« R.Jakobson(1964).「Results of the Congress」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton) | トップページ | M.Riffaterre(1964).「The Stylistic Function」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton) »

2017年4月21日 (金)

B.Gittel,R.Deutschländer,& M.Hecht(2016).「Conveying Moods and Knowledge-What-It-Is-Like Through Lyric Poetry: An Empirical Study of Authors' Intentions and Readers' Responses」を読む(『Scientific Study of Literature』)

作者が抒情詩で伝えようとした気分は果たして読者に伝わるのかどうかということを、詩の作者も実験に協力する形で調査した、非常に挑戦的な論文です。

Gittel, B., Deutschländer, R., & Hecht, M. (2016). Conveying moods and knowledge-what-it-is-like through lyric poetry: An empirical study of authors' intentions and readers' responses. Scientific Study of Literature, 6 (1), 131-163.

概要

主な結果のみを挙げておきます。

  1. 作者が伝えようとしていると読者が考える気分と、実際に読者に沸き起こった気分との間には乖離があり、特に後者は読者によってかなりの揺れが出る傾向がある
  2. 作者が伝えようとした気分は、作者が伝えようとしていると読者が考える気分と、実際に読者に沸き起こった気分と、異なる場合が多い(ただし、うまく伝わっているケースも本研究では確認された)
  3. 文学教育の背景を持つ読者の方が、詩の気分(作者が伝えようとしていると読者が考える気分と、実際に読者に沸き起こった気分の両方)に対して敏感に反応する傾向がある
  4. 詩の提示のされ方(この詩は虚構/非虚構である)は読者の詩の気分に対する反応に大きく影響を与えた
  5. ある特定の状況を描写していると解釈された詩は、読者に気分を引き起こす

|

« R.Jakobson(1964).「Results of the Congress」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton) | トップページ | M.Riffaterre(1964).「The Stylistic Function」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R.Jakobson(1964).「Results of the Congress」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton) | トップページ | M.Riffaterre(1964).「The Stylistic Function」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton) »