« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

D.Hanauer(1997).「Reading Literature and the World of Multiliteracies」を読む(『SPIEL』)

以前とは違い、現在では人は"multiplicity of multi-lingual, multi-cultural and multi-medium genre" (p. 152) の中に生きています。著者は、マルチリテラシーを育成するL1教育の中で文学作品読解は中心的な役割を担うことができると主張しています。短い論文ではありますが、重要な指摘がちりばめられています。

Hanauer, D. (1997). Reading literature and the world of multiliteracies. SPIEL, 16 (1), 152-155.

概要

まず、著者は既存の知識を伝達すること(knowledge telling)と既存の知識を変えていくこと(knowledge transforming)を区別し、現在では後者の重要性が高まっていると指摘します。その上で、リテラシー教育における文学作品の有用性として次の点を指摘しています。

  1. 文学作品は、学習者をknowledge transformerに育成することを助ける。
  2. 近年現れてきた新しいジャンルのテクストでは、意味の構築にニゴシエーションが必要である。文学作品を使うことで、学習者は意味構築プロセスに対して高度に柔軟に対処できるようになる。
  3. テクストは決して中立的に書かれておらず、読者はそのテクストに前提とされているイデオロギーなどを批判的に評価して読むことが現在求められている。文学作品を使うことで、学習者はひとつのテクストに対して様々な視点から分析できるようになる。

1点目の根拠として次のように述べています。

"An education in reading literary texts can produce readers who are sensitive to language and its various uses. In contrast to most other reading tasks in a first language, reading a literary text is a conscious, metacogitive, problem solving task. It is a task which involves the analysis of various levels of linguistic, rhetorical and content knowldge structures. Through repeated exposure to this readingt task, the personal articulation of the way meaning is constructed and explicit instruction in the way various structures fuction in the meaning construction process, the literary student will develop her/his ability to analyze and focus on language. This increaqsed sensitivity to language enhances students' abilities to function as knoledge transformers." (p. 153)

2点目の根拠は次の通りです。

"An education in literary reading involces exposure to a multiplicity of text types from various historical periods and with numerous specific styles. The task of reading is to construct and compare meanings in relation to these texts. In other words, reading a literary text is highly inter-textual and polysemantic. In the process of constructing a literary interpretation a myriad of meaning construction procedures is considered. The result of this training in literary interpretation is an individual who has a battery of meaning construction options from which to choose and a repertoire of genre and styles with which to relate. This rich knowledge base of meaning construction alternatives allows the indivudual greater flexibility in novel literacy situations." (p. 153)

3点目の根拠は次の通りです。

"An education in literary reading produces students who have specific experience in deciphering the subtleties of an author's ideological position. These same students have also been exposed to the varieties of meaning assigned to the same text by interpreters within and beyond the classroom. In contrast to many other reading tasks, the reading of literature inherently involves the consideration of the implicit ideological position of the writer and interpreter. Within the context of literary studies the student is provided with interpretive procedures designed to reveal implicit value systems of characters and writers. This set of interpretive procedures and expectation of differing ideological positions should help in the communication between different sub-comunities." (pp. 153-154)

最後に、著者は "The challenge faced by literary scholars and educators is to define the relevance of literature in a changing world" (p. 154) と述べ、"the tradition of literary reading is central for literacy education in the future" (p. 154) という考えを示しています。そして、最後に次のように論文をまとめていました。

"The discipline of literary studies has a long tradition of educating students in how to read both sensitively and critically. The discipline also has the tradition of providing the individual with the tools to define her/his own unique voice in a world of multiple texts. In the context of multiliteracies, this tradition should play a central role in the design of a literacy curriculum for the next millennium." (p. 154)

| | コメント (0)

2015年4月29日 (水)

Y.Tono(2011).「Application of Eye-Tracking in EFL Learners' Dictionary Look-Up Process Research」を読む(『International Journal of Lexicography』)

TOEIC800点以上の上級日本人英語学習者とTOEIC550点以下の初級日本人英語学習者計8名に対して、辞書で語義を検索するプロセスを調査した研究です。この分野でアイトラッキングを使用した最初の研究とのことです。

Tono, Y. (2011). Application of eye-tracking in EFL learners' dictionary look-up process research. International Journal of Lexicography, 24 (1), 124-153.

概要

PC画面上に辞書を模したスライドを作成し、調査が行われています。調査方法等の詳しい情報は本論文を直接ご参照ください。この論文では以下のような結果が得られました。

  1. 今回の調査では調査参加者は3回に1回の割合で正しい語義の選択に失敗した。特定の語義に飛びついた結果失敗するケースと、すべての語義を確認してなお失敗するケースが見られた。
  2. メニューは初級学習者のみに効果をもたらした。上級学習者はメニューを参照しなかった。また、サインポストは主に上級学習者に効果をもたらした。初級学習者は、サインポストの機能が分からなかったようで、それらを利用していなかった。ただし、上級学習者であっても、サインポストが抽象的すぎたり、他の語義と重複しているような場合には、最終的に正しい語義を選ぶことに失敗していた。
  3. バイリンガル辞書の方がモノリンガル辞書よりも総じて語義を選ぶのは簡単であったが、複雑な語彙情報を検索する場合には両方の辞書の間に違いはなかった。正解の語義が最初の方にある場合にはバイリンガル辞書の方が調査参加者は正しい語義の選択に成功していた。ただし、語義が最後の方にあったり、検索すべき情報が不明瞭である場合には、バイリンガル辞書のこのような効果は消えた。
  4. 調査参加者は「SVOO」といった文法のコードシステムはほとんど使用しなかったのに対して、「make A B」または、「make+目+目」といった文法コードシステムは比較的よく参照されていた。

最後にこの論文では、この分野でアイトラッキングを使用する際の注意点も指摘されています。

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

R.A.Mason&M.A.Just(2006).「Neuroimaging Contributions to the Understanding of Discourse Processes」を読む(M.Traxler&M.A.Gernsbacher(編),『Handbook of Psycholinguistics』,Elsevier)

著者らは文章理解に関する脳科学的研究をレビューする中で、文章理解に含まれる5つの下位プロセスをまとめています。これらの有効性は今後の研究で実証的に検証されていくべきものとされています。著者らは、KintschらのCIモデルをはじめとして、これまで提出されてきた読解処理モデルと、脳科学的実証研究をすり合わせながら今後の研究を進めていくべきとする考え方を取っています。

Mason, R. A., & Just, M. A. (2006). Neuroimaging contributions to the understanding of discourse processes. In M. Traxler & M. A. Gernsbacher (Eds.), Handbook of psycholinguistics (pp. 765-799). Amsterdam: Elsevier.

概要

著者らは、文章処理はBasic LH sentence networkに加えて、以下の5つのプロセスからなるのではないかと提案しています。

  1. A coarse semantic processing network (right middle and superior temporal)
  2. A coherence monitoring network (bilateral dorsolateral prefrontal)
  3. A text integration network (left inferior frontal-left anterior temporal)
  4. A network for interpreting a protagonist's or agent's perspective (Theory of Mind) (bilateral medial frontal/posterior right temporal/parietal)
  5. A spatial imagery network (left dominant, bilateral intraparietal sulcus)

その他、この論文で指摘されていて、個人的に興味を持った点は以下の通りです。

  • Nichelli et al. (1995) が複数の文からなる文章を刺激文として使った最初の脳科学的文章理解研究であること
  • 文章理解で右脳が関与していることは多くの研究が実証しており、このことを説明する理論としては、Beeman (1998) の the coarse coding theory(主題など全体のまとめを行う処理は右脳が担うという考え)とJust et al. (1996) のthe spillover of processing theory(左脳の処理容量を超えたために、言語野に相当する位置の右脳の部位が賦活するという考え方)がある

なお、この研究をさらに発展させたものが、先日レビューしたMason & Just (2013) になります。

| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

F.Ortega&F.Vidal(2013).「Brains in Literature / Literature in the Brain」を読む(『Poetics Today』)

neuronovelsというジャンルの作品の脳科学的概念との関係が、Neuro Lit Critのそれと比較され、前者の方が後者よりも文学の機能を明らかにするうえで有益なアプローチであると主張されています。

Ortega, F., & Vidal, F. (2013). Brains in literature/literature in the brain. Poetics Today, 34 (3), 327-360.

概要

著者らは、neuronovelsとNeuro Lit Critの違いについて次のようにまとめています。

"while some writers introduce neuroscientific issues, processes, and terminology into their narratives, some scholars hope that a neuroscientific approach will furnish the key to literary creation and reception. This relation, however, is not strictly symmetrical: neuronovelists seem to share with literary scholars the belief that the neuroscientific approach can revitalize their field, yet neuronovelists differ - at least in their writings - in their commitment to treating humans as "cerebral subjects" essentially characterized by the fact of being brains (Vidal 2009a). Both writers and scholars manifest a manner of neuroscientific realism, but what for scholars is or functions as an ontological belief appears for writers to be mainly a literary tool." (p. 330, emphasis in original)

著者らは、neuronovelsに関して、"neuronovels fit into the history of neurological fiction and fictional elaborations of brain-related issues" (p. 327) と指摘し(この連続性についてはかなり詳しく説明されています)、さらに、次の3点をその特徴として挙げています。

  1. "neuronovels do not limit themselves to incorporating neuroscientific concepts and vocabulary from a third-person perspective, as if it were a medical diagnosis, or as a Victorian author might describe a character in phrenological terms. Neuronovels sometomes do so, thereby both describing mental processes and "defamiliarizing" them by means of scientific vocabulary (Lodge 2002: 88). Yet they also bring a neuroscientific perspective and language into first-person narratives, thus recovering the patient's voice that is generally absent from scientific, including neuroscientific, writing." (p. 332)
  2. neuronovelsはcerebral solipsismに対抗している:"we challenge the view that neuronovels inevitably convey cerebral solipsism. We do not intend to give the expression cerebral or neurological solipsism any technical meaning but use it, instead, as shorthand for the idea that undelies the notion of humans as cerebral subjects: each human, as it were, only needs his or her brain to be the person he or she is. Thus, according to this view, the cultures in which we live are untilmately brain products, and interpersonal communication and relations ultimately happen inside individual brains." (p. 332)
  3. neuronovelsは、人間性は脳と外部環境の両方から形作られるということを示そうとしている:"neuronovels express that am bivalence by emphasizing the phenomenological, affective, and embodied dimension of memory - a psychological function invariably regarded as fundamental to selfhood by the Western psychological and philosophical traditions, as well as by contemporary cognitive psychology and neuroscience." (p. 332)

以上の議論から、著者らはneuronovelsの方がNeuro Lit Critよりも有益なアプローチであると考えており、次のようにまとめています。

"Neuronovels too seem committed to an ideology of the cerebral subject. However, in contrast to Neuro Lit Crit, they introduce brain-based theories and methodologies chiefly as fictional devices and narrative tools, useful to open up room for ambivalence vis-á-vis the neurosolipsism of some of their situations and characters. Neuronovels cannot be considered "disability counternarratives" in their treatment of people diagnosed with conditions of brain and mind, and may be closer to using disability as a "narrative prosthesis" (Mitchell and Snyder 2000). What they exploit in neuro discourses and neuroscieitific knowledge is above all their figurative possibilities and their potential to suggest forms of individual and social experience. In this, as we have tried to show, their way of integrating "brains in literature" may offer more chances of understanding the function and workings of literature than the scholarly hermeneutics that insists on placing "literature in the brain."" (pp. 350-351)

| | コメント (0)

2015年4月22日 (水)

R.Lew,M.Grzelak,&M.Leszkowicz(2013).「How Dictionary Users Choose Senses in Bilingual Dictionary Entries: An Eye-Tracking Study」を読む(『Lexikos』)

PC画面上にポーランド語の文の特定の語を英訳するように指示する課題文が現れ、その下に辞書のページを模した画面が現れるというスライドを元に、アイトラッカーを使って、どのように外国語学習者が複数の意味の中から特定の意味を選択するかが調査されています。

Lew, R., Grzelak, M., & Leszkowicz, M. (2013). How dictionary users choose senses in bilingual dictionary entries: An eye-tracking study. Lexikos, 23, 228-254.

概要

この記事では、この論文の主な結果のみをまとめておきます。

  1. 上級学習者は辞書の意味をすべて確認する傾向が強いのに対して、外国語の熟達度が低い学習者は、適切な意味が見つかったと感じた時点で意味の捜索をやめる(すべての意味を確認しない)傾向がある
  2. 間違った意味が選択されたケースでは、たいていは1番目に記載されている意味を選択していた
  3. 太字で書かれている情報や繰り返される語、その他sense guiding elementsは学習者の注意を引きつけていた

| | コメント (0)

R.A.Mason&M.A.Just(2013).「Identifying Component Discourse Processing from Their fMRI Time Course Signatures」を読む(M.A.Britt,S.R.Goldman,&J-F.Rouet(編),『Reading: From Words to Multiple Texts』,Routledge)

文章の読解に関連があることが示唆されてきた20領域を、賦活する時間を基盤として因子分析にかけ(ある時点でともに賦活している領域をまとめる)、文章理解の4つの下位プロセスが示されています。

Mason, R. A., & Just, M. A. (2013). Identifying component discourse processing from their fMRI time course signatures. In M. A. Britt, S. R. Goldman, & J-F. Rouet (Eds.), Reading: From words to multiple texts (pp. 147-159). New York: Routledge.

概要

文章は、intentional inference、intentional control、pyhsical causality inference、physical causality controlの4タイプのテクストが使用されています。これらの文章が画面提示され、その後、その文章に関する内容理解の問題が現れます。この論文で示された4つの下位プロセスは以下の通りです。

  1. integration and synthesis of intentional inferences
  2. interrogating memory of passage to answer probe
  3. sentence level integration and potential generation of forward inferences
  4. structure building/establishing the text model

上記1については、left inferior frontal gyrus and left superoir temporal gyrus, extending from the posterior region down to the temporal poleが活性化したそうです。

上記2については、hippocampus、fusiform(共に記憶に関係)、left superior temporal gyrus(ウェルニッケ野)、left anterior temporal gyrus(テクストの命題化に関係)、が活性化したそうです。

上記3については、right temporal gyrus(統合処理に関係)、left inferior frontal gyrus amd left superior temporal gyrus(言語野)、が活性化したそうです。

上記4については、命題化やテキストモデルの確立に関係するとされる右脳の2領域(詳しくは論文を直接ご参照ください)、言語野、が活性化したそうです。

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

A.Zeman, F.Milton,A.Smith,&R.Rylance(2013).「By Heart: An fMRI Study of Brain Activation by Poetry and Prose」を読む(『Journal of Consciousness Studies』)

詩と散文の脳内処理がfMRIによって調査されています。

Zeman, A., Milton, F., Smith, A., & Rylance, R. (2013). By heart: An fMRI study of brain activation by poetry and prose. Journal of Consciousness Studies, 20 (9-10), 132-158.

概要

この論文では次の内容が議論されています。

(A) 研究の背景

(B) 研究の方法

(C) 調査結果の報告

●研究の背景

著者らによると、これまで文学的表現の脳内処理については調査されてきたそうで、次のような結果が得られているとのことです。

"These studies have revealed activations which extend beyond the classical perisylvian language areas to involve the anterior temporal lobes, dorsomedial prefrontal cortex, and posterior cingulate cortex, among other areas. They indicate that despite the undoubtedly 'dominant' role of the left hemisphere in language processing, the right hemisphere can also be activated by language, perhaps particularly by musical, figurative, novel, or emotional forms of language use, and plays a part in appreciating and conveying 'gist'". (p. 133)

著者らによると、これまで詩と散文の脳内処理を比較した研究はないとのことです。

また、詩と散文では、見た目、言語的特徴、主題、読み方で違いがありますが、この研究では、これら個々の違いを分離させて調査するのではなく、これらの違いの総体としての文章全体の処理を調査しています。著者らは次のように述べています。

"Given the multifaceted differences between poetry and prose, we have not set out, in this study, to isolate the individual linguistic variables responsible for possible differneces in brain activation, preferring to combine naturalistic stimuli - real-world poetry and prose - with an approach to analysis which allows us to examine the neural correlates of such features as emotionality. The use of naturalistic stimuli has recently proved fruitful in related areas of cognitive neuroscience." (p. 134)

●研究の方法

著者らは次の種類の文章を文学能力が高い読者に母語(英語)で読ませています。

(1) 調査者らが選んだ散文(論説的文章と情緒的文章)
(2) 調査者らが選んだ詩(簡単な詩と難しい詩)
(3) 調査参加者が馴染みのあるものとして選んだ詩

次に、上記3つのテクスト群の情緒性(emotionality)、馴染み度(familiality)、文学性(ロシア・フォルマリズムおよびJakobson流のliterariness)の平均が産出されました(調査参加者がfMRIの調査後に紙面で回答)。今回の調査では次のような結果となりました。

  • 情緒性:(1)<(2)<(3)
  • 馴染み度:(1)<(2)<(3)
  • 文学性:(1)<(2)≦(3)

文学性という概念の調査者への説明は次のようになされたそうです。

"It is based on the well-known concept in Russian Formalist theory. "Literariness" refers to the special qualities of language use in literary works which distinguishes it from conventional or ordinary language use. Roman Jakobson famously descibed it as "organised violence committed on ordinary speech", but the emphasis falls as much on the organisation as on the violence. The Formalists noted that some works "foreground" their literainess more than others and it is the relative wight of this quality in these passages that we are asking you to assess." (p. 136)

なお、fMRIでのタスクの間にはdistractor taskとして顔認識タスクが行われています。

●調査結果の報告

主な結果は以下の通りです。

  1. 書記素処理領域(18、19、37野)、音韻処理領域(6、9、22野)、意味処理領域(21、37野)は、詩と散文の両方で賦活した(inferior frontal gyrus(左)、中心前回(左)、middle temporal gyrus(左)、middle occipital gyrus(両側)、mid-fusiform cortex(左)が賦活した)
  2. 情緒性の高い文章を読む際には、音楽を聴いた際の背筋が凍る感情と関係しているといわれている領域のうち、小脳、視床、帯状皮質、島、supplementary motor area/premotor cortexが賦活し、小脳、帯状皮質、島は右側が活性化した(文学への情緒的反応は右脳が関係か)。さらに、cerebellar vermis(右)とinferior frontal gyrus(左)も活性化した。これに対して、情緒性が弱まると、後頭葉(左)、middle temporal gyrus(右)の活性が高まった。
  3. 文学性の高い文章を読む際には、左の中心前回と大脳基底核が賦活した(文学性が高い文章では言語処理労力が高まることが原因か)。さらに、帯状皮質(両側)、視床(左)、caudate body(左)、小脳(左)も賦活した。これに対して、文学性が弱まると、後頭葉(両側)、middle temporal gyrus(右)の賦活が高まった。
  4. 調査参加者が自分でなじみがあるものとして選んだ文章を読む際には、inferior parietal lobe(40野)が賦活した(読者はこれらの文章を処理する際には、読んでいるというよりは想起しているのかもしれない)
  5. 調査者が選んだ詩の読解では、散文の読解に比べて、cingulate gyrus(23野を含む)(右)、superior temporal gyrus(21野)(左)、海馬(両側)、側頭極(38野)(右)が活性化した
  6. 調査者が選んだ散文の読解では、詩の読解に比べて、後帯状皮質(左)、前帯状皮質(右)、後頭葉(両側)の活性が高まった(後頭葉は情緒性の減少に関わっているとされており、散文が詩に比べて情緒性が低かったことが原因か)

著者らは上記5点目について次のように述べています。

"All these areas participate in a network of regions which is particularly active in the resting brain, and which has been linked functionally to forms of internally directed mentation including autobiographical memory, envisioning the future, thinking involving theory of mind, and moral decision making. These are among the key cognitive processes associated with the appreciation of poetry, which tends to induce a more inward, reflective mental state than the more functional reading of prose. The activation of the posterior cingulate gyrus could reflect the stronger emotional content of poetry, overall, than that of prose, as this was one of the regions parametrically associated with emotion." (p. 150)

さらに、上記5点目の側頭極(右)の活性については次のように述べています。

"Its activation on the right by poetry may reflect the complex musical character of poetry in comparison to prose, the greater demands of coherence building for the reader of poetry, or both. Notably, a recent study of the neural correlates of creative writing highlighted activation in the right temporal pole and posterior cingulate cortices, both regions activated here by reading poetry in comparison to prose, in a contrast between creative writing and copying." (p. 151)

著者らは、以上の結果を次のようにまとめています。

"Our main findings are that i) reading both poetry and prose activates a network of areas previously associated with reading single words, including the 'fusiform word area'; ii) the emotional power of the texts is related to activity in a set of brain regions similar to those associated with the emotional response to music; iii) 'literariness' is parametrically related to activity in regions of the left hemisphere; iv) favourite passages of poetry give rise to bilateral inferior parietal activations but excite less activity in classical reading areas than experimenter-selected passages; v) areas in both hemispheres, associated with introspection, are activated by poetry to a greater degree than by prose." (p. 148)

| | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

M.Burke(2013).「The Rhetorical Neuroscience of Style: On the Primacy of Style Elements During Literary Discourse Processing」を読む(『Journal of Literary Semantics』)

読者が文学作品を読解する際の修辞的表現(統語的逸脱や反復表現など)の処理について、認知心理学や神経科学の先行研究に基づきながら、そのモデルが素描されています。実証はこれからということです。著者は、人文科学と科学の間をつなげて、お互いに貢献しあうcognitive literary scienceの構築を目指しています。

Burke, M. (2013). The rhetorical neuroscience of style: On the primacy of style elements during literary discourse processing. Journal of Literary Semantics, 42 (2), 199-213.

概要

著者は、修辞的表現の形式は読者の長期記憶の中に手続き的知識として蓄えられており(意味や内容の役割は二次的であると著者は考えています(p. 210))、個々の文学作品読解時に、その時の状況に応じて、弱く活性化してすぐにその活性が止まったり(この場合は入ってくるインプットに基づくボトムアップ処理がなされることとなります)、強く活性化してトップダウン処理を引き起こしたりすると考えています。そして、強く活性化される度に徐々にその知識は強化されていくと考えています。この論文で提唱されているモデルの詳細は次の通りです。

  1. "A literary style fragment stimulus that is out there on the page or screen, like for example Joyce's earlier mentioned chiasmus "falling faintly [...] faintly falling" enters the reader's brain below the level of conscious appraisal through the visual sensory channel. Neurons in feature maps fire to create a representation that maintains both the words and the balance of the style figure. This is a chiasmus, so its basic structure will be AB-BA. This representation will be quite close in form to the original text fragmant. ... The "essence", as it were, of these words, and especially the structural pattern, is then held in an associative neural area. This is probably in long-term memory with key involvement of the motor region to capture both the balance and movement that are inherent in style figures. The storage process will plausibly also involve a sub-vocal rehearsal region of short-term memory such as that of the articulatory loop. Any movement between long-term memory and buffer regions of short-term memory can be accounted for by Baddeley's episodic buffer. By this stage, the words and the structure of the original text fragment are in a skeletal form and the whole is scarcely recognisable as "falling faintly [...] faintly falling". This process constitutes the storage part of the procedure. The second, simulation stage works in two situations. ... The first, and most prevalent, situation is during a later engaged reading experience, Here, an enthused individual may be reaching the end of a much cherished reading experience when he/she subconsciously longs for the style figural, rhythmic rewards that were given to her/him by Joyce in his short story: that sense of balance, of perfection, of exactitude. Unbeknown to the reader, the skeletal essence of the "falling faintly [...] faintly falling" pattern that has been captured in an associatative neural area now fires, triggering the neurons in the feature map which also fire to produce a representation that is similar to the original in the feature map which was stimulus-driven through direct sensory input, but is less perfect in form. Style fragments flow into short-term memory to meet incoing sensory data from the new/ongoing reading experience." (pp. 207-208)
  2. "The results of this "collision" can vary. This depends to a large extent on the quality of the actual incoming data. On the page there may be no engaging style figures at all to be read, or they may be different style figures, or they may, in very rare cases, be the same style figure (in this case, one with a chiasmus-like structure). Depending on how emotionally involved a reader is and how strong the subconscious desire is to be moved by emotive literary style fragments, the top-down simulation can have a slight, medium, or robust effect. In the first case the simulation will not stay in consiousness long, receding back almost immediately into long-term memory to await further activation in future reading scenarios, In case two, the simulation will dwell, and may even threaten to override incoming data, before receding into long-term memory, reprimed for possible future activation. Case three sees the style figure in question attaining full consciousness with the real potential of overriding the actuality of the physical linguistic input on the page. This process of overriding the semantic contact is something that has been attested in many experiments in discourse processing studies. Furthermore, such concepts as "expectations", "set", "anticipation", "scenario mapping", "inference" and "implicature" are established models from either cognitive psychology or linguistics, which can all play a significant meaning-making role during acts of reading and listening. They also support the general precepts of simulation and the idea that concept-driven output can complement or even override stimulus-driven input depending on the situational factors." (pp. 208-209)
  3. "At any point in a person's quotidian life, and especially when that person's mood is favourable, subconscious prompts of favoured style fragments can get channelled, either wholly or in part, into the sub-vocal rehearsal zones of a person's short-term memory, probably not to become fully activated, but to reside temporarily before receding back into inactivity, to lie dormant in anticipation of further full or partial activation. Only once a new reading event has commenced might these prompts transcend the rehearsal zones of memory to arrive in full focal awareness, overruling the semantic and syntactic reality of what is literary set out on the page or screen. In short, engaged literary readers are almost always in the continual throes of what has been termed "the literary reading loop" (Burke 2011: 153)." (p. 209)
  4. "These maps (= 上記1点目を参照のこと) are most likely to be located, at least in part, in the sensorimotor system of the brain. Furthermore, they will almost certainly make use of the sub-tactile rehearsal zones in short-term memory." (p. 210)
  5. "Heightened emotion states that are produced both in response to, and crucially in anticipation of, such literary style figures will almost certainly also trigger renewed patterns of activation in the amygdala, plausibly taking Le Doux's low road(= 意識されるほどには強くは生起しない情意を指します). The deeply emotive nature of engaged acts of literary reading means that motivated readers subconsciously try to emulate fabvoured previous reading experiences. They long to return to those treasured episodes of reading where they have been highly moved and deeply rewarded. This may vary well be a subconscious desire, but it has a distinct cognitive and neural base." (pp. 210-211)

著者は上記のようなモデルをに関して次のように考えています。

"Although much future testing will be needed, I will postulate here that the neural pathways in the brain of the avid literary reader will be stimulated and shaped by repeated exposure to certain style-figure structures during acts of engeged literary reading, resulting in a plausible neural mirroring of the essential structure of a certain scheme." (p. 211)

また、修辞的表現の起源についてもコメントしており、次のような考え方を述べています。

"The first stories were oral, and in ancient classical times these were told by the travelling rhapsodes. It was these "singers of songs", who, with lyre or staff in hand, "stitched together" different scenes, lines, phrases, and formulas to make up their epic tales. These storytellers not only needed strong voices, but good memories too. They learned mnemonic trickes based on rhythm, patterns, metre, and repetition which helped them to remember the events in the story and get them through it without the aid of written visual prompts. Style fugures were crucial in this process. This also helped the listeners to both follow and enjoy such stories, just as children today delight in the repetitiveness of nursery rhymes. One might say that we have come to subcoonsciously expect a neat turn or phrase, a close repetition, a crafted lexical juxtaposition every time a story is told. The oceanic ebb and flow process of interactions that takes place between diverse neural areas and assemblies (the motor and frontal cortex; the visual and parietal cortex; the amygdala and thalamus; sub-vocal, visual, auditory, and somatic rehearsal zones; and states of mental awareness) during art interfaces, and in this case during encounters with literary art, might very well have been stimulated or honed or shaped by our exposure, both experiential and genetic, to the movement, parallelism, and rhythm of certain prominent literary style elements." (p. 212)

また、修辞的表現の文学読解中における役割については、他の文体論の研究と同様に次のように述べられています。

"The essential aesthetic-philosophical core of foregrounding implies that when such patterns are discerned, not only do they delight readers, but they also invite them to go in search of additional meaning that might have been consciously or subconsciously placed there by the writer." (p. 206)

| | コメント (0)

2015年4月15日 (水)

F.Langer(2012).「Mental Imagery, Emotion, and 'Literary Task Sets': Clues Towards a Literary Neuroart」を読む(『Journal of Consciousness Studies』)

著者は、この論文を通して、"how do literary works of art produce overwhelming emotional states, and ultimately, influence beheviour?" (p. 194, emphasis in original)という問いを考察しています。文学に関する神経美学がまだ発達していないため、視覚および心的イメージに関する研究に基づいてこの問いが考察されています。先行研究に基づいた理論的論考の論文です。

Langer, F. (2012). Mental imagery, emotion, and 'literary task sets': Clues towards a literary neuroart. Journal of Consciousness Studies, 19 (7-8), 168-215.

概要

著者は、この論文を通して以下の仮説を提起しています。

  1. "at the level of the cortex the smallest unit capable of mental functions (or smallest mental unit) is the minicolumn" (p. 174)
  2. "mental functions are both localized and distributed" (p. 177)
  3. "mental functions have a hierarchical structure determined by the sytemic (emergent) properties of minicolums, columns, and large-scale networks." (p. 177)
  4. "a mental image occurs when the neuronal pattern of a perceptual feature (i.e. colour, shape, taste, tone, etc.) is activated within the modality-specific cortex (i.e. visual cortex, auditory cortex, etc.) in the absence of sensory stimuli." (p. 178)
  5. "there are specialized neuronal systems for some emotions (like the so-called basic emotions, e.g. fear) with different degrees of activity (coded by valence and arousal levels) of that system yielding related emotional responses (e.g. terror or horror). Still other emotions emerge from the interactions between different emotional systems (e.g. pride)." (p. 187) "This means that there is not an 'emotional organ' or 'emotiona centre' whose function is to produce the whole range of human emotions" (p. 187)
  6. "mental imagery contributes to aesthetic effects by enhancing the emotional response of conceptual processes" (p. 195)
  7. "I postulate that the reading of literary works of art is guided by 'literary task sets' - learned through experience and/or education - that guide emotional and cognitive expectations that coordinate attention, (conceptual and perceptual) memory retrieving processes, etc. according to literary genres, authors, titles, and the like. Through their influence on expectations, 'literary task sets' are crucial components of the pleasure that we find in reading." (p. 190)
  8. "The content of a literary work of art exists only in the brain of the reader. In other words: a text (any text, even this one) is but a series of ink blots on a sheet of paper; it is only when a brain interprets these ink blots as words and ascribes to them both a conceptual (or semantic) meaning and mental images that literature comes to life." (p. 195)

上記4点目に関して、mental imageは "the experience of a perceptual phenomenon (visual, somatosensory, auditory, olfactory, etc.) in the absence of sensory ('external') stimuli" (p. 178) と定義されています。ちなみに、先行研究によると、心的イメージの処理と実際の視覚情報の処理は、背側の類似したシステムを使用しているとのことです(p. 183)。

上記5点目に関して、emotionとfeelingは次のように説明されています。

"an emotion consists of the folllowing processes: a) an appraisal process whereby a stimulus is categorized according to its survival value and/or goal; and (b) a coordinated sytem of bodily (visceral and motor), brain (i.e. attention), and behavioural responses, which are more or less stereotyped" (p. 186)
"a feeling is the conscious perception (or awareness) of an emotional response" (p. 186)

また、visual mental imageryに関して、先行研究に基づきながら、"visual mental imagery can positively alter a subject's emotional state, and that this new emotional state has behavioural and cognitive consequences" (p. 192) と指摘しています。

以上のように述べてきて、著者はneuroaestheticsとneuroartの研究の必要性を強く主張します。それぞれの概念は次のように説明されています。

"I propose to retain the term neuroaesthetics for the study of the neuronal systems and mechanisms of beauty appreciation, and to define neuroart as 'the study of the neuronal systems and mechanisms of art appreciation'" (p. 199, emphasis in original)

| | コメント (0)

J.Xu,S.Kemeny,G.Park,G.Frattali,&A.Braun(2005).「Language in Context: Emergent Features of Word, Sentence, and Narrative Comprehension」を読む(『NeuroImage』)

イソップ物語を単語ごと(ランダムに提示)、文ごと(ランダムに提示)、文章まるごと提示した際の脳の賦活の違いが調査されています。また、イソップ物語を読んでいる際の、前半、中盤、後半部分の脳の賦活の違いについても調査されています。イソップ物語が用いられてはいますが、文学というジャンルを意識したものとはなっていません。

Xu, J., Kemeny, S., Park, G., Frattali, C., & Braun, A. (2005). Language in context: Emergent features of word, sentence, and narrative comprehension. NeuroImage, 25, 1002-1015.

概要

この論文で示された結果は以下の通りです。

  1. シルヴィウス裂の言語野とmedial and lateral premotor areasは常に賦活していた(左)
  2. 単語処理の際には、シルヴィウス裂の言語野とsupplementary motor area、dorsal lateral premotor cortex(これら2領域は、言語に関してわれわれがまだ知らない働きをしている可能性がある)が活性化した(左)
  3. 文処理の際には、シルヴィウス裂に加えて、frontal operculum、側頭極、dorsal operculum(統語処理が関係か)、frontal operculum(作動記憶が関係か)、ventral operculum(意味処理が関係か)、middle temporal gyrus(統語処理か意味処理が関係か)、corticostriatal-thalamocortical circuitry(統語処理が関係か)、小脳後部(統語処理と意味処理が関係か)、が活性化した(左)
  4. 文章処理の場合は、シルヴィウス裂に加えて、楔前部(出来事の順序の処理、テキスト情報の背景知識への関連づけ、エピソード記憶の想起が関係か)、medial prefrontal cortex(心の理論、比喩やテーマの理解が関係か)、dorsal temporo-paraieto-occupital cortices、扁桃体(主人公や登場人物へ感情的反応が関係か)、海馬(記憶、記憶の想起、意味的連想が関係か)、corticostriatal-thalamocortical circuitry(情報の直列的配置化が関係か)、角回(注意、意味的連想、問題解決、心的イメージなどが関係か)、superior temporal sulcus(外界からの情報の処理が関係か)、が活性化した(両側)
  5. シルヴィウス裂の言語野の活性は、単語ごとの提示、文ごとの提示、文章での提示と順を追って強くなり、さらに活性する範囲も周囲に拡がっていった
  6. 右脳の活性は、単語ごとの提示、文ごとの提示、文章での提示と順を追って強くなった
  7. 物語の最初では左脳の活性が強かったが(物語の設定や背景を確立するための命題処理が関係か)、物語の後半(物語の解決がなされる部分)では右脳の活性が強くなった(物語全体の内容の統合が関係か)。

著者は、文章処理で活性化したネットワークは、心の理論、出来事や命題の間の論理関係の推論、個人の知識や経験に基づいた事実の評価や照合、で活性化するネットワークと一致していると指摘しています。

また、文章処理では、dorsomedial systemとventrolateral systemが重要な働きをしていると指摘しています。前者については、自身についての意識、志向性、目標志向の行動の組織化、に関わるとされています。後者については、世界との相互作用、外界からの情報への反応、認知的または感覚的特性に基づいた対象と行動のカテゴリー化、に関わるとされています。また、gentrolateral systemは言語使用のツールを含んでいるのに対し(このシステムには言語野も含まれているため)、dorsomedial systemはそのツールを使用するための動機づけと関わるとされています。また、先行研究に基づくと、これら2つの領域は物語理解だけでなく物語産出にも関わっているようです。

| | コメント (0)

2015年4月 9日 (木)

P.C.Fletcher,C.D.Frith,S.C.Baker,T.Shallice,R.S.J.Frackowiak,& R.J.Dolan(1995).「The Mind's Eye-Precuneus Activation in Memory-Related Imagery」を読む(『NeuroImage』)

著者らは、PETを用いて、エピソード記憶を想起する際の視覚イメージに関わる脳内活動を調査しています。

Fletcher, P. C., Frith, C. D., Baker, S. C., Shallice, T., Frackowiak, R. S. J., & Dolan, R. J. (1995). The mind's eye: Precuneus activation in memory-related imagery. NeuroImage, 2, 195-200.

概要

健常者の男性母語話者に、あらかじめお互いに想起しやすい単語のペアと、想起しにくい単語のペアを提示し、後で各ペアの片方のみを画面に提示して、その語とペアになっていた語を思い出させるという方法が取られています。そして、前者のペアを想起する場合にはより強く視覚イメージが使用されるという予想のもと、両条件での脳内の活動を比較し、視覚イメージに関わる脳内活動を記述しようとしています。

調査の結果、強い視覚イメージを伴なうエピソード記憶の想起の際には、the precuneus(楔前部(右))、the fusiform gyrus(紡錘状回(右))、the middle/superior temporal gyri(中側頭回、上側頭回(ともに両側))が賦活することが分かりました。著者らは特にthe precuneusに関して "It is a key part of the neural substate of visual imagery occurring in conscious memory recall." (p. 195) と述べています。

| | コメント (0)

齋藤安以子・玉井史絵・藤岡千伊奈・松田早恵(2010).「文学教材論-英文学研究と文学教材づくり-」を読む(岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』,大修館書店)

文化知識の教材としての文学、情緒教育教材としての文学、分析能力教育教材としての文学、について論じられ、さらに様々なレッスン・プランが提示されています。

齋藤安以子・玉井史絵・藤岡千伊奈・松田早恵(2010).「文学教材論-英文学研究と文学教材づくり-」.In岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』(pp. 229-245).大修館書店.

概要

著者らは、英文学が大学のカリキュラムに最初に登場したのはスコットランド(エディンバラ大学)であることを紹介し、その目的として「英語の知識の欠如がスコットランドの発展を阻害していると感じ、英語をイングランドの人々のように<優雅に>使いこなすことが、スコットランドの国益を守るうえで重要だと考え」(p. 230)られたことに触れて、そもそも「英文学の教育はその起源から言語の教育と深く結びついていた」(p. 230)ことを指摘します。また、インドと日本の例に触れながら、英文学の教育は文化の教育とも強く関わり合ってきたことも指摘します。

次に文化知識としての文学の指導法として、有名な作品を用いたレッスン・プラン、科学記事のなかに現れた文化知識を用いたレッスン・プラン、マザーグースを用いたレッスン・プラン、学習者の自国の作品を使って自国の文化知識の重要性を理解させるレッスン・プラン、が提示されています。

文学作品を使った情緒教育の指導法としては、絵本Grandfather's Journeyの読み聞かせ、現代日本文学『キッチン』の英訳版を使用したレッスン・プラン、が提示されています。

最後に、分析能力に関しては、作文を通して指導する方法について検討がされており、その際の文学教材の活用法として、視点を変えた物語の描写、作文の元となる出来事のフローチャートの素材としての使用、複数の作品の比較を通した類似点と相違点の分析、作文の元となる出来事の因果関係を提供する素材としての使用、が提示されています。さらに、「文学作品のなかでは、社会現象がすでに言語化された形となっているので、いろいろな視点から物事を見たり、隠された意味を推測したり、解釈を加えたりといった、実社会でも必要とされるスキルを比較的たやすく養うことができる」(p. 241)と述べられていました。

| | コメント (0)

2015年4月 8日 (水)

南出康世(2010).「辞書と辞書学」を読む(岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』,大修館書店)

海外の英語辞書、日本の英語辞書、及び辞書学という学問領域の成立について、非常に詳細かつ膨大な情報がまとめられています。

南出康世(2010).「辞書と辞書学」.In岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』(pp. 173-189).大修館書店.

概要

著者は、辞書学が応用言語学の一領域として展開するまでの過程を簡潔にまとめた後、英国・米国の辞書の発展をまとめています。具体的には、ジョンソンの辞書、オックスフォードの辞書、ウェブスター関係の辞書、ロジェのシソーラス、が版を重ねるごとにどのように変化してきたかが詳しくまとめられています。

次に日本国内に話を移し、英和辞典の歴史、和英辞典の歴史、がまとめられています。

加えて、学習英英辞典の歴史も整理されており、パーマー、ホーンビー、ウェストの業績が整理された後、COBUILDによる辞書の発展がまとめられています。

最後に、辞書編集とコーパスの関係について、特にコロケーションという概念を中心にまとめられています。ファース、パーマー、シンクレアの貢献が整理されています。また、ネイティブ・スピーカーの直観とコーパスはかつては対立的な考えでしたが、現在は相補的なものとみなすべきであるという指摘がされており、非常に重要だと思いました。

| | コメント (0)

P.Nichelli,J.Grafman,P.Pietrini,K.Clark,K.Y.Lee,&R.Miletich(1995).「Where the Brain Appreciates the Moral of a Story」を読む(『NeuroReport』)

イソップ物語の教訓を理解する際の脳の賦活が調査されています。文学作品を扱ってはいますが、このテクストの文学性を意識したものとはなっていません。

Nichelli, P., Grafman, J., Pietrini, P., Clark, K., Lee, K. Y., & Miletich, R. (1995). Where the brain appreciats the moral of a story. NeuroReport, 6, 2309-2313.

概要

調査参加者は、画面上でイソップ物語を読みながら、以下の4つの課題を行っています(1つの作品につき、1つの課題となっています)。

  1. フォントに操作がされている部分があるか
  2. 文法的誤りがあるか
  3. 作品内の登場人物が特定の特徴を持っているか(登場人物はうろこのある動物であったかなど)
  4. その作品には教訓が含まれているか

調査参加者は作品の提示がひと通り終わった後で(作品が少しずつ提示されるrapid serial visual presentationが採用されています)、与えられた課題についてyes/noで回答します。

今回の調査では次のような結果が得られています。

  1. フォントに注意を払って読んでいるときは、右脳のinferior parietal lobule(文字の形式的特徴の識別が関係していると考えられる)、dorsolateral prefrontal cortex(superior frontal gyrus)(脳内に保存されているどの視覚的イメージを構築すればよいかということに関係していると考えられる。また、フォントが操作されているものがないかどうか用心して探しているということも関係していると考えられる)が活性化した。
  2. 文法に注意を払って読んでいるときは、ブロードマンの44野(右)、anterior cingulate cortex(右)(統語への選択とモニタリングが関係していると考えられる)、premotor cortex(右)が活性化した。
  3. 作品内の登場人物の特徴に注意を払って読んでいるときは、inferior parietal lobule(左)(cross-modal semantic processingが関係していると考えられる)、dorsolateral prefrontal cortex(左)(情報のモニタリングと維持が関係していると考えられる)、mediofrontal(右)(coarse semantic processes(後述)が関係していると考えられる)が活性化した。
  4. 教訓に注意を払って読んでいるときは、inferior frontal gyrus(右)、midtemporal gyrus(右)、occipital cortex(両側)(視覚情報の処理に労力を要したことが関係していると予想される)、が活性化した。

著者らは、教訓に注意を払って読むことについての今回の結果とBottini et al (1995) のメタファーの処理の研究結果に基づいて、以下のようにまとめています。

"we argue that both studies have identified regions in the right frontal and temporal lobes that are involved in the thematic interpretation of a text. The locus of these activation sites in the right hemisphere suggest that a coarse linguistic coding of story information is necessary for a theme or moral to be computed and stored. By coarse coding, we mean encoding macro-level semantic information, such as a theme, that can only be compiled across indivudual story events. We hypothesize that such coarse coding is accomplished across a functionally related but distributed set of brain regions in the right hemisphere concerned with thematic representations." (pp. 2311-2313)

なお、文法に注意を払って読んでいる時に、右脳のブロードマン44野が活性化したことに関して著者らは簡単にコメントをしています。先行研究によると、ブローカ失語を患っている話者(左脳のブローカ野に障害を負っている話者)であっても文法的に正しい判断ができる報告があるそうです。したがって、右脳のこの部位が活性化することについては特に不思議なことではないとしています。

| | コメント (0)

M.Burke&E.T.Troscianko(2013).「Mind, Brain, and Literature: A Dialogue on What the Humanities Might Offer the Cognitive Sciences」を読む(『Journal of Literary Semantics』)

Journal of Literary Semanticsの42巻2号は、cognitive literary studiesの特集号で、この論文はその巻頭論文となります。cognitive literary studiesがcognitive sciencesに対して取るべき姿勢について論じられています。

Burke, M., & Troscianko, E. T. (2013). Mind, brain, and literature: A dialogue on what humanities might offer the cognitive sciences. Journal of Literary Semantics, 42 (2), 141-148.

概要

これまで認知科学(これは認知心理学も神経科学も含みます)は文学研究に対して様々な考え方を与えてくれました。しかし、著者らは文学研究と認知科学は知を双方的に与え合う関係であるべきだと考えています。残念ながらこれまでのところ、文学研究は認知科学に知を提供しようという姿勢が希薄であったと指摘されています(文学研究は科学に対してどうしても発言を遠慮しがちになってしまうことがその原因の1つとして挙げられていました)。認知科学に対して有益な知を提供できそうなトピックとしては、以下の4つが挙げられています。

  1. ストーリー・テリング
  2. 概念メタファー論やたとえ話
  3. 認知構造の具現化としての文学の構造
  4. 認知処理の様々な要因と作品内でのそれらの具現化の相互作用、認知と日常心理学の相互作用(文学テクストはこれらの相互作用について研究する場として機能する)

著者らは、文学と認知科学がお互いに協力し合う学問領域としてcognitive literary scienceの確立の必要性を指摘しています。

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

小室夕里(2010).「辞書学と辞書指導」を読む(岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』,大修館書店)

辞書指導研究及び学習者による辞書使用研究の膨大な情報がまとめられています。

小室夕里(2010).「辞書学と辞書指導」.In岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』(pp. 173-189).大修館書店.

概要

著者は日本の英語教育の歴史と関連づけながら、「発信に重きをおいた英語教授法と辞書の存在というのは、本来排他的なものではなく、補完しあうものである」(p. 174)と指摘します。また、学習指導要領では辞書指導の必要性がうたわれているものの、現在の中高の実践ではその目標を十分に達成できていないことも指摘します。

次に辞書使用研究をレビューしています。著者によると、辞書使用研究は使用者のニーズ分析と情報検索技術の研究に大別でき、それぞれについて先行研究が整理されています。

さらに、学習英和辞典、学習英英辞典、和英辞典、電子辞書の辞書指導法について、それぞれ提案がなされています。

加えて、これまでの辞書指導の形として、辞書の利用手引き、ワークブック、辞書活用本、英語教員による指導が整理されています。

これまでの先行研究によると、中高の英語教員は総じて、「辞書指導の必要性を感じても時間がなく、実際には行えないが、中高一貫の辞書指導が行われることが望ましい」(p. 188)と考えているようだとのことです。

これから求められる事柄としては、著者は以下の点を指摘しています。

  1. 教科書に辞書指導の項目を設けること
  2. 語彙や文法項目のように、各学習段階で、どのような辞書の検索スキルを習得すべきかのガイドラインを開発すること
  3. 電子辞書の活用方法を検討していくこと

また、和英辞典を取り上げた辞書使用研究は少ない(p. 181)、学習者向けのコロケーション辞典やシソーラスなど様々な辞書を導入する必要がある(p. 189)、という指摘もなされています。

| | コメント (0)

倉橋洋子・芝垣茂(2010).「英語英米文学研究と読解指導」を読む(岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』,大修館書店)

文学理論の読解指導への応用についての論文です。どちらかというと英語英米文学専攻の学生を中心とした指導と関係しています。

倉橋洋子・芝垣茂(2010).「英語英米文学研究と読解指導」.In岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』(pp. 211-228).大修館書店.

概要

著者はまず小説の構成要素として、登場人物、プロット、背景、視点、テーマ、について説明します。次に文学理論として、伝記的批評、精神分析的批評、フェミニズム批評(ジェンダー批評・クイア批評)、歴史主義批評・新歴史主義批評、ポストコロニアル批評、が解説されます。そして、それぞれの文学理論に基づいた読みが示されています。

  1. James BoswellのLife of Johnsonに対する伝記的批評読み
  2. D. H. LawrenceのSons and Loversに対する精神分析的批評読み
  3. Nathaniel HawthorneのThe Scarlet Letterに対するフェミニズム批評読み
  4. Daniel Defoeの『ロビンソン・クルーソー』に対する歴史主義批評読み
  5. Jeanne W. HoustonのFarewell to Manzanarに対するポストコロニアル批評読み

なお、著者らは文学理論の読解指導への応用として次の手順を提案しています(p. 215)。

  1. 作品のテーマとの関連から文学理論の選択をする
  2. 文学理論に基づいた小説の内容に関して事前の質問を準備する
  3. 小説の構成要素、用いる文学理論に基づいて読んだ場合の作品中のキーワードに注目して読ませる
  4. テーマについて考える/討論の機会を与える

| | コメント (0)

沖田知子(2010).「意味論・語用論・文体論と読解指導」を読む(岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』,大修館書店)

ことばはすべてを語り尽くすことはできません。しかし、読解においては、ことばでは語り尽くされていない部分についても理解することが必要です。この論文では、意味論、語用論、文体論の知見を応用して、ことばでは語り尽くされない要素を少しでも理解できるようにするための読解指導法が提案されています。

沖田知子(2010).「意味論・語用論・文体論と読解指導」.In岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』(pp. 59-77).大修館書店.

概要

この論文では、次の事柄が提案されていました。

  1. 形式と意味の理解を一対一で済ませるのではなく、意味の多様性に気づかせ、その上で意味がどのように確定するのかを意識させる(意味論の知見の応用)
  2. 表意形成のレベルで満足させるのではなく、推論まで踏み込ませ、テクストを再創造させる(語用論の知見の応用)
  3. 誰のどのような声が何を語るかを考えさせて、言語の背景にある認知パタンを理解させる(文体論の知見の応用)

上記3点に加えて、批判的にテクストを読み解く力も養成すべきであるということが指摘されています(批判的談話分析の知見の応用)。

最後に、、William GibsonのThe Miracle Workerの一節を元に、上記の4つの提案に基づいた読解が実践され、ことばで語り尽くされない部分を読み解くことができること、そしてこのことが豊かな読解をもたらすこと、が例証されています。

| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

石川慎一郎(2010).「文学テクストの語彙と文体―コーパス研究の視点から―」を読む(岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』,大修館書店)

Brown、LOB、FROWN、FLOBを用いて、文学作品の言語の特徴がコーパス分析されています(ジャンル別にサブコーパスを作成して分析)。文学を使った英語教育研究にとって重要な基礎データを示してくれる論文です。

石川慎一郎(2010).「文学テクストの語彙と文体―コーパス研究の視点から―」.In岡田伸夫・南出康世・梅咲敦子(編),『英語研究と英語教育:ことばの研究を教育に活かす』(pp. 193-210).大修館書店.

概要

この論文では、文体論とコーパス文体論のレビューがなされた後、以下の4点について分析されています(p. 197)。

  1. 基本語頻度において文学ジャンルとその他のジャンルは識別されるか
  2. 基本語頻度によって各ジャンルはどのように分類できるか
  3. 文学ジャンルの語彙難度は他のジャンルより高いか
  4. 文学ジャンルを特徴づける語彙にはどのようなものがあるか

具体的な統計分析法等は本論文に詳しく記載されていますので、割愛します。この論文では、上記の各点について次のような結果が示されました(p. 208-209)。

  1. 文学はその他のジャンルと言語的に識別される。また、SF小説は、他から逸脱した特有の語彙使用パターンを持つ。
  2. 新聞、文学、論説は異なる語彙使用パターンを持っている。また、恋愛小説と推理小説が文学というジャンルの特性を最も強く反映している。
  3. 文学ジャンルの方が他のジャンルよりも語彙難度が低い。
  4. 文学ジャンルが人物間の関係性に基づく双方向的特性と会話的特性を持ち、過去(完了)時制や、平易な基本語(主に動詞)と修飾語(特に副詞)による動詞表現の多様化を特徴とする。

以上のことから、著者は次のように述べます。

「文学テクストがそれ以外のジャンルとは明白に異なった言語的独自性を備えていること、および、文学テクストで使用される語彙はむしろ平易であり、対話性・会話性・描写性など、他のテクストには十分に現れない重要な言語特性を具現していることなどが明らかになった。」(p. 209)

そして、文学を使った英語教育への示唆として次の重要な2つの指摘がなされています(p. 209)。

  1. 言語教育が幅広いジャンルのテクストへの対応力の涵養を目指すのであれば、扱う教材を新聞や論説文に限定することは言語的に問題が多い
  2. 文学テクストはコミュニケーションを目指す言語教育の方向性と必ずしも矛盾するものではない

特に2点目に関しては、「実際、文学テクストの言語的独自性は、一般に想像される難語や複雑な文法項目の使用に見られるのではなく、むしろ対人関係を基盤とする会話文や平易な日常語の効果的な使用に認められる。つまり、文学史的に正典とされる著名な作家や作品にこだわらず、広く同時代の散文小説に目を向けるならば、文学は、きわめて日常的でコミュニカティブな言語テクストの一種でありうる。」(p. 209)と述べられていました。

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

G.Thierry,C.D.Martin,V.Gonzalez-Diaz,R.Rezaie,N.Roberts,&P.M.Davis(2008).「Event-Related Potential Characterisation of the Shakespearean Functional Shift in Narrative Sentence Structure」を読む(『NeuroImage』)

事象関連電位によるL1健常者の文単位の言語処理を調査した研究です。Shakespeareがよく用いたfunctional shift(名詞を動詞として使ったり、その逆など。ただし、意味的には逸脱をしない。)を彼の作品から抽出し、それを現代英語の文の中に文脈化させた刺激文を調査参加者に読ませています。

Thierry, G., Martin, C. D., Gonzalez-Diaz, V., Rezaie, R., Roberts, N., & Davis, P. M. (2008). Event-related potential characterisation of the Shakespearean functional shift in narrative sentence structure. NeuroImage, 40, 923-931.

概要

この論文では、調査参加者は、正常な文、統語的には正常だが意味的に逸脱的な文、統語的には異常だが意味的には正常な文(Shakespeareのfunctional shiftを含んだ文)、統語と意味両面で逸脱的な文、を読ませています。具体的な結果は以下の通りです。

  1. Shakespeareのfunctional shiftを含んだ文を読む際には、まず左脳前部にLANが生起する(LANは形態統語論的逸脱や統語的束縛の逸脱を含む文を調査した研究の多くでその生起が確認されています)。"A failure to bind constituents within the syntactic frame of the sentence" (p. 927) を示唆するものと考えられる。
  2. Shakespeareのfunctional shiftを含んだ文を読む際に、意味的な逸脱文の処理(あるいは意味的に困難な文の処理)で生起することが報告されているN400は特に確認されなかった。
  3. Shakespeareのfunctional shiftを含んだ文を読む際に、P600の生起が確認された。先行研究によると、P600は、統語処理の難しさや統語的再分析、文の補修処理などの際に生起することが確認されている。

以上の結果から、Shakespeareのfunctional shiftという技法は、意味理解に影響を与えることなく、統語的に驚きを与えるということが示されました。

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

R.A.Mar(2004).「The Neuropsychology of Narrative: Story Comprehension, Story Production and Their Interrelation」を読む(『Neuropsychologia』)

2004年までの物語処理に関するレビュー論文です。この領域は進展が早いので、少し情報が古くなっているかもしれませんが、心理言語学的アプローチの研究と脳科学的アプローチの研究がバランスよく扱われています。さらに、脳科学的アプローチの研究では、健常者を扱った研究と疾患を患った人を対象とした研究の両方がバランスよく扱われています。

Mar, R. A. (2004). The neuropsychology of narrative: Story comprehension, story production and their interrelation. Neuropsychologia, 42, 1414-1434.

概要

著者は、物語理解、物語産出、物語理解と産出の相互作用、について扱った研究を包括的にレビューしています。また、これら3点それぞれについて、心理言語学的アプローチの研究、それらの研究によって推定された脳との関係(このモデルに基づけば、●●の処理にはおそらく脳のこの部位が関係しているだろうといった予想)、脳科学的アプローチで健常者を扱った研究、脳科学的アプローチで患者を扱った研究、を整理しています。また、それぞれのセクションごとに細かくサマリーも設けられていますので、論点を見失うことなく議論についていくことができます。

著者はこのレビューを通して、物語理解と物語産出両方を支える部位として次の5か所の重要性を指摘します(ただし、より細部に関しましては先行研究でかなりの違いが見られることも指摘されています)。

  1. medial prefrontal cortex
  2. lateral prefrontal cortex(右側)
  3. temporoparietal region
  4. anterior temporal region including temporal poles
  5. posterior congulate cortex

そして、以下のようなモデルを提案しています。

"working memory processes in the medial and lateral prefrontal cortex can be used to select and sequence information that is either being comprehended or prepared for production, in order to produce a representation of what is being described, or a representation of a story-to-be-expressed. This could be achieved in concert with areas that may modulate attentional focus in the narrative (either comprehended or produced), through the selection processes of the orbitofrontal cortex and anterior cogulate for example. Posterior regions of the cingulate may be responsible for the retrieval of elaborative information such as personal experience, in order to enrich comprehension or add realism to a produced story. This area may also contribute visuospatial imagery and perhaps modulate memory as a function of affect elicited by the narratives. Furthermore, the medial prefrontal cortex, temporoparaietal junction, and temporal poles may allow for the understanding of characters' mental states - be they described by the self or others. Mental-inferencing may also be used to understand one's audience during production. Anterior temporal regions such as the temporal poles also likely support macro-level language processes like the concatenation of sentences, perhaps in conjunction with the temporoparaietal junction." (p. 1430)

また、以下の指摘は非常に重要だと思いました。

  1. 心理言語学的モデルを立証できるほどの強固で詳細な証拠は脳科学的アプローチは提供できていない。
  2. 物語理解に比べて物語産出の研究は心理言語学的アプローチも脳科学的アプローチもかなり遅れている。
  3. 心の理論との関係という観点から、物語理解(産出)と論説文理解(産出)を比較対象した研究が必要である。また、関与する部位に違いがあるかどうか調べることも求められる。
  4. 物語理解とエピソード記憶の関係を調べることが必要である。
  5. 現実の経験の想起と空想上の経験の想起で、前頭前野の活性はどのように異なるか調べることが必要である。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »