« A.M.Jacobs(2016).「The Scientific Study of Literary Experience and Neuro-Behavioral Response to Literature: Reply to Commentaries」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | A.A.Hill(編)(1969).『Linguistics Today』より、気になった論文4本(Basic Books) »

2017年3月22日 (水)

S.R.Levin(1964).「Poetry and Grammaticalness」を読む(H.G.Lunt(編),『Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962』,Mouton)

読み落としていた論文です。詩の文の文法性について生成文法標準理論における句構造規則の観点から考察されています。

Levin, S. R. (1964). Poetry and grammaticalness. In H. G. Lunt (Ed.), Proceedings of the Ninth International Congress of Linguistics: Cambridge, Mass., August 27-31, 1962 (pp. 308-315). The Hague: Mouton.

概要

著者は、詩の文はgrammaticalでもnongrammaticalでもなく、semi-grammaticalとみなす必要があると述べます。そして、semi-grammaticalな文は文法的な文や非文法的な文とは異なった形で文法規則と関わり、かつ文が違えばその関わり方も違ってくると指摘します。著者は、Chomsky (1961) のgrammaticalnessの枠組みに基づいて、e. e. cummingsの "Anyone Lived in a Pretty How Town" の中のhe danced his didという文と、Dylan Thomasの "A Grief Ago" から、a grief agoという名詞句を例に、この文(句)を産出するためには、句構造規則にどのような変更を行う必要があるか分析しています。結論としてと、a grief agoの方が句構造規則の変更も少なく、かつそれによって不自然な文が産出される可能性も比較的低く、詩人にも産出されやすい文(詩の文としてより自然で好ましい文)であるとしています(分析の詳細はこの論文を直接ご参照ください)。Chomsky (1961) が言うように、a grief agoといった文は、標準的な文をもとにした類推によって意味を理解することになります。

なお、Chomsky (1961) については以下のリンクをご参照ください。

http://takayukinishihara.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/nchomsky1961som.html

|

« A.M.Jacobs(2016).「The Scientific Study of Literary Experience and Neuro-Behavioral Response to Literature: Reply to Commentaries」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | A.A.Hill(編)(1969).『Linguistics Today』より、気になった論文4本(Basic Books) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A.M.Jacobs(2016).「The Scientific Study of Literary Experience and Neuro-Behavioral Response to Literature: Reply to Commentaries」を読む(『Scientific Study of Literature』) | トップページ | A.A.Hill(編)(1969).『Linguistics Today』より、気になった論文4本(Basic Books) »