« J.Hakemulder(2008).「Imaging What Could Happen: Effects of Taking the Role of a Character on Social Cognition」を読む(S.Zyngier,M.Bortolussi,A.Chesnokova,&J.Auracher(編),『Directions in Empirical Literary Studies: In Honor of Wille van Peer』,John Benjamins) | トップページ | S.Curtiss et al. (1973).「Language Acquisition After the Critical Period: Genie as of April, 1973」を読む(C.Corum他(編),『Papers from the Ninth Regional Meeting Chicago Linguistic Society, April 13-15, 1973』,Chicago: Chicago Linguistic Society) »

2016年5月27日 (金)

R.Lakoff(1973).「The Logic of Politeness: Or, Minding Your P's and Q's」を読む(C.Corum,T.C.Smith-Stark,& A.Weiser(編),『Papers from the Ninth Regional Meeting Chicago Linguistic Society, April 13-15, 1973』,Chicago: Chicago Linguistic Society)

Robin Lakoffによるポライトネス理論です。会話の公理とポライトネスの関係性について議論されています。現在の語用論研究の大方の立場と同様に、ポライトネスの方が会話の公理よりも上位の規則であると考えられています。

Lakoff, R. (1973). The logic of politeness: Or, minding your p's and q's. In C. Corum, T. C. Smith-Stark, & A. Weiser (Eds.), Papers from the Ninth Regional Meeting Chicago Linguistic Society, April 13-15, 1973 (pp. 292-305). Chicago: Chicago Linguistic Society.

概要

著者は、発話には統語規則や意味論的規則だけでなく、語用論的規則も関与していると主張し、その規則の素描を試みています。

まず、著者はRules of Pragmatic Competenceとして以下の2項目を挙げます。

  1. Be clear
  2. Be polite

上記1については、GriceによるRules of Convesationが関わるとしています。そして、上記2に関わる規則として次のRules of Politenessを提案しています。

  1. Don't impose
  2. Give options
  3. Make A feel good - be friendly

著者によると、Rules of Conversationは、Rules of Politenessの1の下位規則として位置づけることができると考えています(つまり、ポライトネスに関わる下位規則として位置づける)。その理由として次のように述べています。

"We can look at the rules of conversation as subcases of Rule 1: their purpose is to get the message communicated in the shortest time with the least difficulty: that is, to avoide imposition on the addressee (by wasting his time with meandering or trivia, or confusing him and making him look bad)." (p. 303)

また、特に性や排泄、所得などを話題にする際に、Rule of Politenessの1では専門用語などの使用(コノテーションや感情的要素が入りずらい客観的な表現の使用)が関わり、Rules of Politeness 2では婉曲語法が関わると述べられていました。

さらに、著者が提案するRules of Politenessはある程度の普遍性もあるとしています。ただし、それぞれの文化圏において、どのような状況で1~3のどの規則が優先されるかは異なっているとも述べていました。

加えて、ポライトネスに関わる規則は言語だけでなく、人間の行動全般にも一般化が可能であるとも述べていました。

|

« J.Hakemulder(2008).「Imaging What Could Happen: Effects of Taking the Role of a Character on Social Cognition」を読む(S.Zyngier,M.Bortolussi,A.Chesnokova,&J.Auracher(編),『Directions in Empirical Literary Studies: In Honor of Wille van Peer』,John Benjamins) | トップページ | S.Curtiss et al. (1973).「Language Acquisition After the Critical Period: Genie as of April, 1973」を読む(C.Corum他(編),『Papers from the Ninth Regional Meeting Chicago Linguistic Society, April 13-15, 1973』,Chicago: Chicago Linguistic Society) »

コメント

Lakoff, R. (1973). The logic of politeness: Or, minding your p's and q's
の論文は、どのように入手しましたか。

投稿: issei | 2017年5月14日 (日) 13時46分

大学の図書館に取り寄せてもらいました。

投稿: 管理人 | 2017年5月16日 (火) 15時59分

なるほど、ありがとうございます。インターネット上に掲載されていると思っていました。

投稿: issei | 2017年5月19日 (金) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« J.Hakemulder(2008).「Imaging What Could Happen: Effects of Taking the Role of a Character on Social Cognition」を読む(S.Zyngier,M.Bortolussi,A.Chesnokova,&J.Auracher(編),『Directions in Empirical Literary Studies: In Honor of Wille van Peer』,John Benjamins) | トップページ | S.Curtiss et al. (1973).「Language Acquisition After the Critical Period: Genie as of April, 1973」を読む(C.Corum他(編),『Papers from the Ninth Regional Meeting Chicago Linguistic Society, April 13-15, 1973』,Chicago: Chicago Linguistic Society) »