« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月28日 (火)

A.M.Jacobs(2015).「Towards a Neurocognitive Poetics Model of Literary Reading」を読む(R.M.Willems(編),『Cognitive Neuroscience of Natural Language Use』,Cambridge University Press)

著者のチームは近年、文学言語の処理に関して様々な脳科学的研究を発表しており、それらの実証的な研究結果を元に、文学読解モデルの素案を提案しています(p. 142)。

Jacobs, A. M. (2015). Towards a neurocognitive poetics model of literary reading. In R. M. Willems (Ed.), Cognitive neuroscience of natural language use (pp. 135-159). Cambridge: Cambridge University Press.

概要

この論文は主に以下の2つのパートに分かれます。

(A) これまでの読解処理研究についてのコメント

(B) 自身が提案する文学読解モデルの説明

●これまでの読解処理研究についてのコメント

著者は、これまでの読解処理研究について次のようにコメントしています。

  • embodied emotionやneural reuseの重要性が実証的に明らかにされつつある。このことはBühler(ビューラー)によって1934年に既に指摘されていたものの、あまり注目を浴びてこなかった。
  • これまでの多くの研究は読解の情意的側面や美的側面を無視した "cold" experimental reading researchが大半であるが、これからはこれらの側面を考慮した "hot" experimental reading researchが必要である
  • 先行研究によると、9歳の子供でも単語の中に美を感じ、なぜそれが美しいのかを説得力のある形で議論することができる
  • 著者らが開発したBAWL(The Berlin Affective Word List)を用いた研究によると、読者は個々の単語に対して様々な感情を感じており、言語処理において個々の語の情意面を考慮することは必要不可欠であると言える

●自身が提案する文学読解モデルの説明

次に、著者が示す文学読解モデルの説明がなされます。このモデルは、認知心理学で言うところのdual-process modelやdual-route modelと言われるものの部類に属すそうです。ただし、まだ仮説的であり(実証研究の数が絶対的に足りていないため)、以下のような制限があるモデルとなっています。

"Strongly simplyfying, the model focuses on "on-line" aspects of literary reading, restricting itself to the microstructure of texts: short moments of reading sentences or passages which last from seconds to minutes and lie within the capacity of working memory. Other meso- or macroscopic aspects like the internal structure of a poem or the link between different episodes of a novel which concern reading activities of several hours or days are left aside." (p. 144)

このモデルの全体像はp. 142に示されていますが、大きな特徴として以下の点があります。

  1. "in the model I assume that competent readers use their experience, knowedge, and motivation to make genre-specific text choices and accordingly take a reading perspective which co-determines their reading mode/behavior." (p. 145)
  2. 文学読解はシミュレーションである:the simulation hypothesis = "suggesting a constructive simulation of what migh have happened when the events depicted in a text are believed to be fictious" (p. 146)
  3. 多くの研究は、前景化された情報(foregrounding)の処理ばかりを気にしているが、それは背景情報(backgrounding)の処理に支えられている。このモデルでは、backgroundingの処理とforegroundingの処理の両方を考慮したモデルとなっている。

上記3点目は、これまでの文学の経験的研究全体に当てはまる大きな問題点であると思われます。この指摘は極めて重要であると思います。著者は、前景化と背景の処理に関して、次のように解説しています。

"The central hypothesis distinguishes background effects from foreground effects at all three levels of description [=neuronal, affective-cognitive and behavioral]. In its simplest, extreme (i.e., categorical) version, the model postulates that background elements are implicitly processed mainly by the left hemisphere (LH) reading network, evoke non-aesthetic (fiction) feelings, and are characterized by fluent reading (e.g., high words per minute (wpm) rates) and low affect ratings (Miall and Kuiken, 1994). In turn, foreground elements are explicitly processed involving more RH networks, produce aesthetic feelings, a slower reading rate, and higher affect ratings. Background reading is hypothesized to facilitate immersive processes (transportation, absorption), while foreground reading can produce aesthetic feelings. As a starting point this extreme, black-and-white version has the merit of being easily falsified allowing revisions while the few but increasing neurocognitive studies on literary reading publish their results." (p. 147, square brackets added by the author of this blog)

また、背景情報の処理の重要なポイントとして、以下の2点が指摘されています。

  • "Besides feelings of familiarity, tension, or suspense, the identification of the reader with the protagonist or other characters of a novel is assumed to facilitate immersive processes." (p. 150)
  • ネガティブな内容の作品の方が、読者の作品世界へのimmersionが生じやすい(p. 151)

前景化情報の処理に関しては、次の2点が指摘されています。

  • Fitch他(2009)が "aesthetic experiences follow a three-phasic dynamics of (i) implicit recognition of familiar elements, (ii) surprise, ambiguity, and tension elicited by unfamiliar (i.e., foregrounded) elements, and (iii) resolution of the created tension" (p. 151) と述べているが、Iser (1976) の議論に基づき、"in this model I assume the third phase of the aesthetic trajectory is never really completed, but always open to new interpretations and reflections" (p. 151) と考える。
  • 異化表現は読者の注意を引きつけるが、そのタイプによって、脳内のどのような部位が賦活するかが異なる。

著者はもともと2011年にドイツ語でこの論文のベースとなるモデルを発表していますが、自身のグループが行ってきた実証的研究によって、the lateralization assumption(背景情報の処理は左脳、前景化された情報の処理は右脳という仮定)と "the hypothesis that immersive and aesthetic processes exclude or inhibit each other" (p. 153) は修正の必要が出てきたとのことです。

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

M.A.K.Halliday(1971).「Linguistic Function and Literary Style: An Inquiry into the Language of William Golding's The Inheritors」を読む(S.Chatman(編),『Literary Style: A Symposium』,Oxford University Press)

再読になります。機能文法の枠組みから、特にsyntactic imageryに着目して、William GoldingのThe Inheritorsが分析されています。言語学が文学分析に有益に寄与することを示す論文として、文体論では頻繁に引用されます。機能文法の背景知識がないと、少し読むのが難しいかもしれません。

Halliday, M. A. K. (1971). Linguistic function and literary style: An inquiry into the language of William Golding's The Inheritors. In S. Chatman (Ed.), Literary style: A symposium (pp. 330-365). Oxford: Oxford University Press.

概要

この論文は、大まかに以下の2つのパートからなります。

(A) 機能文法に基づいた文学言語の分析方法(理論的枠組)の整理

(B) The Inheritorsの分析結果の報告

●機能文法に基づいた文学言語の分析方法(理論的枠組)の整理

著者は、観念構成的機能、対人的機能、テクスト形成的機能の3つのメタ機能について説明した後、以下の点を重要な点として指摘します。

  1. 3つのメタ機能はお互いに密接に絡み合っているということを認めた上で文体という現象を捉える必要がある(また、1つの構成要素が複数のメタ機能を担っていることも認める必要がある)
  2. 逸脱と規範は1つの言語現象の異なる見方に過ぎない。したがって、これらの用語を使うことを避けて、prominenceという語を用いた方がよい。
  3. 特定の表現が前景化されるのは、それがテクスト全体の意味と関連する場合のみであり、文学言語の分析にとって意味論的観点は極めて重要である(機能文法は、言語を意味論的可能性(meaning potential)と考えています)
  4. 前景化は非文法性と直結して結び付けられるべきではない。むしろ統計的に特定の要素が読者の期待よりも多く(または少なく)出現する偏り(deflection = "departures from some expected pattern of frequency" (p. 340))として捉えるべきである。
  5. 非文法的な要素も文学作品に含まれていることは事実であるが、それらは重要でないことが多い
  6. 文体論では、主題を初めとして、作品のあらゆる意味論的レベルとの関係で言語を分析しなければならない
  7. 統語は物の見方を表しており、意味論的選択の産物とみなさなければならない(統語自体を意味的に捉えなければならない)

なお、著者は上記7点目に関して、特にThe Inheritorsに関しては、後の記述からも分かるように、"the syntax is part of the story" (p. 360)と述べています。

The Inheritorsの分析結果の報告

この作品は、ネアンデルタール人の視点を通した描写(著者はLanguage Aと呼んでいます)から、ネアンデルタール人Lokによる新人類の観察(著者はLanguage Bと呼んでいます)を通して、最終的に新人類の視点による描写(著者はLanguage Cと呼んでいます)へと変化します。著者は、この過程で統語の使用に関して大きな変化が起こっていると指摘します。

著者はLanguage Aでは、ネアンデルタール人は外部に対して影響力を与えることがなく(他動性が少ない)、動かそうとしても自分しか動かせていないということを指摘します。このことはネアンデルタール人の認知能力の限界を反映しており、その限界に応じた統語使用がなされています。この記事では省略しますが、pp. 352-354にLanguage Aの統語的特徴が整理されています。

Language Bでは、Lokが新人類の見慣れない物や出来事を記述しようとする中で、徐々に他動的な表現が増えていきます(ただし、あくまでもLokの視点であるため、その他動性には限界があり、次のLanguage Cになって初めて私たち読者が見慣れている程度の他動性が現れます)。ただし、一時、Language Aに退行する場面もあるとのことです。この部分の詳細な分析結果はpp. 354-356で整理されています。

最後にLanguage Cで、他動性の拡大が指摘されています。詳細な分析はpp. 357-358に整理されています。

著者はこの分析を次のようにまとめています。

"The establishment of a syntactic norm (for this is what it is) is thus a way of expressing one of the levels of meaning of the work: the fact that a particular pattern constitutes a norm is the meaning. The features that we have seen to be foregrounded in The Inheritors derive from the ideational component in the language system; hence they represent, at the level at which they constitute a norm, a world-view, a structuring of experience that is significant because there is no a priori reason why the experience should have been structured in this way rather than in another. More particularly, the foregrounded features were selections in transitivity. Transitivity is the set of options whereby the speaker encodes his experience of the processes of the external world, and of the internal world of his own consciousness, together with the participants in these processes and their attendant circumstances; and it embodies a very basic distinction of processes into two types, those that are regarded as due to an external cause, an agency other than the person or object involved, and those that are not. There are, in addition, many further categories and subtypes. Transitivity is really the cornerstone of the semantic organization of experience; and it is at one level what The Inheritors is about. The theme of the entire novel, in a sense, is transitivity: man's interpretation of his experience of the world, his understanding of its processes and of his own participation in them. This is the motivation for Golding's syntactic originality; it is because of this that the syntax is effective as a "mode of meaning." The particular transitivity patterns that stand out in the text contribute to the artistic whole through the functional significance, in the language system, of the semantic options which they express." (p. 359, emphasis in original)

著者は、一般には難しいとされている、散文作品全体の言語を対象とした研究を行うことができたという点でも、この研究は意義があったと考えています(p. 358)。

最後に、この論文ではLanguage A, B, Cのパッセージが付録として収録されています(pp. 360-362)。また、著者がこの論文の元となった口頭発表を行った際のQ&Aも収録されています(pp. 365-368)。

| | コメント (0)

2015年7月23日 (木)

D.S.Miall(2011).「Enacting the Other: Towards an Aesthetics of Feeling in Literary Reading」を読む(E.Schellekens&P.Goldie(編),『The Aesthetic Mind: Philosophy and Psychology』,Oxford University Press)

心の理論、さらにはミラーニューロンを議論の中心として、文学読解において情意及び身体の重要性を整理しています。

Miall, D. S. (2011). Enacting the other: Towards an aesthetics of feeling in literary reading. In E. Schellekens & P. Goldie (Eds.), The aesthetic mind: Philosophy and psychology (pp. 285-298). Oxford: Oxford University Press.

概要

著者は、文学読解の情意面に関する先行研究から、以下の3点をその重要なポイントとして指摘します。

  1. 共感は、虚構を現実のものと思い込むことをしなくても生起する
  2. 読者は登場人物の感情と同じ感情を感じることができる一方で、登場人物が意識していないような異なる感情を経験することもできる
  3. 生起した感情は、読者にシュミレーションや様々な動的処理(創造的または想像的構築)を誘導する

次に、読者の身体が文学読解に重要に関わっているという点を指摘し、このことを支持する先行研究が紹介されています。著者は以下のように述べています。

"understanding of language is typically embodied: for example, sentences that describe action evoke a resonance in the premotor and motor cortex, and a motor potential in the limb or other body part, although action itself is inhibited. ... These studies suggest that a range of bodily and affective responses are evoked during the act of reading, that the situation models we create to represent the characters and events we are reading about are richer, more sensuous, and more concrete than the largely abstract, amodal conceptions envisaged by the earlier work in discourse processing." (pp. 290-291)

"A preliminary account of empathy, in the context of these and similar findings, would suggest that descriptions of bodily movements are felt immediately in the reader's own body; that abstract events that are modeled on a sensory mode are also represented bodily; that character descriptions are adopted by the reader as though they described the self, with consequent bodily feelings; and that bodily feelings may then resonate with the reader's episodic memories and other meaning structures from the reader's own experience and understanding, perhaps evoking further feelings in turn (although the question remains how much of this felt experience reaches consciousness during normal reading)." (p. 291)

そして、文学読解と読者の身体との関わりを引き起こしているものとして、ミラーニューロンが紹介されます。ミラーニューロンについて以下の3点が重要点として指摘されています。

  1. "The role of mirror neurons has primarily been held to enable us to simulate the minds of others, whether the other is observed or only imagined" (p. 291)
  2. "mirror neurons suggest that an action or feeling, at least during the first few hundred milliseconds, is understood independently of agency. This provides an important new perspective on empathy that may play a roke in reader's response to narrative: a reader's sense (albeit fleeting) of a given feeling as prototypical and without avency." (p. 292)
  3. "if cognitive mediation occurs only later, mirror neuron feelings suggest that processing during reading is immediate in experiential terms, activating both feeling and motor systems and, probably, other bodily responses such as kinesthetic functioning, muscle tension, heart rate, and breathing." (p. 292)

そして、特に自身が実際に行った研究をもとに、身体的、情意的側面がいかに文学読解に重要であるのかということを示していきます。ただし、"Whether this combination of more active feeling and bodily implication is characteristic of literary readers, or only of some types of reader or some types of text, we have not yet investigated systematically." (p. 294) とも述べています。

また、著者は、読者は世界に関してそもそもアニミズム的に考える傾向があると指摘し、このことが感情移入といった現象を引き起こしていると考えています。著者は以下のように述べています。

"The mirror system thus not only represents within 200-300 msec the stance, feelings, and (possibly) the intentions of another human being through an immediate resonance within the motor system, kinesthetic and other bodily responses. The same system, although perhaps less powerfully, also enables us to represent the disposition of an animal, an insect, or a tree; and does so, we must recall, ahead of the conscious, cognitive response to an unfolding event." (p. 295)

最後に、著者はこの論文の要点を以下のようにまとめていました。

"In conclusion I have suggested that to understand literary reading and the role of empathy in particular, an enactive account involving the body is required - enactive, given that the human mirror neuron system appears to simulate in our motor systems and feelings the events, objects, actions, and emotions that we encounter while we read. In this bodily sense (resonance in the motor system, the dynamics of feelings, etc.), the mirror neuron system puts the action on stage, as it were, making us bodily participants in what we read; literary reading in particular, as I have suggested, then tends to complicate our response, introducing conflicts, ambiguities, and the like, which serve to modifyu our understanding (and perhaps by recursive processes modifying our physiological respnses as well). The animist claim that I mentioned in relation to Wordsworth's writing is perhaps only a more comprehensive perspective on a participatory response exemplified in much of our literary reading - whenever we become absorbed, experience empathy, or feel the body resonating with affinities to what we read." (p. 296)

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

K.Riese,M.Bayer,G.Lauer,&A.Schacht(2014).「In the Eye of the Recipient: Pupillary Response to Suspense in Literary Classics」を読む(『Scientific Study of Literature』)

作品中のplot suspenseが聞き手に与える影響について、主に事後アンケートと文章処理中の瞳孔の大きさを元に調査がされています(物語を読む最中ではなく、聞いている最中の処理が調査されています)。母語による研究で、plot suspenseの程度が高いテクストと低いテクストの処理が比較されています(suspenseが高いかどうかは、大人数の調査参加者に対して行った予備調査で確認がされています)。

Riese, K., Mayer, M., Lauer, G., & Schacht, A. (2014). In the eye of the recipient: Pupillary response to suspense in literary classics. Scientific Study of Literature, 4 (2), 211-232.

概要

著者らは、suspenseは物語において重要な要素であり、さらにその情意的側面は特に重要であることを確認します。そして、suspenseの情意的側面を説明しようとしたモデルをいくつか紹介しています。

詳しい調査結果はここでは省略し、この論文で示された主な結果のみをまとめておきます。

  1. suspenseが高い部分では瞳孔が開く傾向がある
  2. suspenseの程度が高いテクストではemotional involvementが高くなるが、cognitive accessibilityはsuspenseの程度が低いテクストと違いは見られない

また、2つのテクストの間でidentificationに関する質問項目の結果に違いがなかったことから、読者は登場人物の立場に立つことなく感情を生起することができるようであると指摘されていました。

著者は、事後アンケートでは処理した刺激全体に調査参加者の意識が反映されたデータしか収集できないのに対して、瞳孔の大きさはオンラインで調査参加者の変化を観察することができるとしています。調査参加者はこれら2つの調査法を組み合わせた研究の有効性も提示できたと述べています。

なお、この調査では相関分析がなされているのですが、かなり小さな相関(効果量で言えば小のレベルのもの)をもとに議論しているため、少し注意が必要な部分があるかと思います。

| | コメント (0)

N.Chomsky(1961).「Some Methodological Remarks on Generative Grammar」を読む(『Word』)

再読になります。文体論の領域で比較的よく引用される論文で、文法性や逸脱の問題が議論されています。著者は、逸脱文をまず非逸脱文(完全に文法的な文)と明確に区別した上で、逸脱文の逸脱度合い(文法性の程度)も明確に区分することが必要であると述べています。

Chomsky, N. (1961). Some methodological remarks on generative grammar. Word, 17 (2), 219-239.

概要

著者は、まず生成文法の基本的なスタンスとして、dataとfactsの区別、話者の能力を説明する必要性、母語話者の直観に頼った研究法、少ないシンプルで体系的な規則で多くのデータを説明する必要性、意味論に基づいて文法性を考えることの問題点(Bolingerの研究への批判)、について触れます。

また、生成文法への批判的コメントとして、Hill (1961) と Jakobson (1959) が取り上げられ、これらの研究の問題点が指摘されています。なお、Jakobson (1959) では、grammaticalityということが問題となっており、著者はこの論文への批判を発展させる形で、生成文法が目指すdegree of grammaticalnessの研究はどのようなものであるべきかを議論しています。

Jakobson (1959) は、 "golf plays John." という文と "John plays golf." という文を比較しました。著者は、Jakobsonは前者も完全に使用可能な文であることを指摘した点では問題はなかったが、前者もそれゆえに後者同様に完全に文法的な文であると結論づけた点は問題であると指摘しています。著者によると、前者のような文では言語使用者は次のような操作が必要になります。

"Given a grammatically deviant utterance, we attempt to impose an interpretation on it, exploiting whatever features of grammatical structure it preserves and whatever analogies we can construct with perfectly well-formed utterances." (p. 234)

"The former is a perspicuous utterance precisely because of the series of steps that we must take in interpreting it - a series of steps that is initiated by the recognition that this phrase deviates from a certain grammatical rule of English, in this case, a selectional rule that determines the grammatical categories of the subject and object of the verb "play." No such steps are necessary in the case of the nondeviant (and uninteresting) "John plays golf"." (pp. 234-235)

そこで、著者は生成文法の中にdegree of grammaticalnessを説明するための枠組みを用意する必要があると述べます。著者は少なくとも、a year ago (何の問題もなく理解できる、完全に文法的な例)、a the ago(文法規則に従っていない例)、a grief ago(文法的な文からの類推などによって解釈が必要となる例)の3つの文法性レベルは区別する必要があると考えています。そして、そのためには、文法記述をいくつかの言語学的レベルで行えるような体制にし、所定の文がどのように逸脱をしているか示すことができるようにすることが必要だと述べています。p. 236に示されている素案では、"misery loves company." という文は次のように分析されることになります。

  • 第1レベル:「語-語-語」という連鎖
  • 第2レベル:「名詞-動詞-名詞」という連鎖
  • 第3レベル:「抽象名詞-生物主語を必要とする動詞-抽象名詞」という連鎖

したがって、この文は第3レベルにおいて逸脱をしていると判定されることとなります。

文体論等でこの論文を引用する際には、この論文のスタンスを十分に理解しておくことが必要です。

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

J.Culpeper(1996).「Towards an Anatomy of Impoliteness」を読む(『Journal of Pragmatics』)

impolitenessの領域を最初に本格的に切り開いた論文です。impoliteness super strategyのリストが示されています。

Culpeper, J. (1996). Towards an anatomy of impoliteness. Journal of Pragmatics, 25 (3), 349-367.

概要

著者はまずimpolitenessに関して、ある行為が丁寧になるか無礼になるかは文脈によること、mock impoliteness(見かけだけのimpoliteness)という言語使用もあること、を指摘します。そして、どのような時に言語行為が無礼になるのかということをやや記述的に説明しています。

次にimpolitenessのsuper strategyとして以下の5つを説明しています。

  1. Bald on record impoliteness
  2. Positive impoliteness
  3. Negative impoliteness
  4. Sarcasm or mock politeness
  5. Withhold impoliteness

positive impolitenessとnegative impolitenessに関しては、下位方略も列挙されています(ただし、この論文で挙げられているものがすべてではないと著者は述べています)。

次に、軍隊における新兵の訓練を取材したドキュメンタリー番組から、上官に新兵が叱責される場面(パワーバランスが大きい場面)を取り上げ、その中で多種多様なimpoliteness strategyが上官によって用いられている様子が記述されています。さらに、Macbethを取り上げ、impolitenessの使用が物語の展開に重要な役割を果たしていることが示されていました。

また、論文の中で、短期的なimpolitenessの使用により長期的なpolitenessの実現を可能にする場合もあるということが指摘されており(Macbethの作品でもそのような場面が選択されています)、非常に面白いと思いました。

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

M.Teranishi,A.Saito,K.Sakamoto、&M.Nasu(2012).「The Role of Stylistics in Japan:A Pedagogical Stylistics」を読む(『Language and Literature』)

文体論が日本の言語教育と文学研究でどのような働きを担ってきたのかが整理されています。

Teranishi, M., Saito, A., Sakamoto, K., & Nasu, M. (2012). The role of stylistics in Japan: A Pedagogical perspective. Language and Literature, 21 (2), 226-244.

概要

(A) 言語教育と文体論

(B) 文学批評と文体論

(C)文体論の応用として期待される領域

●言語教育と文体論

著者らはまず日本の英語教育における文学の位置づけの変遷について整理します。工学部生対象の授業であってもマクベスが使用されたような時代もあった一方で(1950年頃)、コミュニケーション重視の英語教育政策や学習語彙の制限等により徐々に文学作品を扱うことが難しくなっていった状況がまとめられています。そのような中で、豊田先生による文体論の紹介や多読の推進により、決して物語は日本の英語教育から消えず、初級の学習者であっても物語に触れる機会があることも指摘されています。

また、PISAに触れながら、国語教育についても整理がされています。このテスト結果では、印象に基づいた読解が行われすぎていること(分析的読解や批判的読解の弱さ)が問題視されています。しかし、最近の国語教育では文学作品を使って論理的、分析的、批判的な読解力を身に着けさせようという実践も出てきているようで、特に先人教師の優れた国語教育実践から学ぼうとする動きがあるようです。著者らは、英語教育も優れた国語教育実践から学ぶべきであると考えています。

さらに、戯曲の台本の編集や協同翻訳(複数の人で協力しながら行う翻訳)も有用な言語活動として外国語教育の中で利用できると著者らは考えています。実際に、プロの役者や翻訳家であったとしても、編集や翻訳を通して作品の理解を深めることが多々あると述べられています。

●文学批評と文体論

著者らは、1950年からの日本独自の文体論の発展について触れた後、1980年以降海外のどのような文体論研究が日本の文学批評に影響を与えてきたかを整理しています。そして、日本人が行ってきたフィクションの文体論研究が紹介されています。

●文体論の応用として期待される領域

著者らは、まず日本語での自由間接話法の分析に期待をしています。そもそも日本語では自由間接話法はあまり多くはないのですが、それでも三島由紀夫の作品などではこの話法の理解が重要になると著者らは考えています。文体論はその理解を助けることが期待されています。

また、比較文学を通した外国語教育活動にも期待がされています。この論文では、英語詩と俳句を比較し、その比喩の使い方に関して、"while patterns are the guide for connotations in English poems, word connotation is the key to meaning in haiku." (p. 238)ということを理解させた上で、日本語の俳句で作者が伝えようとしていた事柄を英語詩で表現するという活動が提案されています。このような活動は形式と内容に注意を払わせ、文体の感覚を磨かせ、学習意欲を高めることが期待されるとしています。

| | コメント (0)

2015年7月10日 (金)

M.C.Green&T.C.Brock(2000).「The Role of Transportation in the Persuasiveness of Public Narratives」を読む(『Journal of Personality and Social Psychology』)

著者は、心理学の領域では、persuasionに関して、弁論メッセージによるものが主な研究対象となり、物語によるものはほとんど研究されていないと指摘します。しかしながら、世の中は物語にあふれており、これらによるpersuasionも頻繁に生じています。著者らは、transportationという考え方に基づき、物語によるpersuasionの強力さを緻密な実験計画により明らかにしています(4つの実験が行われています)。なお、この論文では、物語の読み方に関する習慣をたずねる質問紙として、Transportation Scaleというものが用いられています。似たような質問紙として、Miall  & Kuiken (1995) のLiterary Response Questionnaireがありますが、今回の質問紙は項目数が少ないため、調査では使いやすいと感じました。

Green, M. C., & Brock, T. C. (2000). The role of transportation in the persuasiveness of public narratives. Journal of Personality and Social Psychology, 79 (5), 701-721.

概要

著者らは、transportationに関して次のように定義づけています。

"we conceived of transportation as a convergent process, where all mental systems and capacities become focused on events occurring in the narrative. The first consequence of transportation is that parts of the world of origin become inaccessible. In other words, the reader loses access to some real-world facts in favor of accepting the narrative world that the author has created. This loss of access may occur on a physical level - a transported reader may not notice others entering the room, for example - or, more importantly, on a psychological level, a subjective distancing from reality. While the person is immersed in the story, he or she may be less aware of real-world facts that contradict assertions made in the narrative. ... Beyond loss of access to real-world facts, transported readers may experience strong emotions and motivations, even when they know the events in the story are not real. ... A third consedquence is that people return from being transported somewhat changed by the experience." (pp. 701-702)

この論文の主な結果は次の通りです。

  1. 物語にははっきりとpersuasionが示されていないにもかかわらず、読者はbelief-changeやattitude-changeを引き起こす
  2. transportationの度合いが高い調査参加者ほど物語の登場人物のことが好きになり(それゆえに登場人物によって表現される感情や信念に影響を受ける)、作品内での記述も正しいと感じる(疑問や疑念を抱かない)
  3. 物語がフィクションであるということを強調されてもなお、読者はbelief-changeを引き起こす(ノンフィクションであると告げられた場合とフィクションであると告げられた場合で、このことに関して結果に違いは見られなかった)
  4. 一般に心理言語学研究でよく問題とされているcognitive elaborationとtransportationは関連性がない
  5. transportationは否定的な内容(不幸な結末の物語)の作品の方が強く生じやすいが、肯定的な内容(幸せな結末の物語)でも十分に生じる
  6. 物語の力は強力であり、外的にtransportationを引き起こしにくくしようとしても、物語の力の方がそれらの外的操作を上回ってしまう傾向がある。しかし、それでも実験4では外的操作によってtransportationの度合いを下げ、結果として物語と一貫した信念を持つことを少しだけ妨げることができた。

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

J.Culpeper,D.Bousfield,&A.Wichmann(2003).「Impoliteness Revisited: With Special Reference to Dynamic and Prosidic Aspects」を読む(『Journal of Pragmatics』)

インポライトネスの理論の必要性について議論を整理した後、これまでの研究を発展させるために、談話の中でどのようにインポライトネス・ストラテジーが用いられているのか、この現象にどのようにプロソディーが随伴するのか、ということを、BBCのThe Clampersというドキュメンタリー番組の中の発話をデータに分析がされています。

Culpeper, J., Bousfield, D., & Wichmann, A. (2003). Impoliteness revisited: With special reference to dynamic and prosodic aspects. Journal of Pragmatics, 35 (10-11), 1545-1579.

概要

ポライトネス研究では、インポライトネスは "bald on record" というポライトネス・ストラテジーとの関係で議論されることが伝統的には多かったそうですが、著者らはこの考えは間違いであり、独自の枠組みが必要であると主張します(特にこのポライトネス・ストラテジーはdirectnessをそのキー概念と考えていますが、「インポライトネス=direct」というわけではありません)。著者らは、インポライトネスの概念について説明した後、5つのインポライトネス・ストラテジー(Bald on record impoliteness、positive impoliteness、negative impoliteness、sarcasm or mock politeness、withhold politeness)について今回分析の対象としているデータから該当する例を取り上げていきます。また、Culpeper (1996) では軍隊の談話がデータとして取り上げられていますが、今回のデータでは前回見られなかった、challengeというnegative impolitenessの1下位ストラテジーが確認されたとのことです。

次に談話の中でインポライトネスという現象を取り上げることの必要性が議論されます。著者らは、同じ方略が反復されたり、異なる方略が混合して用いられることがあることをまず認識することが必要であると述べます。次に、インポライトネスを発せられた人がどのように反応するのかというところも踏まえた上でこの現象を考察する必要があることも指摘します。この記事では省略しますが、インポライトネスに対する聞き手の反応のオプションがp. 1563に図式化されています。さらに、インポライトネスの典型的な応酬例として、offensive-offensiveのパターン、offensive-defensiveのパターンが記述されています。前者の例として、conflict spirals、後者の例として、direct contradiction、opt out on record、insincere agreement、ignore the implied face attack、というサブパターンが示されていました。

最後に、インポライトネスに対してどのようにプロソディーが伴っているのか分析がされています。著者らは、この領域はあまり研究がされていないものの、非常に重要であると考えています。著者らはnegative impolitenessのパターンとして、hinder linguistically、threaten、invade auditory space、というパターンを提示しています(詳細は割愛します)。また、positive impolitenessに関しては、deny common ground or disassociate from the otherというパターンが示されています。著者らはプロソディーはインポライトネスに非常に重要な形で関連しているとまとめています(省略しますが、p. 1575に要点がまとめられています)。

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

G.Watson(2012).「Pragmatic Acts of Love」を読む(『Language and Literature』)

1920年から50年の時期に女性シンガーによって歌われたブルースの歌詞がSearleの発語行為の枠組みに基づいて分析されています。考察の部分では、この時期の10年ごとの変化も分析されています。

Watson, G. (2012). Pragmatic acts of love. Language and Literature, 21 (2), 150-169.

概要

この時代は作詞家もはっきりとはしていない場合が多く、必ずしも女性が作成した詞ではないとしながらも、女性が歌うことを選んだという点を重視して、女性シンガーが愛についてどのように読み手や聞き手に語りかけているのか、語用論的に分析が行われています。

著者は、サールの5つの発語行為の枠組みを分析に用いていますが、declarativeに関しては、"any declarations to be found within lyrics would be infelicitous. One cannot perform a declaration through the lyrics of a song." (p. 155) という理由から、分析の対象外としています。また、directive(questions、requests、orders、wishes)、commissive(promises、intentions、threats)、expressive(thanks、apologies)に関しては、括弧内のような下位項目を設けて分析をしています(assertiveに関しては特に下位項目は設けられませんでしたが、様々な形で下位項目を設けて分析すれば、興味深い結果が得られると著者は考えていますし、実際にその手始めのような分析を披露しています)。また、expressiveに関してはほとんどデータがなかったことから、考察の部分では除外されています。

主な結果は以下の通りです。

  1. assertiveが圧倒的に多く使用され、directive、commissiveという順に多く用いられていた
  2. directiveの中ではordersが最も多く用いられていた
  3. commissiveの中では、threatsが最も多く用いられていたが、時代が経つにつれてその使用は減少し、promisesが増えてきた(ブルースの歌詞の文体が変化したことを示唆)

非常に面白い視点の研究だと思いました。なお、この領域に関する研究は少ないようですが、重要な先行研究として、Watson (2006)、Kuhn (1999) があるとのことです。

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

L.Piasecka(2013).「Blending Literature and Foreign Language Learning: Current Approaches」を読む(D.Gabryś-Barker,E.Piechurska-Kuciel,&J.Zybert(編),『Investigations in Teaching and Learning Languages: Studies in Honour of Hanna Komorowska』,Springer)

ポーランドでの状況を念頭におきながら、文学を使った英語教育研究に関して論点がまとめられています。特に教員養成の中で文学教材の使用法について扱うことの重要性が強調されています。

Piasecka, L. (2013). Blending literature and foreign language learning: Current approaches. In D. Gabryś-Barker, E. Piechurska-Kuciel, & J. Zybert (Eds.), Investigations in teaching and learning languages: Studies in honour of Hanna Komorowska (pp. 217-232). New York: Springer.

概要

この論文で述べられていた内容は次の通りです。

(A) 言語と文学の統合を推奨する動き

(B) 外国語教育における文学の立ち位置の変遷

(C) 文学と外国語学習を統合する意義

(D) 教員養成の中で文学教材の指導法を扱う必要性

●言語と文学の統合を推奨する動き

著者によると、近年言語と文学研究を結び付けようという動きが盛んになってきています。このことは、近年の次のような状況に後押しされていると著者は考えています。

"In the globalised world with an increased human mobility rates and almost unlimited access to information sources through the Internet, there is a growing need to understand one's own place in life, the roots of one's identity as well as relations with other people using various languages and living in various culture. This understanding develops, among other things, through reading various texts, literary texts included." (p. 218)

文学と言語は長年切り離されて考えられてきましたが、CEFRやMLAなども文学と言語の統合を推奨していると著者は指摘しています(pp. 218-219)。

●外国語教育における文学の立ち位置の変遷

著者は、アメリカでの動向をKramsch & Kramsch (2000) を要約する形でまとめています。また、著者の学習者及び教師としての経験に基づいて、ポーランドでの動向をまとめ、アメリカと同様な変遷を確認しています。

●文学と外国語教育を統合する意義

著者は様々な先行研究に言及しながら、以下のようにまとめています。

"Learners working with literary texts focus both on linguistic form and meaning, and so they become more aware of language and sensitive to various forms of expression. They are exposed to rich and meaningful input that can facilitate language learning. Within the social context of language use they are able to develop individual and unique interpretations of texts as whole human beings who think and who feel. They develop literacy, analytical, critical and reflective skills. They can access and understand other cultures as well as their own within a broader multicultural framework." (pp. 225-226)

また、著者は関連する実証研究を次のようにまとめています。

"The few studies briefly reported above imply that using literary texts in formal educational settings, in the presence of the teacher who can provide necessary support, may result in language improvement. If students are to interact more with other students, engaging in the cultural interpretation of meanings (i.e. interpretive mode),  they need teachers who notice their linguistic needs, but who can also direct their attention to making meaning on the basis of the text. They also need teachers who prepare  tasks with a clear purpose and who are ready to help them with the task." (p. 227)

また、学習者と教師が文学や文学を使った外国語教育に対してどのような意識を持っているのかということもこのようなアプローチが成功するかどうかに大きく影響を与えると著者は考えています。

●教員養成の中で文学教材の指導法を扱う必要性

著者は、教員養成コースに所属する学習者は、文学の教育に関して、教師主導の一方的な知識の伝達というイメージや経験しか持っていないため、"The prospective teachers need to realise that reading literature may be rewarding and enjoyable and, just like in the native language, it can be done at any age, provided the texts are suitable for the learner's cognitive, affective and linguistic abilities." (p. 228) と述べています。そして、教員養成の中で、文章を経験的に読む練習、様々な文学ジャンルの認識、学習者主体のタスクをデザインする方法、について学ぶことが必要であると主張しています。この点は日本の教員養成にも大きく当てはまると思います。

| | コメント (0)

河正一(2014).「インポライトネスにおけるフェイス侵害行為の考察」を読む(『地域政策研究』,高崎経済大学地域政策学会)

インポライトネスについて非常に深く体系的に考察がされています。

河正一(2014).「インポライトネスにおけるフェイス侵害行為の考察」.『地域政策研究』(高崎経済大学地域政策学会),17 (1),93-116.

概要

著者はまずCulpeperやBousfieldによるインポライトネス・ストラテジーを整理します。しかし、これらの研究はフェイス概念についての考察が不十分であることを指摘し、「相互行為における互いの行為者が打ち出した社会的価値としてのフェイス」として捉え直すことを提案します。そして、ポライトネスとインポライトネスの関連性について検討し、その関係を図式化しています(p. 103)。この図式化は非常に分かりやすく、また体系的であると感じました。また、認知語用論とプロトタイプ理論を援用し、フェイス侵害行為のプロトタイプとして、「不利益表明」、「否定的評価表明」、「自己顕示型表明」を抽出しています。各プロトタイプの主要な拡張関係が例示されています。「不利益表明」プロトタイプからは、「脅迫する」拡張、「命令する」拡張、「攻撃する」拡張、「欺く」拡張、が導かれています。「否定的評価表明」プロトタイプからは、「疑う」拡張、「指摘する」拡張、「反対する」拡張、「拒否する」拡張、「怒る」拡張、が導かれました。「自己顕示型表明」プロトタイプからは、「自慢する」拡張、「主張する」拡張、「侮辱する」拡張が導かれました。

最後に、著者は自身の分析とCulpeperやBousfieldの研究とを比較し、これまでのインポライトネス研究では、「不利益表明」プロトタイプからの「欺く」拡張と「否定的評価表明」プロトタイプからの「疑う」拡張がカバーされていないことが指摘されていました。

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

C.Hsu,A.M.Jacobs,&M.Conrad(2015).「Can Harry Potter Still Put a Spell on Us in a Second Language? An fMRI Study on Reading Emotion-Laden Literature in Late Bilinguals」を読む(『Cortex』)

CEFRで言うところのB2のレベルの英語力を持つドイツ人母語話者が、ドイツ語と英語の両方でハリーポッターシリーズの抜粋を読む際の脳の活動の違いが調査されています。また、幸せを帯びているシーン、恐怖感を帯びているシーン、感情的に中性的なシーンが選択され、感情の違いによる脳の賦活も調査されています。

Hsu, C., Jacobs, A. M., & Conrad, M. (2015). Can Harry Potter still put a spell on us in a second language? An fMRI study on reading emotion-laden literature in late bilinguals. Cortex, 63, 282-295.

概要

この研究では以下のような結果が示されています。

  1. 扁桃体はL1でより強く賦活し、前島はL2でより強く賦活した
  2. 情意的な文学作品の処理では、感情を中心的に扱う部位(扁桃体)だけでなく、文章処理、高次の意味処理、心の理論、が関わる箇所も賦活する(具体的な部位については、p. 291をご参照ください)
  3. 幸福感はL1でより強く感じられるようであり、左後中心回と両側の扁桃体の強い賦活が関係しているようである(L2ではこれらの部位の賦活がL1に比べて弱くなる)
  4. 外国語では、人はより体系的な処理に依存し、直感的処理や情意的処理が弱くなるようである
  5. L1の方が感情に応じた脳内処理がなされている

また、今回はドイツ語の処理と英語の処理を比較しており、文字と音韻の対応具合の違いとの関係で、L1での方がL2よりも両側の視覚野が強く賦活したという結果も示されています(詳しくはpp. 290-291)。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »