて非常に興味深い例とともに解説がされています。音声学の基本的な知識がなくても十分に楽しめる一冊だと思いますが、音声学の基礎を知っている人の方がより楽しめるのではないかと思います。ポップカルチャーからも興味深い事例が多く引かれており、とても面白いです。なお、調音音声学についても1章が割かれていますが、本書ではその様々な実験調査法が紹介されています。また、音響音声学のフォルマントの解説もとてもわかりやすいです。音声学という学問の守備範囲の広さを具体的に実感させてくれる良書です。

| | コメント (0)

R.M.Willems & A.M.Jacobs(2016).「Caring About Dostoyevsky: The Untapped Potential of Studying Literature」を読む(『Trends in Cognitive Sciences』)

脳科学を含む認知科学が文学読解を研究する意義について整理された文献です。なお、Dostoyevskyは喩えであり、この作家の作品を読むことに関して何らかの実験を行ったといったものではありません。

Willems, R. M., & Jacobs, A. M. (2016). Caring about Dostoyevsky: The untapped potential of studying literature. Trends in Cognitive Sciences, 20 (4), 243-245.

概要

著者は認知科学が文学読解を研究する意義として、人間が頻繁に行う以下の4つの認知活動についてより正確な理解が得られる可能性が高い点を指摘しています。

  1. mental simulation of a fiction world
  2. emotions
  3. mental perspective taking and empathy
  4. immersion

認知科学者の中には文学読解は認知科学では十分に扱いきれないという主張をする人々がいるそうです。一方で著者らは、認知科学は必ず何らかの操作化を行って調査をしているため、この主張はおかしいと指摘しています。著者らは、いかにも実験室的な研究と、自然な状況での文学読解の研究を相互補完的に進めていくべきであると主張しています。また、この記事では詳細は省きますが、fMRIを使用する際の時間解像度の低さについても指摘されています(しかし、これらの問題点を軽減するような研究が多くなされつつあるそうです)。

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

A.M.Jacobs、J.Lüdtk,A.Aryani,B.Meyer-Sickendieck,& M.Conrad(2016).「Mood-Empathic and Aesthetic Responses in Poetry Reception: A Model-Guided, Multilevel, Multimethod Approach」を読む(『Scientific Study of Literature』)

著者はJacobs (2015, 2016)で自身が提唱した研究法をこの論文で実践して見せています。

http://takayukinishihara.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/amjacobs2015the.html

http://takayukinishihara.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/amjacobs2016the.html

この論文は、文学読解について何かを明らかにするというよりは、研究法のデモンストレーションという意味合いが強く、何らかの明確な結論が打ち出すという色は薄いです。ですが、多様な調査ツール(4x4 Matrix、Abstractness Scale、BAWL、Emophon、Poetry Reception Questionnaireを用いてドイツ語母語話者の母語による文学読解を調査しており、特にアンケート用紙(Poetry Reception Questionnaire)や言語構造の区分け(4x4 Matrix)などは多くの研究で利用することができると思います。

Jacobs, A. M., Lüdtk, J., Aryani, A., Meyer-Sickendieck, B., & Conrad, M. (2016). Mood-empathic and aesthetic responses in poetry reception: A model-guided, multilevel, multimethod approach. Scientific Study of Literature, 6 (1), 87-130.

概要

本論文では以下の3つの大まかな仮説に基づき調査がされ、これらを支持する結果が得られています。

  1. the multilevel hypothesis: "textual features at four relevant levels of textual analysis (supralexical, interlexical, lexical and sublexical) affect emphatic/immersive and aesthetic-liking processes of poetry reception at all three levels of measurement (experiential, peripheral-physiological, and behavioral)" (p. 87)
  2. the mood emphathy hypotheis: "poems expressing moods of persons, atmospheres, situations, or objects should engage readers to mentally simulate and affectively resonate with the depicted state of affairs" (p. 87)
  3. the aesthetic trajectory hypothesis: "poems with a high amount of foregrounding facilitate aesthetic liking responses" (p. 87)

この論文で比較的明確に結論らしきものが述べられているのは以下の点程度かと思われます。

"at the lexical level more features (from our pool) drive aesthetic than mood-emphatic responses. Both response types seem to be influenced by largely dissociable lexical features, imaginability and HEA (=Hearing) being the exception" (p. 112)

ここでは、語の意味価のようなものを著者が調べ、その中でimaginabilityとHEAという要素はmood emphathyとaesthetic likingの両方に影響を与えるようであるが、 これら以外の多くの意味価はaesthetic likingにのみ影響を与えるようである、ということが述べられています。

また、別の箇所で "embodiment word features can also promote aesthetic liking, while longer and less regular words seem to hinder it" (p. 112) という結果も指摘されていますが、これはとても示唆的です。

なお、この論文では、他にいくつか示唆的な指摘がされていますので紹介します。

  • "The more specific a poem describes a situation or atmosphere, the better should readers be able to simulate the depicted state of affairs, attune to the situation (cf. Kuiken et al., 2012) and develop a felt sense of the corresponding mood." (p. 92)
  • the Panksepp-Jakobson hypothesis states that since evolution had no time to invent a proper neuronal system for art reception, even less so for literary reading, the affective and esthetic processes we experience when reading  (cf. Jakobson's "poetic function") must be linked to the ancient emotion circuits we share with all mammals, as perhaps best described by Panksepp (1998)." (p. 94)
  • "Knowing, inferring, or guessing the overall motif of a poem might therefore be especially important - as a kind of orienting metameaning active in working memory - for interpreting hidden multiple meanings and unexpected meaning twists typical for abstract or obscure poetic texts (Shimron, 1980; Yaron, 2002, 2008) or the final couplet at the end of Shakespearean sonnets. ... In sum, since poetry requires the flexible and repeated updating of (situation) models of meaning, triggering repeated reappraisal processes (O'Sullivan et al., 2015), metakbowledge about motif, as provided, e.g., by title and/or key words, should be an important factor determining reader responses." (p. 97)

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »