« C.W.Hayes(1969).「Linguistics and Literature: Prose and Poetry」を読む(A.A.Hill(編),『Linguistics Today』,Basic Books) | トップページ | A.M.Jacobs(2016).「The Scientific Study of Literary Experience and Neuro-Behavioral Response to Literature: Reply to Commentaries」を読む(『Scientific Study of Literature』) »

2017年3月17日 (金)

G.Carrol,K.Conklin,J.Guy,&R.Scott(2015).「Processing Punctuation and Word Changes in Different Editions of Prose Fiction」を読む(『Scientific Study of Literature』)

近年、特定の作家についての全集が編纂されており、その中に同じ作品の別バージョン(語が変更されていたり、句読点等に変化が生じているもの)を収めるという試みも盛んにされています。著者らは、このような別バージョンの同一作品を1冊の全集に収めるということは、一般読者にとってどのような意味を持つのか、ということを調査しています。同一作品の別バージョンから特定の要素が変更になっている文(または複数の文)を抽出し、それを母語話者の一般読者に読ませる際に、その違いに気づくのかどうか、書き換えの違いによって読みに変化が生じるのかどうかが、アイトラッカーを用いて調べられています。この論文では、Charles DickensのOliver Twistと、Henry JamesのThe Portrait of a Ladyが調査材料として用いられています。

Carrol, G., Conklin, K., Guy, J. & Scott, R. (2015). Processing punctuation and word changes in different editions of prose fiction. Scientific Study of Literature, 5 (2), 200-228.

概要

調査方法などについてはこの記事では省略し、主な結果のみを示しておきます。

  1. 別バージョンから抽出された2文を読むとき、最初に読む文よりも後に読む文の方が早く読まれ、かつ視点が止まる部分も少なくなる
  2. 文の違いに読者が気づく際には、違いが表れている箇所の読解スピードが遅くなり、視点が止まる回数も増える
  3. 語彙的な書き換えの方が句読点などの書き換えよりも気づかれやすい
  4. 語彙的な書き換えと句読点などの書き換えそれぞれにおいて、特定の書き換えのサブタイプが読者に上記2の影響をもたらしているといった関連性は見られず、読者は様々なタイプの書き換えに敏感であることがうかがえる

著者らは特に上記3点目に関して、次のように述べています。

"This suggests that lexical changes perhaps induce more careful reading of the sentence as a whole, whereas changes to punctuation show no such pattern. This is the only suggestion of a difference between substantive and lexical changes in the study, and we can speculate that this could be an important indicator that readers do implicitly ascribe more "semantic significance" to lexical changes, causing them to reconsider the rest of the sentence as well as the change itself. In contrast, noticing changes to punctuation does not seem to cause readers to also reconsider the broader sentence, suggesting that such features are perhaps considered more as minor variations with limited significance." (p. 217)

|

« C.W.Hayes(1969).「Linguistics and Literature: Prose and Poetry」を読む(A.A.Hill(編),『Linguistics Today』,Basic Books) | トップページ | A.M.Jacobs(2016).「The Scientific Study of Literary Experience and Neuro-Behavioral Response to Literature: Reply to Commentaries」を読む(『Scientific Study of Literature』) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C.W.Hayes(1969).「Linguistics and Literature: Prose and Poetry」を読む(A.A.Hill(編),『Linguistics Today』,Basic Books) | トップページ | A.M.Jacobs(2016).「The Scientific Study of Literary Experience and Neuro-Behavioral Response to Literature: Reply to Commentaries」を読む(『Scientific Study of Literature』) »