« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

J.J.Katz(1964).「Semi-sentences」を読む(J.A.Fodor&J.J.Katz(編),『The Structure of Language:Reading in the Philosophy of Language』,Prentice-Hall)

準文についての生成文法の論文です。生成文法の準文の研究としては、他にもZiff(1964)やChomsky(1961)が有名ですが、これらの論文が統語論のみに基づいているのに対して、この論文は意味論に基づいています。文体論が生成文法をツールとして利用するきっかけになったひとつの論文です。かなり古い論文ですが、非常に重要な研究です。まだ読んでなかったので、この度読みました。

Katz, J. J. (1964). Semi-sentences. In J. A. Fodor & J. J. Katz (Eds.), The structure of language: Readings in the philosophy of language: A philosophical approach to language based on selected articles dealing with the theories, methods, and results of linguistics (pp. 400-416). Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall.

概要

準文とは、"It happened a grief ago" や、"I have overconfidence in you." のように、部分的には文法的ですが、部分的には非文法的である文を指します。このような文は日常ではよく使用され、母語話者は簡単に理解することができます。著者によると、準文は人間にとって決して余計なものではなく、生成文法が取り上げるべきものであると主張します。その理由として次のように述べられています。

"it is the aim of grammar construction to discover what a speaker knows about grammatical structure that enables him to understand utterances in his language. ... it is clear that, in some sense, speakers can understand semi-sentences, strings that are partyly grammatical and partly ungrammatical. So it is also clear that, in some sense, speakers know their structure, such as it is, too." (p. 401, emphasis in original)

しかし、生成文法は準文を扱う術を持ち合わせていないと著者は指摘します。

"a generative grammar does not provide an answer to the question of what relations between well-formed parts of a string and ill-formed parts of that string allow the string to be understood by speakers and what relations do not. A grammar tells us what is and what is not grammatical, but it does not say what combinations of what is and what is not grammaritcal are comprehensible to the speakers of the language." (p. 402)

"Thus, we need a theory of semi-sentences: a theory whose basic aim is to describe the ways grammatical parts and ungrammatical parts can combine to produce sentence-like strings which speakers understand, even though they are not strictly, or even "not so strictly," well-formed." (p. 402)

そこで、この論文では準文の理論が満たすべき条件として次の2点が挙げられます。

"R1: A theory of semi-sentences partitions the set of ungrammatical strings into two exclusive and jointly exhaustive proper subsets: the set SS of semi-sentences and the set NS of nonsense strings." (p. 402)

"R2: A theory of semi-sentences explicate the speaker's knowledge of the patterns of deviation from grammaticality that preserve intelligibility." (p. 403)

そして、準文に関する生成文法での先行研究として、Chomsky (1961) と Ziff (1964) をレビューします。Chomsky (1961) は、準文を2-grammatical、ナンセンス文を3-grammaticalとして統語論的な検討を行っています。Ziff (1964) は、word-class extension rule、word-class contraction rules、inversion rules、deletion rules、addition rulesという統語論的規則を提案しています(それぞれについてかなり詳しくレビューされていますので、詳細はこの記事では割愛します)。しかし、著者によるとこれらの研究は上記のR1を満たすことができていないと指摘します。具体的には、理解可能である文がナンセンス文とみなされてしまったり、またその逆も生じうることも指摘されています。

そこで、著者は、意味論的なオリジナルのアプローチを提示します。まず、準文を次のように定義します。

"A string is a semi-sentence of the language L if and only if it is not generated by an optimal grammar of L and has sufficient structure to be understood by the speaker of L." (p. 410)

そして、次のような理論を提示します(ただし、著者が断っているように、この論文で提示されるものは決して最終版とみなされるべきではありません)。

"a speaker knows (in the sense in which he knows the rules of the grammar of his language) a system of rules that enables him to associate a non-null set of grammatical sentences with each semi-sentence. This association is performed on the basis of the structure that the semi-sentence has. And the speaker's understanding of the semi-sentence is nothing other than his understanding of the sentences in the set with which the semi-sentence is associated. The system of rules transfers the meaning(s) from an associated set of sentences to the semi-sentence by virtue of establishing the association. Thus, we could sey that the speaker interprets the semi-sentence as if it were actually those sentences associated with it by the rules. thus, let us call the set of sentences that have their meanings) transferred to a semi-sentence its comprehension set and let us call the rules which accomplish this transference transfer rules." (p. 411, emphasis in original)

comprehension setとは、たとえば "Man bit dog" という準文に対して、"The man bit the dog." や "A man bit a dog." "The man bit some dog." "Some man bit a dog" のような、お互いにパラフレーズ的な関係となる文の集合を指します。したがって、準文とはcomprehention setに含まれる文の数だけ曖昧さを伴なうこととなります。そして、comprehension setを持たなければ、その文はナンセンス文とみなされることになります。著者は、comprehension setについて次のようにまとめています。

"For us, then, the notion sufficient structure to be understood is analyzed as structure that suffices to permit a semi-sentence to be associated with a finite number of sentences, each of which is a possible reading of the semi-sentence." (p. 411, emphasis in original)

transfer ruleについては次のように説明されています。

"A system of transfer rules may be regarded as containing at most a rule for each rule of the grammar (the same transfer rule may relate to more than one rule of the grammar). Each transfer rule tells how the rule(s) of the grammar to which it corresponds can be violated without leading to derivations whose terminal lines are strings in NS. A theory of semi-sentences thus generates semi-sentences (without generating any nonsense strings) when the transfer rules are used to construct their "semi-deviations." The comprehension set for a semi-sentence must be constructable from its semi-derivation in a mechanical way." (p. 412, emphasis in original)

しかし、著者はこれだけではtransfer rulesがナンセンス文を産出することを制限できないとします。そこで、このことを可能とする規則traffic rulesをtransfer rulesに含めておくことが必要であると述べます。まだ構想段階ではありますが、traffic rulesとはどのようなものであるべきかということがp. 414に示されています(この記事では割愛します)。

最後に、著者はこの論文で提示した考えは準文を単純に見すぎている危険性もあるとして、統語論と意味論の相互作用についても今後考えていくことが必要かもしれないという考えを示して、この論文を終えています。

"But this way of looking at the semantic component may be oversimplified because it neglects the interaction of syntactic and semantic components. There are different strings that have the same syntactic structure and the same distortion of syntactic structure, though one is comprehensible and the other not, owing to some semantic difference between them. If this is the case quite generally, then the construction of transfer rules of both semantic and syntactic types will have to be carried out jointly in order to obtain comprehension sets whose members have just the desired meaning, the one accorded to the semi-sentence by the speakers of the language. But this problem must remain for further investigations." (p. 416)

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

Y.Qiping&C.Shubo(2002).「Teaching English Literature in China: Importance, Problems and Countermeasures」を読む(『World Englishes』)

近代化の進む中国でも実用主義が高まり、英文科または英文学を学ぶことの意義が社会に理解されなくなりつつあるそうです。著者らは、英文学を学ぶ意義を議論しています。この論文を読む限り、中国も日本とかなり似た状況のようです。よく引用される論文です。

Qiping, Y., & Shubo, C. (2002). Teaching English literature in China: Importance, problems and countermeasures. World Englishes, 21 (20), 317-324.

概要

英文学を学ぶ意義として著者らは以下の点を挙げています。

  1. 学習者を想像的及び創造的にする(言語を新たに活気づかせる)
  2. 他者の立場を理解できる
  3. 文学なくしてはその言語を十分に理解することはできない
  4. 文学にはその社会の文化が詰め込まれている(文学の理解なくして異文化間コミュニケーションはできない)

上記のことに加えて、英文学の学習は社会経済にも貢献するとする調査結果も紹介されています。著者らが独自に行った調査によると、英文科出身の学生は外国貿易に関する学部出身の学生よりも経済関係の部門での仕事パフォーマンスは最初の2年間は不利ですが、彼らの方が大きなポテンシャルを持っており、2年後以降は実践的な資格を多く持っている者に追いつくということだそうです。

次に、文学の授業は学習者は退屈に感じがちであるという問題に関しても議論されています。学習者の興味をひきつけることができない原因としては、著者らは次の2点を挙げていました。

  1. 学習者が予習段階でそのテクストになじむことができるような手段が講じられてない
  2. 文学作品に徐々になれていけるような準備段階の授業が設けられていない

上記1点目に関して、著者らは "Questions should be designed in such a way as to help students realize the relationship between the voices in the text concerned and their own personal and socia lives." (p. 321) と述べています。

著者らは、結局は教育の質の向上のために努力をすることが、実用主義への最もよい対抗措置になるだろうと述べています。その際に、以下の点を重視することが重要と述べられています。

  1. "awakening in our students a heart-felt engagement with what they are reading" (p. 321)
  2. "to lead our first- and second-year students to the reading of myth, legend and parable, so that they will encounter fewer obstacles, language ones in particular, at a preparatory stage which will eventually launch them into a wider range of literary experience in greater depth" (p. 322) (中国の英文科カリキュラムでは、3年生になってから、何の準備もない段階でいきなり原作の英文学を読むことになることが多いそうです)
  3. 情意面も重視すること(伝統的には文学の知的側面ばかりが重視されてきたそうです)
  4. 様々な形態のライティングをさせる(アカデミックなエッセー・ライティングだけでなく、他のモードのライティングも扱う)
  5. 文学批評(または文学理論)の論争も積極的に授業の中で紹介する

著者らは次のようにこの論文をまとめています。

"To conclude, the teaching of English literature in China not only has its educational value, but also has its cultural and economic relevance to our contemporary life. By exposing our students to a critical community, and by linking literary texts physically to their memories, feelings and imagination, we can in our modest way brethe new life into our English teaching programs." (p. 323)

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

N.Fujimaki,T.Hayakawa,S.Munetsuna,&T.Sasaki(2004).「Neural Activation Dependent on Reading Speed During Covert Reading of Novels」を読む(『NeuroReport』)

夏目漱石の小説が刺激として用いられている研究です。ただし、文学作品という特定のジャンルの読みを明らかにしようという試みではなく、あくまでも文章読解一般における脳内基盤の研究です。日本語母語話者が調査対象者となっているL1読解の研究となります。MRIによる研究です。

Fujimaki, N., Hayakawa, T., Munetsuna, S., & Sasaki, T. (2004). Neural activation dependent on reading speed during covert reading of novels. NeuroReport, 15 (2), 239-243.

概要

速読の訓練を受けている調査参加者とそうでない参加者に、普通のスピードでの読解と速読をやってもらい、その時の脳の賦活の違いが比較されています。この調査では以下のことが示されました。

  • 速読に熟達している調査参加者は、速読条件においてウェルニッケ野とブローカ野の賦活が著しく低下した

著者らはこの結果から、"These results suggest that the trained subjects read sentences with fewer phonological processes." (p. 239) という考えを示しています。もちろん、意味処理や統語処理が速読条件ではあまりなされなかったことが原因になっている可能性も否定できませんが、今回の調査では熟達者は速読条件でも文章理解に問題はありませんでした。

また、調査した2集団は、通常の条件では読みの際の視線の動きに違いは見られませんが、速読条件になると違いが生じることも明らかとなりました(p. 240)。

| | コメント (0)

山口陽弘(2001).「マンガの表現内容・表現構造と読み」を読む(大村彰道・秋田喜代美・久野雅樹(編),『文章理解の心理学:認知、発達、教育の広がりの中で』,北大路書房)

今後、マンガの読みについて心理学的研究を進めるために、その準備としてこの章ではマンガに関わる諸問題とマンガの言語的特徴が整理されています。

山口陽弘(2001).「マンガの表現内容・表現構造と読み」.In大村彰道・秋田喜代美・久野雅樹(編),『文章理解の心理学:認知、発達、教育の広がりの中で』(pp. 214-231).北大路書房.

概要

著者は、まずマンガを低俗と決め付ける議論の問題点を指摘します。次に、マンガと活字の読みの発達順序について、被験者の自伝的記憶からアプローチした研究を紹介しています(自身が実施した調査研究も紹介されています)。また、マンガの表現構造に着目した記号分析と計量の試みについても先行研究の整理がされています。

| | コメント (0)

村田夏子(2001).「文学を味わう」を読む(大村彰道・秋田喜代美・久野雅樹(編),『文章理解の心理学:認知、発達、教育の広がりの中で』,北大路書房)

再読になります。日本の教育心理学研究の中で行われてきた、文学読解に関する調査研究がまとめられています。

村田夏子(2001).「文学を味わう」.In大村彰道・秋田喜代美・久野雅樹(編),『文章理解の心理学:認知、発達、教育の広がりの中で』(p. 190-201),北大路書房.

概要

著者は文学的テクストの読みについての調査は少ないということを指摘した上で、以下の項目に分けて、研究成果を整理しています。

  • 文学読解過程
  • 文学作品の理解
  • 文学の熟達した読み
  • 文学読解を介した現実世界の意味づけ

また、心理学の立場から「文学とは何か」という問いに答えるとすると、以下のようになるとのことです。

「何かを文学と見なし、文学的な意味を抽出する主役はやはり読み手といえるだろう。テキストが何であれ、それをきっかけにして読み手が主体となって自分にとって意味のある解釈を創り上げていくことは可能なのである。」(p. 196)

| | コメント (0)

2015年3月24日 (火)

P.L.Garvin(1962).「Structuralism Beyond Linguistics」を読む(『Monograph Series on Languages and Linguistics』)

この著者は、『A Prague School Reader』の編者としてよく知られています。この論文では、プラーグ学派の考えを簡単に説明し、その研究対象が言語を越えて文化一般となっていることを紹介しています。

Garvin, P. L. (1962). Structuralism beyond linguistics. Monograph Series on Languages and Linguistics, 13, 93-97.

概要

著者によると構造主義はthe whole、the parts、the functionを基本的要素として成り立つ考えであるとしています。

"The basic assumption of structuralism is that its particular object of cognition can be viewed as a structure - a whole, the parts of which are significantly interrelated and which, as a whole, has a significant function in the larger social setting." (p. 93)

そして、プラーグ学派でも、the whole、the parts、the functionが基盤となっています。

次にforegroundingとautomatizationという概念を説明し、ムカルジョフスキーはforegroundingを"esthetically intentional distortion of the linguistic components" と考えていた点を紹介します。なお、ムカルジョフスキーの考えるdistortionとは以下のようなものであったとのことです。

"a distortion of the pattern qua social norm, but still within the bounds of the pattern qua system of signs, since the distorted, foregrounded units stem from the same system as their automatized counterparts, or are borrowed into ito and in terms of it." (p. 95)

もちろん美的機能は芸術作品や文学作品だけに生じるわけではありません。日常言語の中にもランダムに生じます。ムカルジョフスキーは、文学等で生じる前景化はそれ以外の場で生じるものとは "the consistency and systematic character of foregrounding" (p. 95) という点で異なると述べています。また、そのような前景化は次のような特徴をもつとされています。

"The systematic foregrounding of components in a work of poetry consists in the gradation of the interrelationships of these components, that is, in their mutual subordination and superordination. The component heighest in the hierarchy becomes the dominant. All these components, foregrounded or not, as well as their interrelationships, are evaluated from the standpoint of the dominant. The dominant is that component of the work which sets in motion, and gives direction to, the relationships of all other components." (p. 95)

ムカルジョフスキーは、プロソディーをsuperordinate(dominant)なものとし、語順をsubordinateなものとして、詩行を対象に分析を行っているそうです。

プラーグ学派はこのような考えをその他の文化的現象(儀式など)に適用し、その研究対象を拡大していきました。

| | コメント (0)

J.P.ソーン(1970/1973)「生成文法と文体分析」(倉又浩一(訳))を読む(J.ライオンズ(編),『現代の言語学(下)』,大修館書店)

生成文法と文体論の関連性についての考察です。

ソーン,J.P.(1973)「生成文法と文体分析」(倉又浩一(訳)).In J.ライオンズ(編),『現代の言語学(下)』(pp. 3-24),大修館書店.(原著は1970年出版)

概要

著者は生成文法と文体論は共に同じ種類の現象に関心を持っており、前者は後者に重大な影響をもたらすと考えています。

「二つの研究はどちらも、その基本的な原理が(生成文法のほうは明示的で、伝統的な文体論のほうは暗黙のうちであるというちがいはあるが)、ともに心理主義的だからである。どちらの場合も、その最も重要な資料になるのが、言語構造について直感的に分かっていることに関する話し手の反応なのである。こうして、心理主義的な文法だけが文体論にとっての適切な基盤を与えうる、という議論が成り立つ。」(pp. 7-8)

「たいていの文体上の判断は、深層構造と関係があるのである。」(p. 8)

また、文体論はこれまで散文と詩を言語学的に区別することが可能かどうかという問いに熱心に取り組んできました。この問いを改めて考える時、次の2点を認めた上で議論を行う必要があります(p. 14)。

  1. 散文よりも詩のほうに、はるかに多く非文法的な文が現れる傾向があること
  2. われわれがこのような逸脱文を逸脱したものと認識するのは避けられないにもかかわらず、詩の脈略内では、それらが逸脱文とは感じられない場合も時折あること

事実、詩の中にはI am the grave of all. やAll these (=the sunne and th' hydroptique earth) seem to laugh. のように、日頃の選択制限に違反する文が産出されることがあります。著者は、これらの構造を実際に生成するような規則を打ち立てることが有益であると述べます(つまり、この場合は、詩のための選択制限に関する規則を作り上げることになります)。

著者は、このような詩のための文法は、カッツ(1964)が述べる以下のような副文法の条件を満たす必要があると述べます。

  • 副文法には、標準英語の規則ではない規則が含まれているけれども、それらは、標準英語の規則と関係がなければならない(p. 18)

最後に、なぜ詩では特殊な表現が産出されるのかという点について次のように説明されていました。

「詩人が新しい言語を創造する狙いは何かと言えば、それは、新しい言語でなら、標準英語でも言える―言い方は違うが―いろいろな事柄について言えるばかりでなく、標準英語ではぜんぜん言えない事柄についても言える―もっとも、そのような事柄は標準英語を理解する人によってしか理解されないけれども」(p. 19)

| | コメント (0)

伊東一郎(1979).「以後のフォルマリズム」を読む(『早稲田文学第8次』)

ロシア・フォルマリズム→バフチンらの社会文化論的研究→ソヴィエト構造主義までの流れがとてもわかりやすくまとめられています。

伊東一郎(1979).「以後のフォルマリズム」.『早稲田文学第8次』,33,26-29.

概要

著者はまず、19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ各地の文化に次のような共通した現象を確認できるとします。

「それは芸術・文化の諸ジャンルがそれぞれ自らの限界をその芸術言語としての特質そのものの中に意識しはじめた・・・。それは、つまりこの時代に生じるいわゆるリアリズムへの反動が、現実と作品との自然主義的関係を保証している芸術言語のありかたそのものへの懐疑となって汎ジャンル的に現象したということで、この為に、絵画、文学、音楽などの各ジャンルは現実から独立した自律的な記号体系としての自らの可能性を模索しはじめたのである。」(p. 26)

ロシア・フォルマリズムは当初は未来派の詩作と関係を深め、リズム論や韻律論を中心とした精緻な理論を作り上げます。そして、リズムや韻律は単なる技巧ではなく、詩を詩たらしめている要因とみなして、作品全体の中で他の要素と有機的に関連付けながら考察をしていました。

そして、この形態的アプローチは散文研究にも拡張されました。しかし、フォルマリストは小説言語を芸術たらしめている要素を見いだすことができず、「語り」の分析に集中するようになります。しかしながら、この方向では十分な成果を挙げることができませんでした。

散文の研究は、フォルマリストとは一線を画していたヴィノグラードフやバフチンによって進められることになります。彼らは、「芸術的散文の中に日常的言語がどのように導入され、文学的な表現手段としてどのように機能しているか」(p. 27) という点の解明に乗り出し、形態論的ではなく意味論的分析を行いました。そして、この過程で、小説は文化・社会・歴史的コンテクストと関連付けて研究することが必要となりました(さらに、トゥイニャーノフは文学史の研究を行っています)。また、小説では登場人物のことばが重要な働きをしますが、彼らの言葉はイデオロギーと共に作品中に導入されており(登場人物を造型する際に必然的にこのことを伴ないます)、個々の発話を対話的(複数的)に捉える必要があります。

バフチンはその後も通時的な観点を意識した研究を次々と進めていきます。彼は、共時的分析は通時的分析によって補完されなければならないと考えていたそうです。

さて、いわゆるスターリン批判後の1960年前後から、ソ連ではソヴィエト構造主義という新しい動きがあらわれます。ロシア・フォルマリズムが文学思潮との関連で成立したのに対して、ソヴィエト構造主義は数理言語学や機械翻訳理論など言語学との関連で成立しました。その中心はロトマンになります。著者はソヴィエト構造主義の特徴として以下の2点を指摘しています(p. 29)。

  1. 情報理論をよりどころに文学作品の伝達と意味論的機能を明らかにしようとする点
  2. 一般的に文学、宗教、神話等の文化の諸ジャンルは、いずれも自然言語を基礎としてその上に構築された一種のメタ言語であり、世界をモデル化する体系である、と考える点

上記1点目については、フォルマリズムの考えを意味とその伝達のメカニズムの中で捉え直す試み、「初期フォルマリズムの形態論的研究を、コミュニケーション的関係の中で捉えかえし、意味論と語用論とを補完しようとする試み」(p. 29)と解釈されています。

上記2点目については、「サピア=ウォーフの仮説の一般記号論的拡大であると同時に、詩的言語と日常的言語の差異を、美的機能と伝達的機能との対立に重ねあわせた初期フォルマリズムに対して、その差異をむしろ階層的なものと捉える視点である」(p. 29)と指摘されています。

ソヴィエト構造主義は、記号論的立場を強く取るようになり、「文学研究への情報理論の応用から、文化全体の体系の体系としてのメカニズムの解明にむかう」(p. 29)こととなりました。

| | コメント (0)

池上嘉彦(1989).「「記号」と「美」」を読む(『数理科学』)

記号が美的になるのはどのような時であるのか、わかりやすく解説されています。なお、ここで言う「記号」とは「言語記号」を指します。

池上嘉彦(1989).「「記号」と「美」」.『数理科学』,27 (1),12-14.

概要

著者は、記号が美的になるのは、その記号が何を表しているか(WHAT)ではなく、それがいかにして表しているか(HOW)ということに起因すると指摘します。そして、ムカルジョフスキーの言語機能のモデルを紹介し(「ムカルジョフスキー」という名前には言及されていませんが)、言葉が自己目的的に働くときに、美的になるという点を確認します。具体的には、語形と語義の関係が有契的に解釈されるときに言葉が美的になるということが指摘されていました(日常言語では語形と語義の間に何か特別な謂れが見出されることはありません(つまり、無契的))。著者は、次のように述べています。

「それまで実用的なルーティーンとして受け入れられていたものを改めて新しい様相でもって捉え直すというきっかけが与えられる。そのような新鮮な驚きがわれわれに一種の快感を与えてくれるのであろう。」(p. 15)

コミュニケーションの手段としては美的機能は余計なものとなりますが、この機能は言語にとっては重要な働きをするものであると著者は指摘します。

「われわれがわれわれを規制しているコードを越えた新しい可能性を創造する・・・。ある対象をある特定の視点で捉えるということも慣習化してしまえば、逆に惰性の中にわれわれを閉じ込めるための桎梏になる。無契的な語形と語義の関係を有契化する―そしてその有契化が惰性的になれば、また新しい有契化にとって代わられる―ということは、われわれの注目を改めてことばそのものへ向けさせ、現にいま慣習として受け入れられている捉え方だけが唯一のものではなく、もっと異なった新しい可能性のあることを時には衝撃的に啓示してくれる。そういう創造的な営みを伴なうという点で、芸術的な営みにも通じるわけである。(事実、すべて芸術的な営みは既存のコードを越え、新しい可能性を追求するものである。そして、そのような営みは、しばしば現実の直接の実用性とは必ずしも結びつかないという点でも、つながりがあるわけである。)」(p. 15)

最後に、著者は次のようにまとめていました。

「「実用的機能」のレベルで働くことばはそれが伝えようとする現実の世界に従属する。両者の間にもし食い違いがあれば、訂正されなくてはならないのはことばの方である。(例えば、言い間違いや嘘の場合がそうである。)「美的(詩的)機能」のレベルで働くことばはそうではない。それと現実の間に食い違いがあれば、現実の方がことばに合わせて解釈され直されなくてはならない。固有の意味での記号的美の世界は現実から自立した、われわれを現実を越えた新しい可能性へと誘う世界である。」(p. 15)

| | コメント (0)

A.Buchweitz,R.A.Mason,G.Meschyan,T.A.Keller,&M.A.Just(2014).「Modulation of Cortical Activity During Comprehension of Familiar and Unfamiliar Text Topics in Speed Reading and Speed Listening」を読む(『Brain & Language』)

ごく普通の大学生英語母語話者に、なじみのあるトピックとなじみのないトピックの論説文を、通常のスピード条件と速読条件で読解または聴解させ、その時の脳の反応をfMRIで調査しています。L1での理解を扱った論文となります。

Buchweitz, A., Mason, R. A., Meschyan, G., Keller, T. A., & Just, M. A. (2014). Modulation of cortical activity during comprehension of familiar and unfamiliar text topics in speed reading and speed listening. Brain & Language, 139, 49-57.

概要

この論文では以下の内容が扱われていました。

(A) 文章理解の脳内基盤に関する先行研究のレビュー

(B) 作動記憶の脳内基盤に関する先行研究のレビュー

(C) 本研究の調査報告

●文章理解の脳内基盤に関する先行研究のレビュー

先行研究によると、文章理解では、いわゆる伝統的な言語処理ネットワーク(the left inferior frontal gyrus(ブローカ野)、the superior and middle areas of the posterior temporal lobe(ウェルニッケ野近辺))に加えて、以下の箇所も賦活することが報告されています。

  • the dorsomedial prefrontal cortex:推論プロセス中に賦活するとされる(p. 56)
  • the anterior temporal lobes(両側):ブローカ野とともに文章理解における情報の統合処理を担っているとされる

これらの領域は、coherence monitoring processesと関連しているとされています(p. 55)。伝統的なthe language networkに上記2領域を加えたものはthe extended language networkと呼ばれています。

●作動記憶の脳内基盤に関する先行研究のレビュー

先行研究では以下の領域が作動記憶と関連しており、テクストの各部における一貫性の処理を支えているとされています。

  • temporoparietal and frontal cortex:作動記憶における情報のリハーサルに関わるとされる
  • prefrontal and parietal areas:文字と単語の処理の負荷が高まった時に強く賦活する
  • the left inferior parietal lobe, the dorsolateral prefrontal conrtex, the left inferior frontal gyrus:最初に2領域は、作動記憶が言語を処理する際に情報の保存と操作を行う上で重要な働きをする、the frontoparietal loopを成す

●本研究の調査報告

本研究の主な結果は以下の通りです。

  1. なじみのあるトピックの文章理解に関しては(読解と聴解ともに)、先行研究同様(ただし、先行研究にはナラティブの処理を扱ったものも含まれている)にthe extended language networkが賦活した。つまり、"This potentially entails generating inferences and making associations between the information in the text and the reader's knowledge of the world." (p. 56)
  2. なじみのないトピックの文章理解では(読解と聴解ともに)、なじみのあるトピックの文章理解よりも、the dorsolateral prefrontal cortex, the ventrolateral prefrontal cortex, the inferior frontal gyrus, the left inferior and posterior parietal lobeで強い活性が確認された。the ventrolateral prefrontal cortexに関しては、蓄積された概念表象へのアクセスがいくらか限定されている際に活性化することが先行研究で確認されており、なじみのないトピックの文章理解では十分に推論が行われなかったことを意味しているのかもしれない。
  3. 速読と速聴では賦活した箇所が異なっていたが(速読ではthe inferior frontal gyrusが活性化したのに対して、速聴ではthe bilateral inferior parietal lobe、superior and medial frontal lobesが活性化)、これは速聴における音韻形式の保持が原因となっている可能性がある(先行研究では、音韻形式の保持にはthe bilateral parietalとthe frontal lobeの一部が関わるという報告がある)。今回の結果を総合的に考えると、速読と速聴では、作動記憶に関わるとされる処理が活性化したと考えられる。
  4. 速読ではthe secondary visual areasが、速聴ではthe secondary auditory areasが活性化したが、これはこれらのモダリティーの違いの結果として生じたと考えられる。これらの領域で、血中酸素濃度依存的シグナルが高まった。

著者らは、今回の結果を以下のように総括しています。

"The study shows that familiar passages presented in either modality trigger increased activity associated with high-level cognitive processing of connected discourse, such as semantic integration of sentence-level information and building a conceptual representation of the passage. We postulate that passages on familiar topics evoke increased computation of global coherence, whereas passages on unfamiliar topics evoke increaqsed computation of local coherence. Fast presentation rates in either modality resulted in more activation in regions associated with working memory and in sensory processing regions. Together, the findings show the exquisite adaptability of the comprehending brain to variations in the availability of knowledge and time." (p. 56)

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

瀬田幸人(1994).「ことば遊び」を読む(中島平三・外池滋生(編),『言語学への招待』,大修館書店)

日本語の事例が中心ではありますが、ことば遊びについて様々なものが紹介されています。英語の例もいくつか含まれています。音声によるものと文字によるものに分けて紹介されていました。

瀬田幸人(1994).「ことば遊び」.In中島平三・外池滋生(編),『言語学への招待』(pp. 252-267),大修館書店.

概要

音声によることば遊びの日本語の例として以下のものが紹介されていました。

  • 秀句・もじり
  • かすり
  • 地口・語呂合せ・地口落ち
  • 隠詞
  • 入間言葉
  • 重言
  • 挟み言葉(唐言)

音声によることば遊びの英語の例としては以下のものが紹介されていました。

  • joke(pun)
  • Wellerism
  • Tom Swifties,croakers
  • Knock, Knock
  • tongue twisters

文字による言葉遊びの日本語の例としては、以下のものが紹介されていました。

  • 掛詞・物名・折句・沓冠折句
  • 字謎
  • 回文

英語の例としては以下のものが挙げられています。

  • hidden words,charade
  • palindrome
  • anagram
  • rhebus

また、用例はありませんでしたが、英語の例として、acrosticとpangramも、名前だけではありますが紹介されていました。

| | コメント (0)

M.スタッブズ(1983/1989).『談話分析:自然言語の社会言語学的分析』(第10章:「筋が煮詰まるまでかき混ぜよ:テクストの命題分析」)を読む(南出康世・内田聖二(訳),研究社)

E.Hemingwayの「Cat in the Rain」の粗筋を60語以内と25語以内に要約するように英語母語話者(教師、大学生、大学講師)に指示し、彼らから提出された要約を適宜参照しながら、物語の筋の概念を研究する上での有用な概念が列挙されていきます。

スタッブズ,M.(1989).『談話分析:自然言語の社会言語学的分析』(南出康世・内田聖二(訳)).研究社.(原著は1983年出版)

概要

著者はまず文学能力において、物語の筋を理解できることは非常に重要な要素であると指摘します。

「物語を読める人は、筋を確認したり、その筋と背景的情報を区別したり、物語を要約したり、その要約の妥当性を論じたり、二つの要約が同じか否かを決めたり、境界線上の事例を確認したり等々する。この能力は我々の文学的能力の一部で、よって、筋の構成あるいは語りの構造は原則的に分析可能でなくてはならない。この議論はカラー(Culler, 1975: 205)によって唱えられている。」(p. 234)

「文学能力には、いくつかの異なる種類の意味関係、即ち、テクストとその要約間の関係、それぞれの要約間の関係、文とそれによって伝達される各種の命題間の関係、それに、発話内容と発話による含意間の関係を理解する能力が含まれている」(p. 252)

そして、命題、筋、要約について説明をした後、物語の筋を分析する上での有用な概念として、次の項目を挙げていました。

  1. 筋の意味分析
  2. 命題、論理的含意、前提
  3. 存在前提
  4. 同一指示
  5. 会話の含意
  6. 量の原則

著者は、この章を通じて、社会言語学的分析は文学テクストもその研究対象に含めることが重要であるという点を主張していました。同時に、命題を中心とした本章のアプローチの限界点として、次の3点が指摘されています。

  1. 第三者に再現可能な形では「命題」という概念がまだ定義されていないこと
  2. マクロ構造分析と結びつく必要があること
  3. 「前提」という概念(これも本章では文学テクストの分析で重要な概念とされています)も画一的な定義が提出されていないこと

なお、著者が収集したデータで以下の結果は非常に面白いと感じました。

  • 物語に登場する夫婦がアメリカ人であるという事実の方が、ホテルがイタリアにあるという事実よりも重要視されていたこと(p. 238)
  • 回収された要約の中にkittenという単語はほとんど含まれていなかったこと(全員がcatという語を使用していた)(p. 241)

上記1点目については、物語の冒頭で夫婦がアメリカ人であることが明かされており、この短編小説にとってこの情報が存在前提として機能していることが関係しているかもしれないと述べられていました(p. 244)。

| | コメント (0)

尾上利美(2013).「中学校英語教科書におけるohの語義」を読む(『中部地区英語教育学会紀要』)

英語教科書の談話分析が行われており、教科書の中でohという談話標識がどのように使用されているか分析されています。

尾上利美(2013).「中学校英語教科書におけるohの語義」.『中部地区英語教育学会紀要』,42,25-32.

概要

平成14~17年度に使用された中学校検定教科書にどのような語義のohが現れているか分析されています。教科書巻末の訳語リストでは対応できないほど豊かな用例が使用されていることが確認されていました。

| | コメント (0)

C.B.Platt(2007).「Presence, Poetry and the Collaborative Right Hemisphere」を読む(『Journal of Consciousness Studies』)

神のお告げといった超常現象、そしてそれを報告する際に生じる詩的表現、および詩人の詩的表現の背後には、幼少期の心の傷およびそれが引き起こす右脳の機能不全が原因となっている可能性があるということが議論されていました。宗教家や詩人の多くの事例を引用しながら、それらが神経美学の研究結果と合致すると指摘されています。

Platt, C. B. (2007). Presence, poetry and the collaborative right hemisphere. Journal of Consciousness Studies, 14 (3), 36-53.

概要

著者は特に幼少期の母の喪失(または母からの隔離)や高圧的な母の存在がこれらの現象を引き起こす原因になっている可能性があると考えています(ただし、もちろんこのこと以外にも様々な物事が人の心に傷を与えますし、特に女性の場合は性的虐待や自身にとって大切な男性の喪失が引き金になることも多いようです(pp. 49-51))。

"Here I would suggest that genetic predisposition plus a dissociative response to early childhood trauma, particularly maternal loss or an overbearing mother, preconditions the right hemisphere's subsequent lability to poetic, artistic and religious creative thought." (p. 42)
"I would suggest that through the cloven psyche of the wounded child sprouts adult dissociative poetic discourse." (pp. 43-44)

なお、上記のような主張の背後にはSchore (1994) の研究があります。この研究によると、幼児は10~18か月ごろまで、母親と右半球同士のコミュニケーションを直接的に行っており、これによって自己を形成し、内分泌系や神経系を調整するとしています(そして、母に関する記憶を元に感情をコントロールする術を学ぶ)。また、母親の前側頭辺縁系は幼児のその部位のテンプレートとして機能するとされています(p. 43)。

ちなみに、Dissanayakaも著者と類似した指摘をしているとのことです。

"we can see how the stressed mind might generate poetic language, the hallucinatory calling of one's name or a command to act to palliate anxiety." (p. 43)

また、著者は様々な詩人の伝記的情報を振り返る中で次のようにも述べています。

"The right brains of poets, then, preconditioned by genetic predisposition, early childhood and later traumas, become hotbeds for dissociation and a creative response to the stress of living, especially when they have followers or someone with whom they can collaborate." (p. 49)

著者は最後に次のようにまとめていました。

"The wounded mind searches for enhancd personal meaning and the stabilization of the self through a restorative dialogic with conjured Others and real collaborators. Whether aroused by intense verbal meaningfulness, meditation, pathologies, drug usage, ritualistic behaviours or electromagnetically, the creative output can provide healing perceptions, a change of course and, often, an inspired poetic voice." (p. 51)

| | コメント (0)

2015年3月20日 (金)

井上輝夫(1999).「芸術とコミュニケーション」を読む(関口一郎(編),『コミュニケーションのしくみと作用』,大修館書店)

芸術とはどのようなコミュニケーションであるのか、非常に分かりやすく議論が整理されています。

井上輝夫(1999).「芸術とコミュニケーション」.In関口一郎(編),『コミュニケーションのしくみと作用』(pp. 227-248),大修館書店.

概要

著者は、まず「芸術」の定義はほぼ不可能な作業であることと、芸術は私たちの生活のあらゆる側面に入り込んでいることを確認します。

著者は芸術をあそびの延長線上にあるものと理解しています。それらは、ともに仮想的な場を持ち、その内部に様々なルールを持っています。ただし、芸術とあそびはルールの複雑さ及びその結果としてそのルールに従って遊ぶことの難しさが異なるとされます。芸術は、この難しさを克服し、単なるあそびという域を超えたもの(「人間の心までも感動させる「まじめな」「あそび」」(p. 236))とされ、「ルールという秩序が快楽=美と感じられる表現」(p. 237)と説明されています。ただし、このようは表現が「芸術」としての地位を得る上では人々の評価が大きく関わることになります。なお、芸術におけるジャンルは、人がどのような娯楽を得たいのかということによって分化していると指摘されていました。

また、芸術には厳密な論理やレトリックが働いているものの、それは自然科学的な論証や論理とは異なるものであるという点も指摘されていました。著者によると、芸術は、「シンボリック(象徴的な)論理によってなりたっているということだ。そうした意味でいうならば、芸術はすべて記号表現=シニフィアンでなりたっており、一連の記号のシステムとして考えられ」(p. 239)るとされています。

次に、芸術を、正確な意味の伝達を目指すコミュニケーション形態と比較しています。著者は、芸術におけるコミュニケーションを、「説明という言葉で伝えるやり方、あるいは理性に訴えるやり方ではなく、表現されたもの(芸術)を疑似的に、あるいは今日の言葉でいえば仮想的に「体験すること」で会得するというプロセス」(p. 245)と説明しています。著者は更に次のようにも説明しています。

「芸術は意味を直接伝達するのではなく、ある仮想体験が鑑賞者の心に再構成されるように使用するのである。大まかにいえば、記号表現を中心にある体験のメタファーを創造するのである」(p. 246)

もちろん、このことは他のコミュニケーションでも生じえます。しかし、著者は「ただ、芸術の場合、記号表現を通して仮想的な体験プロセスをもつということに最大の重点をおき、またそうした記号の機能を最大限に利用している」(p. 246)と述べています。

最後に著者は、芸術の機能はコミュニケーションと捉えるよりも、コミュニオンと捉える方が適切なのではないかという主張をしています。

「創造された芸術の最終的なコミュニケーション機能を名づけるとすれば、それはむしろコミュニオン(communion)という言葉で言い表わされる性質に近いのではないかと考えられる。コミュニケーションが、意味の伝達、情報のやりとりに比重をおいた通信的な意味あいをもっているのに対して、コミュニオンとは同じ共同体に属することや宗教的に神と合一することを示しているからである。芸術のジャンルが何であれ、作品とそれを享受する人との間に起こることは、作品の提示する世界と享受する精神とがともに記憶をたどったり、その記憶を再構成したりして影響を与え合いながらある体験をつくり出し共有することにある。そうであるから、場合によっては享受する側が作品から過剰な意味を引き出してしまうことも起こりうるし、また逆に作品から過剰な意味が引き出されないように、作者が修辞的な制御を加えている場合もあろう。しかし、いずれにもせよ、芸術が喚起するものは、そうしたコミュニオン体験への誘いである。それはしばしばエロス的な体験ときわめて近い性質をもっていると考えられるが、そうした体験を提出し、また享受されることで、芸術は人間生活のなかで新たな、あるいは未知の経験を仮想的につけ加えるという豊かさを保証することになる。」(p. 248)

そして、さらに重要なこととして、芸術における仮想世界は私たちが住んでいる現実にも影響を与えます。

「そして、おそらく最も重要なことは、芸術は仮想的な今ひとつの体験を喚起するけれども、かといってそれが仮想的な次元にとどまるだけかといえば、そうではないことである。仮想的なものは、それと接する心を「現実に」感動させ、「実際に」影響を与える。そのことによって芸術は現実を見なおし、現実を変容するかもしれない潜在的な力を帯びるようになる。美という目的のために整えられた環境とさえいえる芸術がこうして私たちの暮らしのなかで、新たな「現実」の萌芽として働き始め、危うさと今ひとつの「生」という希望の双方を同時に提出するのだと言えるだろう。」(p. 248)

| | コメント (0)

K.Erhard,F.Kessler,N.Neumann,H.-J.Ortheil,&M.Lotze(2014).「Professional Training in Creative Writing Is Associated with Enhanced Fronto-Striatal Activity in a Literary Text Continuation Task」を読む(『NeuroImage』)

文学的物語と詩の冒頭を読ませ、その続きを書かせる際の脳の働きをfMRIによって調査した研究です。creative writingの上級者と初級者の比較実験で、創造性を支える脳内基盤を明らかにしようとしています。調査参加者はドイツ語母語話者です。

Erhard, K., Kessler, F., Neumann, N., Ortheil, H.-J., & Lotze, M. (2014). Professional training in creative writing is associated with enhanced fronto-striatal activity in a literary text continuation task. NeuroImage, 100, 15-23.

概要

詳細は割愛し、本論文で示された結果のみを簡潔にまとめたいと思います。

  1. 上級者では、左脳の前頭-頭頂にかけての側頭ネットワークが強く賦活する。特に、尾状核、背外側前頭前野(ただし、この部位は右脳でも活性化)、superior medial prefrontal cortexが強く活性化した。
  2. 対して初級者は、両側の視覚領域が活性化した。
  3. 上級者は右脳の前帯状皮質、楔部が活性化した。
  4. creative writingのブレインストーミングの段階では、上級者は右脳の被殻、右脳の後部島皮質、右脳の一次運動野、左脳の補充運動皮質が活性化していた。
  5. creative writingは、前前頭から大脳基底核(尾状核)にかけてのネットワークと関係しているようだ。

尾状核に関しては上級者はcreative writingに必要な処理を自動化している可能性が指摘されていました。また、楔部については、上級者は優れた読解能力をcreative writingに活用している可能性が指摘されていました。

著者らは今回の結果を大まかに次のようにまとめています。

"Neuronal correlates of expert creative writing were associated with increased cognitive control located in prefrontal areas and with skill automatization processes involving the basal ganglia, in particular the left caudate nucleus. In contrast, the increased activation of occipital areas in non-expert writes represented more visual and perceptual information processing." (p. 22)

| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

水野忠夫(1970).「《非日常化》の概念をめぐって」を読む(『すばる』)

著者は、以前シクロフスキーの研究を和訳した際に、「オストラネーニエ」という概念をどのようにして日本語に訳せばよいのか非常に悩んだそうです。現在では、「異化作用」と訳されることが多いですが、著者はこの論文で「非日常化」という語をあてがっています。なお、この論文ではシクロフスキーの非日常化(異化)という概念がとても簡潔でかつ分かりやすく説明されています。手っ取り早く、シクロフスキーの考えを理解したい人にもとても有用な論文です。

水野忠夫(1970).「《非日常化》の概念をめぐって」.『すばる』,2,158-163.

概要

シクロフスキーの考えの説明については基本事項となるため、この記事では割愛したいと思います。なお、「オストラネーニエ」という概念はシクロフスキーの造語となります。著者はこの概念について次のように説明しています。

「知覚作用が習慣化しながら「自己運動」の領域へと立ち去ってゆくものに、知ることとしてではなしに見ることとしての感覚を与える方法としての意味がまずあり、習慣となった知覚のなかから、新しい知覚の領域へと対象を移行させること、つまり独自な意味上の変更を加えることをイメージの目的と考えてこの概念を補強しているのを読むとき、わたしは二つの言葉を変形させて一語に収斂したものと考えた。一つは、ストランヌイ(奇異な、奇怪な、異様な)という形容詞に動的な意味を加えて名詞化したもの。これだけなら、異化とか奇異化と訳すことができよう。もう一つは、オストラニーチ(脇へどける、遠ざける、突き退ける)という動詞を名詞化したもの。これは事物をある場所から転位することを意味し、ヘーゲルからマルクスに継承された疎外するという意味もあり、隔離化とか、疎外ないしその逆過程、つまり、疎外されたものを本来の位置にとりもどすこと、と訳すことも可能である。」(p. 160)

著者は、「オストラネーニエ」という語の意味を「ストランヌイ」だけとみなすことには大きな問題があるとし、むしろこの概念のオリジナリティーは「オストラニーチ」にあると考えています。

なお、シクロフスキーの「オストラネーニエ」に似た考えは、ロシア・フォルマリズムの中だけでなく、当時様々な国で提唱されました。このことに関しては、著者は次のように述べます。

「危機をはらむ二十世紀の時代精神を共有する芸術家の発想は、時間を超え、国境を越えて共通性をもつ」(p. 162)
「既成の芸術に反抗して新しい芸術を創造しようとする者たちにとっては、国境は存在せず、そして同時代の意識に貫かれた共通の発想をもつものだ」(p. 162)

最後に、1920年代のソヴィエト芸術で「オストラネーニエ」という概念がなぜあれほどにも共有されたのかということとと絡めながら、この概念の重要性がまとめられていました。

「ロシアの革命は、まさしく二十世紀の問題の集中的表現であった。革命期という歴史の断絶と飛躍の時期、日常性の破壊を目ざす革命のエネルギーの噴出と、革命を日常性のなかに閉じこめておこうとするエネルギーの逆流との拮抗するなかで力を発揮した《オストラネーニエ》を、《異化》の一語からのみ考えることはできない。《自己運動化》し、日常化した現実を相対化し、その日常性を支えた意識に衝撃を与えて、それを総体として変革しようとする試みとして《オストラネーニエ》をとらえて、《異化》の意味も含む《非日常化》という言葉をわたしは選んだのだが、このように考えてみるならば、《オストラネーニエ》という概念は、もはや訳語の問題ではなくなり、現在、われわれの言葉が、われわれの行為が、われわれの知覚が、われわれの意識が、われわれの存在が、日日、《自己運動化》しつつ日常のなかに埋没してゆくようなもどかしい状況のさなかにあって、いかにして世界を再発見してゆくかというわれわれの文学創造の問題となってくるのだ。」(p. 163)

なお、著者はブレヒトの用いた「異化」という概念は、「オストラネーニエ」の2つの意味を含んだ語であると指摘していました。

| | コメント (0)

C.Brück,B.Kreifelts,C.Gößling-Arnold,J.Wertheimer,&D.Wildgruber(2014).「'Inner Voices': The Cerebral Representation of Emotional Voice Cues Described in Literary Texts」を読む(『SCAN』)

発話を聞く際の感情に関する脳内処理と、文学作品での声及び表情に関する記述(読者はそこから感情を読み取ることになります)を読むときの脳内処理がfMRIを使った調査によって比較されています。

BrücK, C., Kreifelts, K., Gößling-Arnold, C., Wertheimer, J., & Wildgruber, D. (2014). 'Inner voices': The cerebral representation of emotional voice cues described in literary texts. SCAN, 9 (11), 1819-1827.

概要

詳細は割愛し、大まかな結果のみをまとめておきます。この調査では、基本的に発話を聞く際と文学作品の読解では、脳内の類似した音声処理領域と感情処理領域が賦活していたことが示されていました。特に音声処理に関しては、文学作品読解時に内言が生じていることが原因ではないかという考察がされていました。また、ミラーシステムの関連性についても考察されています。研究結果は以下のように要約されていました。

"results identify the superior temporal, lateral and medial frontal cortex as well as the posterior cingulate cortex and cerebellum to contribute to the decoding process, with similarities to acoustic voice perception reflected in a 'voice'-cue preference of temporal voice areas as well as an emotion-related modulation of the medial frontal cortex and a task-modulated response of the lateral frontal cortex." (p. 1819)

なお、この調査では、ドイツ語母語話者に対して、39の声を表象した文と39の表情を表象した文を読ませ(文学作品から抽出されています)、ある時にはその文の感情を評価するように指示を出し、ある時にはその文の美的特性を評価するように指示が出されました。なお、声を表象した文と表情を表象した文は、いずれも肯定的感情が含まれた文が13、否定的な感情が含まれた文が13、中立的なものが13という内訳となっています。上記の文で、「task」と述べているのは、感情を評価するか美的特性を評価させるかという課題を指しています。

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

倉又浩一(1975).「文体論」を読む(田中春美・家村睦夫・五十嵐康男・倉又浩一・中村完・樋口時弘,『言語学入門』,大修館書店)

イギリス文体論発展以前の文体論についてまとめられています。

倉又浩一(1975).「文体論」.In田中春美・家村睦夫・五十嵐康男・倉又浩一・中村完・樋口時弘,『言語学入門』(pp. 241-250),大修館書店.

概要

著者は、まず「文体」という語には様々な意味があることを確認し、文体の定義を次のように大まかに提示しています。

「一般に文体とは、さまざまな背景を持つ表現者が、さまざまな相手に対し、さまざまな場面で、さまざまな表現目的のために、さまざまな表現手段、表現形式を用い、それをさまざまな表現媒体によって表現するときに生ずる、さまざまな表現様式、型である」(pp. 241-242)

文体論は、観点の中心をどこに置くかによってさまざまなアプローチが可能となります。なお、表現手段をもっぱら規範的、技術的、教育的な方向で考えるアプローチを取れば、伝統的な修辞論になると指摘されていました。

次に、文体論の対象となる事柄として、表現的価値と印象的価値について説明されています。表現的価値とは、同義的表現間に見られるニュアンスの違いを指し、ラングに属するものと説明されています。それに対して、印象的価値とは、特定の表現的価値を持つ語を実際に使用する際に聞き手に与える印象のことを指しています。著者は、印象的価値をパロールに属するものと捉えています。

著者は様々に考えられる文体論の中から次の3つを紹介しています。

  1. 表現の文体論(記述の文体論):いわゆるバイイの立場に立つ文体論で、表現的価値を分析対象とする。特に、自然的効果を与えるもの(擬態語など)と喚起的効果を与えるもの(階級方言など)を研究するもの(バイイは、当初は語彙を中心に研究をしていましたが、音韻、形態、意味、統語などあらゆる分野に研究対象を拡張していったとのことです)。一般に、母語のみが研究対象となる。
  2. 個人の文体論(発生的文体論):「特定言語の示す表現の可能性のうちから、個人が意識的・意図的にどのような選択を行ない、どのような印象的価値を創造するかという、実現の文体論、パロールの文体論」(p. 245)。特に、ある時期におけるある個人の総体としての個人語(ホケット)や個人の言語財(ヴァイスゲルバー)を対象とする。また、「この文体論は、特定の個人がどのような意図からある特定の言語手段を好んで用い、また、どのような意図からある特定の印象的価値を重視するのか、その原因をも追求し、そこに表現者たる個人の特性を見出そうとする」(p. 245)という特性もある。特に個人が作家で、意図が美的なものであるとき、この文体論は文学的文体論ないしは美学的文体論と呼ばれ、これはフォスラーを始祖として、シュピッツァーに引き継がれた。
  3. 国語文体論(比較文体論):個人の文体論の「個人」の部分を民族に拡張した文体論。フンボルトやヴントの内部言語形式に端を発し、「国語の特性をその民族性から説明したり、逆に、国語からその民族性を解明したりすることを目的とする」(p. 245)。アーロンシュタインによると、この文体論は外国語が格好の分析対象になる。

また、文体論の研究方法として、以下の4つが紹介されていました。

  1. 統計的方法
  2. キーワードの発見
  3. 変形生成文法による文体分析
  4. 翻訳との比較

| | コメント (0)

R.Ohmann(1972).「Speech, Literature, and the Space Between」を読む(『New Literary History』)

発話と文学の特徴を、主に発話行為論に基づいて整理し、さらに両者の間にはマスメディアという新たな言語使用があふれているという点が描写されています。そして、マスメディアには、発話的な特性と文学的な特性の両方が備わっている点が指摘されています。

Ohmann, R. (1972). Speech, literature, and the space between. New Literary History, 4 (1), 47-63.

概要

著者によると、これまで言語学も文学理論も、言語の「行為」としての側面を十分に考慮に入れて研究をしてこなかったと指摘します。そして、主にAustinの考えに基づきながら、発語内行為という側面の重要性を議論していきます。発語内行為およびその重要性自体はかなり基本的な内容ですので、この記事では割愛したいと思います。

なお、著者は文学と発語内行為の関係について次のようにまとめています。

"We might say that the building of a fictional world to accompany a novel, play, poem, or other fictional form is an exchange between writer and reader through the medium of illocutionary acts. In fact, the imitation of reality that takes place in literature can only happen in this way. It was unfortunate for literary theory that Aristotle fixed the term mimesis with reference to the performance of a tragedy, since dramatic performance is a special kind of imitation, and to fucus on it is to miss the deeper similarities in mimesis that connect all genres and their written and spoken forms." (p. 55, emphasis in original)

また、文学の語用論的側面について次のようにも述べています。

  1. 文学の読解では、読者は話者(作者)のジェスチャー、イントネーション、表情、設定、動作など様々な情報を自身で補わなければならない。(発話では、通常これらの情報は話者から聞き手に与えられる)
  2. 文学の読解に、読者が "participate" する際には、それは認知的、空想的なものとなる(発話における参加とは意味合いが異なる)
  3. "reading literature is a form of play, and would stress the fact that the fictional worlds we construct in this game constitute a judgment on our own real world. Literature preserves the function of criticism, as Matthew Arnold said, and activates our sens of possibility, of alternatives - some of them better - to the way things are done here. Furthermore, literature is in a good way disinterested. The better works, anyhow, put forth their comment on our world as a whole, rather than advancing petty morals or special pleas." (pp. 56-57)
  4. "Although the writer is in a way hidden, so that we meet only his surrogate and carry on no intercourse with the author himself, through our sharing of the act of mimesis we do get at something like the world he meant to create, and in this way we move close to his wishes and fears. Although hidden, he gives us access to his imaginative worlds, and to that much of himself." (p. 57)

なお、発話と文学は明確に区分できるものではありません。特に現在(この論文が執筆された時代における現在)においては、両者の間にはマスメディアが介在しており、それは発話と文学の両方の特性を兼ね備えたものとなっています。著者は、新聞における語り、テレビでの大統領演説、大統領の演説会(テレビではなく会場で直接聞く場合)、テレビでの直販コマーシャル、テレビコマーシャル(役者が何らかの劇を行っているもの)、を例として取り上げ、それぞれに発話の語用論的要素と文学の語用論的要素が混在している点を指摘しています。

最後に、マスメディアが与えた語用論上の影響について指摘しています。

  1. 社会的結合が希薄化した
  2. 発話の真正性が弱化した
  3. 言語的に行動することが減少した
  4. 現実を虚構化することを促した

これらは、いずれも発語内行為が効果を発しない言語使用がマスメディアで増えたことによる結果とされています(発話であれば、「~してください」というような形で何らかの発語内行為を与えられた場合は、そのことに従った発語媒介行為が生じるでしょうが、メディアの向こうで発せられた発語内行為については私たちは常にそれに応じて行動するわけではありません)。

| | コメント (0)

2015年3月13日 (金)

J.M.Roberts&M.L.Forman(1972/1986).「Riddles: Expressive Models of Interrogation」を読む(J.J.Gumperz&D.Hymes(編),『Directions in Sociolinguistics: The Ethnography of Communication』,Basil Blackwell)

なぞなぞの機能についての一般理論を打ち立てるためには、どのような側面を考慮に入れる必要があるのかということについて、探索的な考察がなされています。

Roberts, J. M. & Forman, M. L. (1986). Riddles: Expressive models of interrogation. In J. J. Gumperz & D. Hymes (Eds.), Directions in sociolinguistics: The ethnography of communication (pp. 180-209). Oxford: Basil Blackwell. (Original book was published from Holt, Rinehart, and Winston in 1972)

概要

著者らは、まずなぞなぞについて、当時の時点でどの文化圏(国)の研究が報告されているか列挙しています(残念ながら、日本については言及がありませんでした。英語媒体の文献では報告されていなかったのでしょうか。)。そして、まだなぞなぞの研究は始まったばかりであり、おそらく先行研究には多くの誤解等が含まれているだろうと述べていました。

次に、タガログ文化圏でのなぞなぞの機能について探索的な考察がなされ、そこで示唆されたことがアメリカ文化圏でも当てはまるかどうか調査した結果が報告されていました。著者らは、アメリカはなぞなぞの意識が低く、タガログ文化で示唆されたことのすべてを確認することはできなかったとしています。

著者らは一連の考察から、以下のような暫定的な結論を提示しています。

"Riddles may be regarded as natural models which represent interrogation, i.e., riddles represent an instrumental (nonexpressive) activity in a expressive way. More specifically, riddles will be regarded here as expressive models, or representations, of the serious and even formal interrogation of subordinates by superordinates. Such interrogation occurs when a parent questions a child, a teacher a pupil, an employer an employee, a judge a defendant, an officer a soldier, and so on. In these situations the subordinate usually is deemed to have less knowledge and power, and the superordinate to have more, at least with regard to the specific context of a given interrogation." (p. 184)

"We assert here that riddles are expressive models of oral interrogation. Such models should occur in cultures sufficiently complex to provide patterns of formal or serious oral interrogation to be modeled. Furthermore, there sould be high responsibility training which both contributes to an individual's caring about his performance in oral interrogation situations and to his interest in such situations (particularly if he is in conflict about responsibility). If with these antecedent conditions an individual's attitudes toward oral interrogation are balanced between approach and avoidance, or if his attitudes are such that approach outweighs avoidance, he is likely to be interested in a representation of the area of conflict (i.e. riddle), but if avoidance attitudes are stronger than approach attitudes, he should not be interested in such a model. Possibly, the more nealy approach is balanced by avoidance, the more likely he is to be competent at riddling and to have high interest. Finally, participation in riddling should provide useful learning to the participants in that they may improve their ability to ask and answer oral questions in a variety of situations and they may learn to deal with enigmatic situations. In a sense it is to the advantage of the society to provide models which assuage conflict-induced motivation and which contribute to learning." (p. 208)

なお、タガログ文化では、かつてはなぞなぞは宴や求愛の場との関連が強かったそうですが、現在では学校という場との関連が強くなってきているそうです。著者は、特に求愛に関して、学校が求愛の場として強く機能し始めている結果、このようなシフトが生じているのではないかと指摘していました。また、特に東南アジアでは、なぞなぞは、"training for the role of intermediary, a role of great importance to the maintenance of solidarity" (p. 199)という機能を果たしているのではないかという仮説も示していました。

| | コメント (0)

小川侃(1994).「構造理論の歴史的展開:ロマン・ヤコブソンを中心として」を読む(『数学セミナー』)

構造理論(著者は、「構造主義」という語は過去の流行語とみなされて誤解を招きがちなので、あえて「構造理論」という語を使っています。著者は、依然として構造理論は、諸科学の中で発展を遂げていると述べます。)とはどのような考えなのかが、とてもわかりやすく解説されています。

小川侃(1994).「構造理論の歴史的展開:ロマン・ヤコブソンを中心として」.『数学セミナー』,33 (11),27-29.

概要

著者は、まずイエスとノーを示す身振りを中心に構造とは何か説明します。著者は「構造」とは次のようなものであるとまとめています。

「二項対立が、一定の体系を前提し、そのうちで成立するということが、構造に他なりません。より一般的には、構造は、部分と部分が全体に関わっていくときの、その関係の全体的統一性のことだと差し当たり定義できます。」(p. 28)

そして、構造理論とは、(1) 体系性、(2) 機能性、(3) 対立性、(4) 中和性という4つの特徴を備えたものであると述べ、各特徴について以下のように説明しています(p. 28)。

  1. 構造理論は、ものを単なるアトム的なものの集まりとして捉えるのではなく、ものを統一する相互連関と体系性を重んじます。
  2. 部分は、かならず体系の内部で一定の機能を果たし、その機能のうちで相互に他のものと連関しています。言い換えると、ものがそれだけでそれ自身で存在するという実体性を持たないのです。
  3. 体系の内部の個々の項は、相互に対立しあい、排除しあい、相互に区別されます。しかし、個々の項が永遠に対立したままでは、構造になりません。
  4. 最後に、個々の項の相互の対立は体系の場のなかで中和されます。体系は、対立の相互含意の場であり、相互前提の場であります。

著者は、構造主義とは、「19世紀後半の哲学と諸科学における実証主義、アトミズム、進化論などに反対する理論的な精神運動」(p. 28)と指摘しながらも、実はこの思想は、ソシュール以前にも古くはヘラクライストの思想にその萌芽を見ることができると指摘しています。著者は、ソシュールに至る以前に構造理論と関連した思想を提示した思想家の名前を列挙しています(この記事では省略します)。

最後に、構造理論に基づいた研究の例として、Jakobsonの音韻論が簡単に紹介されています。また、Jakobsonはフッサールの『論理学研究』の中の「第三論理学研究」に大きく影響を受けていることが指摘されていました。

| | コメント (0)

R.Jakobson(1979).「Notes on the Makeup of a Proverb」を読む(M.A.Jazayery,E.C.Polumé,&W.Winter(編),『Linguistics and Literary Studies in Honor of Archibald A. Hill: IV』,Mouton)

Jakobsonによる、諺の構造についての覚書きです。

Jakobson, R. (1979). Notes on the makeup of a proverb. In M. A. Jazayery, E. C. Polumé, & W. Winter (Eds.), Linguistics and literary studies in honor of Archibald A. Hill: IV: Linguistics and literature / sociolinguistics and applied linguistics (pp. 83-85). The Hague, Mouton.

概要

ロシア語の諺を例として、その内部は様々な言語レベルでパターンをなしていること、諺は他の定型句などと同じパターンを用いながら対立を作り上げていること、などが確認されていました。

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

G.Diaz-Santos(2000).「Technothrillers and English for Science and Technology」を読む(『English for Specific Purposes』)

科学英語や技術英語の授業(外国語教育です)でのテクノスリラーの有効性が議論されています。著者は、自身が実践したMichael CrichtonのJurassic Parkを用いた授業を中心に議論を進めています。作品に出てくる科学的な内容について学習者は比較的知識を持っているという点がポイントだと思います。文学教材とESPの有機的統合を提示してくれる論文です。

Diaz-Santos, G. (2000). Technothrillers and English for science and technology. English for Specific Purposes, 19 (3), 221-236.

概要

著者はテクノスリラーを以下のように定義しています(著者自身はworking definitionと呼んでいます)。

"an account of an event whose scieitific or technical relevance appeals to a general readership and which is presented as a novelized academic discussion enlivened with those facts that are usually omitted in the published research article" (p. 223)

著者は、作品中の記述を別のジャンルに書き換えさせることで、ジャンルに対する言語意識高揚を高めるという活動(一般に、rewritingと呼ばれる活動)を報告しています。また、作品中の科学に関する記述が正しいかどうか、学術的な書物での記述と比較させるといった活動も報告されていました。他にも、作品に出てくる科学的記述からスタートして、さらにいろいろとリサーチをするといった展開も報告されています(その場合は、文学作品に始まり、科学で終わるという非常に興味深い学習ルートをたどることになります)。授業後のアンケートによると、学習者はテクノスリラーを使った英語学習に対して非常に好意的な意見を寄せていたとのことです。また、この学習を通して、様々なスタディ・スキルを強化でき、さらに批判的読解力及び批判的思考力の涵養も可能であるとの見解を著者は示しています。さらに、言語的により複雑なテクストを外国語で読むための第一歩になることも期待されるとのことです。

著者はテクノスリラーを使用した指導を成功させるポイントして次の点を指摘しています。

"In my opinion, this approach will pay off if teachers structure activities through which leanrers can develop their awareness of how language is used in different contexts, and how texts are constructed depending on the social purpose they aim at. This means that learners will not only need knowledge about register and genre, but they will also need systematic training in using their imaginative capacities and productive language skills to develop the communicative capacities and competence which will allow them to properly function in professional and other social contxts" (p. 234)

| | コメント (0)

藤井桂子(1998).「会話の「割り込み」に見る男女のインターアクションの違い」を読む(『横浜国立大学留学生センター紀要』)

日本語母語話者の同性友人間での会話データを収集し、その特徴の違いが分析されています。

藤井桂子(1998).「会話の「割り込み」に見る男女のインターアクションの違い」.『横浜国立大学留学生センター紀要』,5,49-63.

概要

著者は得られた割り込みのデータを以下の3つに分類しています(p. 50)。

  • 調和系:相手の発話権を脅かさず、トピックが全面的に保持されている場合
  • 調整系:相手の発話権を脅かさないが、トピックが全面的には保持されていない場合
  • 独立系:相手の発話権が維持されない場合

そして、それぞれについて細かくデータが分析されています。まず、調和系については以下のような結果が見られたとのことです。

  1. 男女ともに調和系の割り込みが最も多い
  2. 調和系のカテゴリーを更に細かく分類していくと、女性は「驚きや関心」などの感情的表現を示す割り込みが多い(男性の4倍)
  3. 男性は、女性であれば「驚きや関心」を示すであろう文脈では、冷静で客観的なコメントを述べる形の反応をしていた
  4. 4回と観察数は少なかったが、女性は「誉め」の割り込みをしていたのに対して、男性は一切このような割り込みはしなかった
  5. 調和系の下位カテゴリーとして「理解・承認」と「同意・共感」の割り込みが非常に多かったが、特に男性で多く生じていた。意見がはっきり一致した部分では、男性は女性よりもやり取りが長く続き、結果として割り込みの数が多くなっていた。また、女性以上にトピックに関わっていく姿勢も見られた。

著者は、上記5点目に関して、男性の方がやり取りが長くなるのは、「各々の参加者が同じ意見で一体となりながらも、各自が独自に意見を述べようとする傾向が強いからではないか」(p. 53)との考えを示しています。また、トピックへの強い関わりという点については、「日本人男性の場合互いの発話をもり立ててかつ自分の発話も維持しようとする両方の姿勢があらわれた結果ではないだろうか」(p. 55)との見解を示しています。

次に調整系については以下のような結果が得られました。

  1. 女性の方が調整系の割り込みが多い
  2. 下位カテゴリーに分けてみていくと、女性はトピックに関連した質問の割り込み(「確認」、「訂正、情報追加」)が男性よりも多い

著者は、上記1点目については、「トピックを共有し、参加者の関わりを強化していこうという姿勢が、女性の方に強いことを示しているのではないか」(p. 55)と述べています。また、2点目については、「聞き手の関心を示すとともに話し手と聞き手の共通理解の基盤をすばやく築こうとする姿勢が、女性の方に顕著であることを示唆するものであると言えよう」(p. 56)と述べています。

最後に、独立系についてです。以下の結果が得られたとのことです。

  1. 男性の方が多い
  2. 下位カテゴリーを見てみると、男女ともに「トピックの戻し」が多く見られるものの、男性の方が多い。また、男性は、トピックをそらす発話が入ってもトピックがすぐに戻る傾向が強いのに対して、女性はそのままトピックが移行していく傾向が強くみれられた。
  3. 男性は女性よりも「総括」的な発話の割り込みが多い
  4. 「トピックの展開」も男性の方がやや多い

上記1点目については、「独立系の多くには、なんらかのトピック変更が見られ、相手のトピックが十分に尊重されていないという意味で、相手への脅かしともなる。こいした割り込みでは、独立性、優位性、独自性、相手との差異などが強調されると考えられ」(p. 57)、男性はこうした志向が強いようだと述べられていました。

上記3点目については、「このような割り込みは、相手への支援にもなりうるが、同じ立場から支援するというよりは、優位性や独立性を暗に示すことになると言えよう」(p. 59)と著者は分析しています。

上記4点目については、「女性が調整系の割り込みで、間接的な働きかけによって、相手にトピックを展開させようとする傾向があるのに対し、男性は独立系の割り込みで、自らが直接トピックをコントロールする傾向がある」(p. 59)と指摘されています。

ただし、独立系の割り込みは男性の会話においては妨害とはなっていないと著者は指摘します。それは、支援として機能することもあれば、相手の発話内容がなくなった時点でなされたり、小声でなされていました(この場合は会話の活性化に貢献していたと言えます)。また、一見反支援的な割り込みであったとしても、それは笑いの受け入れや引き金となっており、会話では潤滑油として機能していると著者はまとめています。

以上の議論を著者は以下の3点にまとめていました(p. 60)

  1. 日本語母語話者の友人同士の会話では、男性も女性も、相手のpositiveな面子を支援する機能をもつ割り込みが、最も多く生じ、基本的に男女ともインターアクションのなかで、相手との協調や協力、連帯感の形成を志向していると考えられる。
  2. 女性の方が男性より、相手の発話に対する関心を積極的に示し、相手との協調の中で、トピックを共有していこうとする姿勢が強く、そのための方策を用いる傾向が強い。
  3. 男性のほうが女性より、相手とは違った独自性を打ち出そうとする姿勢が強く、相手の発話に対し、競争的で、独立的な方策を用いる傾向が強い。

なお、このような男女差の傾向は、英語圏における研究と一致しているとのことでした。

| | コメント (0)

多田昌美(2008).「英語教材としての幼年文学作品の可能性-Anne Fine作The Jamie and Angus Storiesを一例に-」を読む(『美作大学・美作大学短期大学部紀要』)

絵本『The Jamie and Angus Stories』(Anne Fine作)の大学一般英語授業における有効性が指摘されています。

多田昌美(2008).「英語教材としての幼年文学作品の可能性-Anne Fine作The Jamie and Angus Storiesを一例に-」.『美作大学・美作大学短期大学部紀要』,53, 51-56.

概要

この作品は、絵も添えられているそうですが、文章のみで完結するものだそうで、授業においては英語に集中することが可能とのことです。著者は、以下の3点から、この作品は非常に有益な教材であると述べています。

  1. 関係詞や仮定法などの重要な文法項目が含まれている
  2. 繰り返しなどの文学的表現が含まれている
  3. 現代イギリスの性役割や多文化社会の状況が盛り込まれている

なお、著者は、余談として『おさるとジョージ』にも言及しています。著者によると、この作品には実は人種に関する意識が暗黙のうちに反映されており、文化背景理解の教材として大いに活用できる点が指摘されていました(ジョージが名前を与えている人物はいずれも白人であること、黒人は登場するものの物語の展開には関わらないこと、市長や医師は全員男性であること、看護師や子供室の世話係は全員女性であること、など)。

絵本を使った文化指導に関して大きな示唆を与えてくれる論文だと思います。

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

石黒昭博(1996).「ことばと文学」を読む(石黒昭博・山内信幸・赤楚治之・北林利治・菊田千春・伊藤徳文・須川精致・川本裕未,『現代の言語学』,金星堂)

英語の例を中心として、文学の言語の特徴がまとめられています。引用されている英語文学はいずれも有名かつ言語的に平易な作品であり、この領域の導入としては非常に有用だと思いました。また、著者は生成文法に基づいた文体論(「生成文体論」)の今後に大いに期待を寄せいています。

石黒昭博(1996).「ことばと文学」.In石黒昭博・山内信幸・赤楚治之・北林利治・菊田千春・伊藤徳文・須川精致・川本裕未,『現代の言語学』(pp. 258-275).金星堂.

概要

著者は、「言語学はすべての文学批評にとって重要なかかわりをもつ」(p. 259)という点を確認した上で、文学作品のこの章での定義として、「[詩、小説、劇、随筆といった]ジャンルに属する美的言語をもちいた文章の集合体」(p. 260)というものを示しています。また、「詩人や作家がこらす工夫は、すべて言語学的、修辞学的な努力の賜物であり、すべて意識的なものである」(p. 261)という考えも示しています。

以下、著者は文学作品の言語の特徴を英語文学作品を例としながら例示していきます。この章で扱われていたのは、以下の特徴です。なお、(  )内にはその例として言及されていた作品を挙げています。繰り返しになりますが、いずれも語彙・文法的には平易な作品が意図的に選ばれています。

  1. 結合(Robert Browning, "Pippa Passes")
  2. 逸脱(John Keats, "Ode to a Nightingale")
  3. 変形(John Updike, The Poorhouse Fair
  4. 描写(James Thurber, "The Figgerin' of Aunt Wilma")
  5. 含意(Ernest Hemingway, "In Another Country"; Edgar Allan Poe, "Annabel Lee")
  6. 懐古表現(Percy Bysshe Shelly, "The Indian Serenade")

なお、結合に関しては、この作品が非常に理路整然とした形式を備えている一方で、最初の3行にやや非母語話者的な表現を入れることで、Pippaという女性の異国性を表現しているとするTraugott & Pratt (1980) の指摘が紹介されていました。

また、著者が生成文法のこの分野への応用を非常に期待していることもあり、変形に関してはかなり詳しく説明されています。消去、態、倒置、話法という項目に分けて説明されていました。

最後に生成文体論の目的が列挙されていました(p. 275)。なお、これは演繹的なアプローチを取るとのことです。

  1. 詩人、作家のもちいる音韻論的、統語論的技法と作品のもつ意味、内容の有機的関係を探り、その構造の原理を発見する
  2. 詩人、作家の駆使する言語的技法を意識的なものとして発見する
  3. 詩人、作家の心理の反映を統語化されたその文体のなかにとらえることをめざしている

| | コメント (0)

松井信義(2008).「談話標識 'you know' の機能について」を読む(『舞鶴工業高等専門学校紀要』)

談話標識の例として、よく引き合いに出されるyou knowについてその用法が分類されています。例文が豊富に掲載されています。

松井信義(2008).「談話標識 'you know' の機能について」.『舞鶴工業高等専門学校紀要』,85-92.

概要

著者は辞書及びHolmes (1986) の問題点を指摘した上で、you knowの機能として以下のように整理しています。

1. 共有知識をモニターする
・共有知識がある場合
・共有知識がない場合
・共有知識があるかないか定かでない場合

2. 共有知識をモニターしない
・言語的明瞭さを模索する
・より明確にするために説明を補足する
・出だしのつまずきを修正する
・発話を切り出す合図をする

3. その他
・口癖として使う
・聞き手に含意をくみ取らせる

| | コメント (0)

新井恭子(2006).「関連性理論における「広告のことば」の分析」を読む(『東洋大学経営学部経営論集』)

新井恭子(2006).「関連性理論における「広告のことば」の分析」.『東洋大学経営学部経営論集』,68,79-91.

概要

著者は、広告、キャッチフレーズ、関連性理論、という事項について説明をした後、関連性理論に基づいて、日本語のキャッチフレーズを分析しています。この論文では、表意と推意という区分を重視しながら、メタファーまたは詩的効果が強力に作用しているキャッチフレーズを分析しています。また、キャッチフレーズはなぜ短いのかという点については、少ない処理労力で認知効果を得るためとされています。そして、キャッチフレーズに関しては、弱い推意だけでなく、弱い表意も勘案して分析することが必要であると述べられていました。弱い表意の重要性を指摘しており、非常にオリジナリティがある論文だと思います。

| | コメント (0)

後中陽子(2014).「協同学習をとりいれた文学教材を用いたリーディング授業の実践報告-イギリス文学の散文の場合-」を読む(『外国語教育フォーラム』)

イギリスの散文学を協同学習の形態で学習者に読ませ、最後に彼(女)らに提出させた自由記述のレポートの内容がKJ法によって分析されています。学習者の生の声が多数収録されており、とても実践的な研究です。大学での実践となります。

後中陽子(2014).「協同学習をとりいれた文学教材を用いたリーディング授業の実践報告-イギリス文学の散文の場合-」.『外国語教育フォーラム』,13,79-98.

概要

KJ法の結果、「文学教材のメリット」、「文学教材のデメリット」、「協同学習のメリット」、「協同学習の問題点」、「朗読プレゼンテーション」(著者が授業の中で学習者全員にこの課題を課しています)、「文学教材と協同学習の組み合わせ」というカテゴリーが得られたそうです。この論文の結果として、以下の点が示されていました。

  1. 文学教材を使って英語学習をするメリットとして、学習者は「新鮮さ、楽しさがある」、「達成感が大きい」、「異文化に興味がわく」、という点を感じていた。また、数は多くはなかったものの、「多様な味わい方があること」、「リズム感」、「普段使えるような実用的な英語も身についた」、「TOEIC対策に効果があった」という声も見られた。
  2. 文学教材のデメリットとしては、「難しい」という声があった。
  3. 協同学習に関しては、デメリットもいくらか報告されていたものの、総じて、コミュニケーション能力を向上させる、と学習者は感じていた。
  4. 朗読プレゼンテーションについては、学習者は英語学習上のメリットを感じていた。
  5. 文学教材を協同学習という形態で学習したからこそ、文学作品を深く味わうことができたという声が多く見られ、学習者は両者の相乗効果を感じていた。
  6. 学習者は文学作品のリズムや表現の美しさに敏感であり、朗読プレゼンテーションに関する記述では音の細部への注目が顕著に見られた(文学教材の音読練習への有効性を示唆する結果と著者は指摘しています)。

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

J.Hoorn(1997).「Electrocortical Evidence for the Anomaly Theory of Metaphor Processing: A Brief Introduction」を読む(S.Tötösy de Zepetnek&I.Sywenky(編),『The Systemic and Empirical Approach to Literature and Culture as Theory and Application』,LUMIS)

事象関連電位について言及しながら、メタファーの言語処理モデルについて考察されています。

Hoorn, J. (1997). Electrocortical evidence for the anomaly theory of metaphor processing: A brief introduction. In S. Tötösy de Zepetnek & I. Sywenky (Eds.), The systemic and empirical approach to literature and culture as theory and application (pp. 67-74). Siegen: LUMIS Publication.

概要

これまで、メタファーの処理に関しては、serial anomaly modelが強く提唱されてきました。このモデルによると、人はまずその文が文字通りの意味として成立するかどうかを判断し、文字通りの意味としては解釈できないと判断されてはじめて、その文がメタファーなのか無意味文なのかを判定するということになります。

しかしながら、反応時間を調べた研究によると、無意味文への反応が最も早く、それに遅れて文字通りの意味の文とメタファーが同程度の反応時間で処理されるという結果が出ました。したがって、serial anomaly modelではこの現象は説明できないことになります。

そこで、著者はparallel anomaly modelを提唱します。このモデルによると、人はまず「A is B.」という文を見たとき、AとBの間にカテゴリーのミスマッチが見られるかどうかを判断します。ミスマッチがないと判断される場合は、文字通りの意味の文と判断され、AとBの間にどの程度のカテゴリーの重なりがあるかが計算されます。それに対して、ミスマッチがあると判断された場合には、メタファーの文と判断され、AとBの間にどの程度メタファーとしてカテゴリー間に重なりを読み込めるかが計算されます。なお、ミスマッチがあるという時点で事象関連電位N400が生起すると著者は考えています。次に文字通りの文にせよ、メタファーにせよ、重なりの程度が小さいと判断された場合は、無意味文と解釈されます。次にすべての文に対して、メタファーとしてAとBの間にカテゴリーの重なりを読み込めるかどうかが再度検討され、読み込めない場合は文字通りの意味の文、読み込める場合はメタファーの文と判断される、というモデルとなります。

本論文のpp. 73-74にモデルが図式化されていますので、興味のある方はそちらをご参照ください。非常に分かりやすい図式が提示されています。

| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

S.Frisson&M.J.Pickering(2001).「Obtaining a Figurative Interpretation of a Word: Support for Underspecification」を読む(『Metaphor and Symbol』)

figurative senseを伴う語を含む文の言語処理に関して、著者らが提唱するthe underspecified modelが説明されています。さらに、著者ら自身が行ってきたアイトラッカーを使った実証的研究に基づきながら、そのモデルの妥当性についても説明されていました。

Frisson, S., & Pickering, M. J. (2001). Obtaining a figurative interpretation of a word: Support for underspecificagtion. Metaphor and Symbol, 16 (3-4), 149-171.

概要

著者らは、まずmeaningとsenseの違いについて説明します。meaningとは、bankにおける「土手」と「銀行」のような意味のことを指しています。それに対して、senseとは、wingにおける「鳥の翼」と「飛行機の翼」のような意味を指します。通常、1つのmeaningに対して、複数のsenseが存在しています。

また、この論文ではfigurative senseの処理に関心がありますが、ここでいうfigurativeとは、新奇的なものではなく、すでに確立しているもので、かつ、いわゆる文字通りのsenseからのメタファー的ないしはメトニミー的拡張を経ているものを指しています。そして、著者らは、この論文の関心について、"Hence, in this article we restrict ourselves to the issue of sense selection and do not consider sense creation" (p. 151, emphasis in original) と述べています。

これまでに、修辞的意味の処理に関しては、以下のようなモデルが提案されてきました(各モデルの詳細については、この論文のpp. 155-158を参照のこと)。

  • The frequency-based models
  • The literal-first model
  • The figurative-first model
  • The direct access model
  • The unranked parallel model

しかし、著者らがこれまでにアイトラッカーを用いて行ってきた調査の結果からすると、いずれのモデルも不適格であり、著者らが提唱するThe underspecification modelこそがその結果をうまく説明できるとしています。このモデルについて次のように説明されています。

"This model ... assumes that only one meaning gets activated initially. This meaning does not correspond to any particular sense, but is rather compatible with all senses. In other words, it is underspecified. No distinction is drawn between literal and figurative senses in this regard. Thus, the initial meaning of paint is underspecified with respect to whether it refers to artistic painting or decoration, and the initial meaning of disarmed is underspecified with respect to whether it refers to removing literal or figurative arms. The model then assumes that the processor is subsequently able to refine this meaning on the basis of contextual information so that it can ultimately correspond to a particular sense. Hence, when a word with multiple senses is encountered, there is no immediate activation of a single fully specified sense." (pp. 158-159)

"The model then assumes that the processor can subsequently home in on a specific sense. If preceding context helps determine which sense is appropriate, then the processor may home in fairly rapidly. If preceding context is neutral with respect to the different senses, then the processor may delay deciding which sense to adopt." (p. 159)

"Because the underspecified meaning is the same for all related senses of a word, there should be no need for alternative senses to compete for activation. This contrasts with many accounts of the resolution of words with multiple meanings, where competition between alternative meanings is assumed to be the cause of processing difficulty." (p. 159)

"The underspecified meaning is only applicable for established senses. Because the underspecified meaning is an abstraction over the features of specific senses, a novel interpretation for a word cannot be captured by the underspecified meaning." (p. 159, emphasis in original)

このモデルの妥当性に関して、次のように述べています(より詳しくは、本論文pp. 164-167を参照ください)。

  • "[This model] can explay why, in most cases, semantic interpretation of a sentence evolves so effortlessly and effectively. If the processor assigned a specific sense immediately, it would have to reanalyze frequently because the wrong sense will be chosen regularly. According to the underspecified model, however, a wrong sense will never be assigned and, thus, context does not have to act as a judge ... Rather, context is actively involved in refining the interaction of a word by changing the underspecified meaning into a specific interpretation." (p. 164)
  • "shallow semantic processing in which initially the "core meaning" of a word is accessed, and when this meaning fits well into the scenario, further or deeper semantic analysis is less likely to occur" (p. 165) という先行研究結果(語はいつも深く処理されるわけではないという先行研究の結果)とも矛盾しない
  • 複数のsenseが同時に関わるような文の処理に関する先行研究結果もうまく説明できる

| | コメント (0)

千代田夏夫(2014).「中学校英語教育教材としての米国文学作品-大学学部教育におけるテクスト選定作業を中心に-」を読む(『鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要』)

学部の英語教員養成用科目で、受講者に米文学を使った中学校英語教育の授業をデザインさせるという課題を与えた際の実践報告がなされています。教師側で教材を決めて、その模擬授業だけを学生に考えさせるという実践は比較的なされていると思うのですが、教材自体も学生に探させるという点が非常に面白いと思いました。

千代田夏夫(2014).「中学校英語教育教材としての米国文学作品-大学学部教育におけるテクスト選定作業を中心に-」.『鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要』,23,95-102.

概要

著者によると、学生は次のような作品を選定したそうです(各教材に対してどのような模擬授業をデザインしたのかという点につきましては、本論文を直接ご参照ください)。

  • O. Henry (1907) "The Last Leaf"
  • Ernest Hemingway (1924) "Indian Camp"
  • Issac Asimov (1950) "Liar"
  • Ernest Hemingway (1952) The Old Man and the Sea
  • Erskine Preston Caldwell (1930) "The Strawberry Season"
  • Ernest Hemingway (1925) "Cat in the Rain"
  • Mark Twain (1902) "A Dog's Tale"
  • O. Henry (1906) "The Gift of Magi"
  • Daniel Keyes (1966) Flowers for Algernon

著者は以下の点を指摘していました。

  1. 文学作品を扱う以上は、死や性など通常の言説でタブーとされているものについても授業(中学校の授業)で取り入れるべきであること
  2. 文学作品を扱うと、自ずと専門の文学研究で扱われるような問題が立ち現れること(言語教育と文学教育は繋がっていること)

さらに、Flowers for Algernonに関しては、作品中に文法的誤りが含まれているため、非常に面白い指導が出来るのではないかと述べられていました。

| | コメント (0)

橘髙眞一郎(2008).「関連性理論による文学性の考察」を読む(『佛教大学文学部論集』)

関連性理論に基づいてE. Hemingway(1925)のIn Our Timeに含まれる5編の短編小説が分析されています。

橘髙眞一郎(2008).「関連性理論による文学性の考察」.『佛教大学文学部論集』,92,137-149.

概要

著者は、文学性は異化といったものだけでなく、テクストと読者の交互交流によっても生成される点を指摘し、その生成プロセスが関連性理論における弱い推意によって説明できると述べます。著者は、関連性理論の概略を説明した後、以下の5作品を分析しています。

(1) "Indian Camp"
(2) "Mr. & Mrs. Elliot"
(3) "A Very Short Story"
(4) "The Revolutionalist"
(5) "Cat in the Rain"

これらの作品を、関連性理論に基づいて、以下の5つの観点から分析しています。

(1) 情報(new information)
(2) 前提(old information)
(3) 労力(processing effort)
(4) 帰結(weak implicature)
(5) 効果(contextual effects)
(6) 価値(aesthetic values)

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

G.P.ランドウ(1992/1996).『ハイパーテクスト:活字とコンピュータが出会うとき』第5章:「文学教育の再編」を読む(若島正・板倉厳一郎・河田学(訳),ジャストシステム)

本書を通して、ハイパーテクストの文学研究への影響について考察されています。第5章は、ハイパーテクストが文学教育にどのような影響を与えるのかという点について、著者の実践例を元に議論されています。

ランドウ,G.P.(1996).『ハイパーテクスト:活字とコンピュータが出会うとき』(若島正・板倉厳一郎・河田学(訳)).ジャストシステム.(原著は1992年出版)

概要

著者は、ハイパーテクストの登場により、文学教育に関して根本的に考え直さなければならないと考えています。著者は、教員、学生、学習時間、課題と評価方法の側面に分けて議論をしています。また実際の授業事例も紹介しています(学習者に課題に対するリンク集をオンライン上に作成させるという試み)。総じて、ハイパーテクストという技術の活用によってより効果的な文学教育を実践することが可能であるというのが著者の主張です。ですが、この記事を書いている2015年にあってはここで主張されていることはそれほど目新しいものではなくなっています。特に大学で初年度教育などを担当している教員にとっては、この章で述べられている事柄はすでに実践されている方も多いと思います(ですが、専門教育としての文学教育という観点から見ると、ハイパーテクストの授業での活用はまだあまりなされていないかもしれません)。また、現在であれば、さらに学生にプレゼンテーション等をさせるという作業などが入ってくるとは思うのですが、この点もあまりこの章では主張されていませんでした(これも時代的には仕方がないことだとは思うのですが)。

また、この章では正典(キャノン)という考え方について非常に分かりやすい説明がされていました。このことも現在では常識化しているのかもしれませんが、とても分かりやすい形で解説されていましたので、この記事でも紹介したいと思います。

「正典認可に属する種類や権力というものは、芸術作品という概念の中に存在する。ある作品は、芸術と分類されることで、正典の中に取り込まれるのである。そのように分類されるということは、その作品がある価値や、意味や、認識される形態を享受するということに他ならない。現代の美学者たちが指摘するように、芸術作品とは機能的に言って、誰かがどこかで芸術作品だと受け取るもののことである。芸術作品だと言うことで、それは芸術作品になるのだ。ある人間がその物体を芸術作品だと言えば、それは芸術作品である。そして(たとえ一時的であるにせよ)そうなると、それはある地位を獲得する。その最も重要な要素は、単にそれがある見方で見られるということである。芸術作品として受け取られると、それは美学的に鑑賞され、美的愉悦(または美的憤慨)を引き起こす機会として眺められる。それはいわば芸術の正典に入るのである。そして今日の西欧世界における画廊の存在のおかげで、それはしばらくのあいだ物理的空間を占めることを許され、「私は芸術作品である。私は(単なる)ドアを開けておくための物体ではない。私をよく見るがいい」と言っているのだと教養人たちによって解釈される。もしその物体が売却されたり、交換取引されたり、このゲームに精通している人間が、しかるべき役割を演じる必要性に譲歩する人間に、芸術作品として贈られたりすると、それは周囲に特殊な空間を生む能力を発揮して、それが特別な注意を引き起こし、特別な注意のされ方をする物体であることを人に知らしめるのである。」(p. 250)

「それとまったく同様にして、何かを文学作品であると呼ぶことは、社会的、政治的、経済的、そして教育的な実践の集積を喚起する。もしある人物があるテクストを文学作品だと主張するなら、その人物にとってそれは文学作品であり、あるはっきりとした仕方でそれを読み、他のテクストに関連させているのである。テリー・イーグルトンが正しく指摘しているとおり、「どのようなものでも文学になりうるし、絶対に疑問の余地なく文学だと考えられているどのようなもの(たとえばシェイクスピア)でも文学でなくなることもありうる。」(p. 251)

「正典に属することで授与されるさまざまな地位には、社会的、政治的、経済的、美的な地位があるが、それらは簡単には分離できないものだ。正典に属することは品位を保証されることであり、美的な高品質を保証されることは約束となり、契約となって、鑑賞者にこう告げる。「これは美術品として享受されるべき物です。あなたの目の前にある物は、複雑で、難解で、特権的な物であり、感受性の鋭い少数の人間と、それほど感受性が鋭くはない多数の人間によって選ばれてきました。あなたが関心を払えば、きっとそれだけの見返りがあります。その見返りとはスリルです。少なくともそのはずで、もしスリルを感じないとすれば、困りましたね、たぶんあなたがどこかおかしいのでしょう」。正典の中に鎮座する詩、絵画、建築物、ソナタ、舞踊がこのように告げるのは、すでに指摘したように、強力な選別効果がある。それはただちに、他とは異なる、優れた、価値を与えられ、愛されるべき物として屹立するのである。それは籾殻から選り分けられた麦粒であり、数少ない生き残りであって、そうして生き残っただけの特権をすべて手に入れるのだ。」(pp. 252-253)

「正典に属する作品は読まれるということ、初心の学生や練達の教官によって読まれるということだ。そしてまた、そうした特権的な作品を読むということは、それ自体がある特権であり、特権のしるしでもある。それはまた、自分自身も聖者の列に加えられたということだ。美に参入されるという体験によって清められ、正典を熟知し何が正典で何がそうでないかを判断できる、内輪の者たちの列に加わることを認められるのだ。正典を熟知するようになり、中心に位置する作品は何かを知るようになれば、自分自身もその中心へと移動することを認められ(というか強制され)、たとえ完全に中心とはいかなくとも、ともかく以前よりははるかに中心に近い場所に移動することになるのである。」(pp. 253-254)

「枠に入れられた物すなわち正典の構成員は、分離されているからというだけではなく、比較的孤立した状態にあるがゆえに栄光をまとっているからこそ、それがいっそう強化されるのだ。正典認可は、作品が見られることを可能にするのみならず、そう特権づけられた物の数は比較的少ないために、視線の強化を促す。潜在的に気をそらせる物は鑑賞者の視界から排除され、残った物が独占的な注視を享受する(あるいはその重みに耐える)ことになる。」(pp. 254-255)

これに対して正典から外れてしまうと、共同体から追放されることとなり、正典と交わることが許されなくなる傾向があると著者は指摘します。「正典外の作品は忘れられ、注目されることはない。正典の作者が論じられる場合、非正典作品と正典作品とのつながりは無視されがちである。」(p. 256)そして、活字技術の範囲内では、「平均的な知性を持った教養ある読者は、非正典作品とのそのような結びつきを見つけてはいけないことになっているのである。読者にってそれは存在しないのだ。結びつきは特別な作品のあいだにおいてのみ見つけられる。それをするのは、学問を職業とする専門家」(p. 256)となります。

しかしながら、同時に正典というものは、「ある時点で正典がどれほど堅固で制約的であろうと、非永劫性というかむしろ一過性がつねにその特徴であり、学問上の流行にさらされている」(p. 260)ということも忘れてはなりません。通常、正典の変化は、時間差を置いて文学教育の中に入ってきます。しかし、ハイパーテクストという技術があれば、正典を非正典と簡単に結び付けることが誰にでもできるし、正典の変化にもタイムラグなしで対応できると著者は考えています。

| | コメント (0)

高橋和子(2010).「短編小説を用いた大学英語の授業-Katherine Mansfieldを中心に-」を読む(『言語情報科学』)

Mansfieldの作品を扱った大学英語教科書から、文学教材を扱った教科書の問題点を指摘し、そのような教科書を用いた授業の実施方法に関して提案がなされています。非常に具体的な提言がされており、参考になります。論文の付録には、この論文で言及した各教科書の特色が一覧にまとめられています。

高橋和子(2010).「短編小説を用いた大学英語の授業-Katherine Mansfieldを中心に-」.『言語情報科学』,8,101-117.

概要

著者はまず様々な情報ソースをもとに、大学英語教科書の中から文学教材が減少してきている現状を確認します。具体的に何年頃に文学教材を扱った教科書が何冊ぐらいになったのかということが提示されています(詳しいデータは本論文を直接ご参照ください)。また、日本の外国語教育をめぐる1990年代以降の動きも整理されていました。

次に、Katherine Mansfieldの作品を扱った大学英語教科書をレビューし、「多少の差はあるものの、各教材は「はしがき」、原文、"Notes"から構成され、音声教材が付属していない場合が多い」ことを確認します。そして、The Voyage and Other Stories(北星堂)のはしがきから、文学教材を使って授業を行う際に直面する問題として、以下の5点を指摘しています(p. 105)。

(1) 文字中心で音声面の学習が行いにくい点
(2) 重点的に学ぶ「言語材料」を学習者自らが気づきにくい点
(3) 教師から学習者への一方的な授業展開を生みやすい点
(4) 時間制約上多彩な活動を行いにくい点
(5) 学習者が予習・復習を効率的に行いにくい点

そして、これらの問題点を受けて、今後の文学教材に求められる条件として、次の5点が指摘されていました(p. 105)。

(1) 音声面の教育も導入可能
(2) 重点的に学ぶ言語材料が明示されている
(3) ペア/グループワークを含んだ、多彩な活動に発展可能
(4) 学習者の状況や学習の進度に応じて、授業内容の調整が可能
(5) 学習者が、効率的に予習・復習を行うことが可能

そして、このことを実践するための授業モデルとして、"The Garden Party" を用いた大学用一般英語授業案(基礎レベル)が例示されています。著者は、導入、読解指導、文法指導の3つの段階について以下の具体的な活動例を提示しています(詳細は本論文を直接ご参照ください)。

(1) 導入:物語の説明、読解前の準備、読解のポイント、課題
(2) 読解指導:本文の読解、ペア/グループワーク
(3) 文法指導:基本事項の確認、練習問題

著者は、文学教材であってもタスク活動を行うことは可能であり、結果としてコミュニケーション重視の英語教育に十分に貢献すると述べています。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

江利川春雄(1992).「戦後の英語教科書にみる異文化理解の変遷」を読む(『日本英語教育史研究』)

この論文では、以下の4期の中学校検定済み教科書における、各課の主人公の国籍、登場人物の国籍、設定場所、地名・国名について調査し、その変遷をみることで、異文化理解という事柄がどのように教科書に反映されており、それがどのように変化してきたのかが考察されています。たくさんの情報が分かりやすい形で提示されています。

(1) 1949年度発行の教科書(1947年の学習指導要領(試案)に基づく)
(2) 1972-74年度発行の教科書(1969年の学習指導要領に基づく)
(3) 1981-1983年度発行の教科書(1977年の学習指導要領に基づく)
(4) 1990-1992年度発行の教科書(1989年の学習指導要領に基づく)

江利川春雄(1992).「戦後の英語教科書にみる異文化理解の変遷」.『日本英語教育史研究』,7,113-145.

概要

この論文の主な結果は以下の通りです。

(1) 1990年の教科書には、1949年の教科書と比べて、1.7倍の登場人物と2.3倍の国名・地名が登場する。これは、少ない授業時間の中でも何とか異文化理解をはかっていこうという姿勢の表れと考えることができる。
(2) 1949年の教科書では、「異文化理解=アメリカ理解」という構図が成立していたが、年代を追うごとにこの図式が崩壊してきた。
(3) 上記 (2) とは対照的に、教科書の中に日本人が積極的に登場し、日本人が主体的に日本の文化を海外に紹介するような発信型の教材が目立ってきた。
(4) アジア・アフリカについては、教科書に徐々に言及されることが増えてきており、これらの地域への理解も深めるような教材が多くなってきた。
(5) ソ連や東欧社会主義国については、1972年の教科書でピークを迎え、以後だんだんと減少し、1990年にはほとんどが消滅してしまった
(6) 少数民族に関する記述内容が質量ともに充実してきた(特に1980年前後から)
(7) 付属的な詩や歌を除いても、文学教材は教科書の中で微増傾向である。ただし、文学作品のほとんどが欧米のものである(戦前はイギリスのものが多かった)。
(8) 文学作品以外のセクションではイギリスに関する言及はあまり多くないのに対して、文学作品では依然としてイギリスのシェアが25%程度ある
(9) 伝記は徐々に減少している。しかし、ほとんどが欧米のものである。日本のものは微増傾向にあるが、絶対数が圧倒的に小さい。また第三世界のものは登場していない。

著者は、特に (8) (9) から 「総じて文学教材と伝記教材の文化圏別の変遷を見ると、一般の題材にみられたような歴史的変遷の明確な傾向は認められない」(p.136)とまとめています。非文学的な課と違って、文学作品に関しては依然として英米中心の傾向が強いようです。

すでに、20年以上経ってしまった論文ですが、異文化理解の必要性はその後も高まり続けており、改めて現代の教科書で同様な分析を施すことが必要なのではないかと思いました。

| | コメント (0)

2015年3月 6日 (金)

M.Fludernik(1994).「Introduction: Second-Person Narrative and Related Issues」を読む(『Style』)

2人称の語りについて包括的に議論した研究として有名な論文です。『Style』誌の28 (2) は、2人称の語りについての特集号となっており、その導入として執筆された論文です。2人称の語りという問題に関してかなり専門的な議論が展開されています。

Fludernik, M. (1994). Introduction: Second-person narrative and related issues. Style, 28 (2), 281-311.

概要

著者は、2人称の語りの暫定的な定義を次のように提示しています。基本的に、youは主人公を指し、narrateeを指したり総称(結果として読者もその指示対象に含まれる)ではないという点がポイントです。

"I will propose a preliminary definition of second-person narrative as narrative whose (main) protagonist is referred to by means of an address pronoun (usually you) and add that second-person texts frequently also have an explicit communicative level on which a narrator (speaker) tells the story of the "you" to (sometimes) the "you" protagonist's present-day absent or dead, wiser, self. In such contexts the narratee acquires a fictional past through the narrative in progress. The narrative projects an addressee by means of the second-person pronoun, and that speech act of address evolves into a narration of the "you's" past experiences. Conversely, the narrator very frequently emerges not only as a present-day speaker or teller of the tale. "He" has personally known the "you" in the past (how else would "he" have learned the story "he" is telling?) and very often shared the "you's" experiences, participating in the events recounted in the story." (p. 288)

さらに、次のようにも述べています。

"As my decinition already implies, second-person texts are "open" in several respects. They can accommodate a variety of "you's" and a variety of "I's," and a combination of these. Second-person narratives, in so far as a speaker or addresser emerges from the text, moreover, tend to move along and across another boundary line, that between the discourse and the story. This state is true not only to the extent that narrator and addressee acquire past story selves, or, viewed from the other end of the telescope, the protagonist becomes a listener and addressee; second-person narratives additionally tend to project a story from the discourse level through the very act of address, a story that then need no longer relate to a fictional past set apart from the present of narration (and address)." (p. 288)

また、2人称の語りは、劇的独白や内的独白との区別が非常に難しく、明確な区分はできないようです。

"To the extent that a dramatic monologue shifts its emphasis from the situation of talking or self-expression to the telling of a story with the current addressee as its prime protagonist, that text moves towards second-person fiction." (p. 289)

"Second-persopn fiction is, moreover, "open" on the scale between narration and interior monologue, where the text's address function can frequently be read as an instance of self-address. As with the dramatic monologue, the distinction between interior monologue and second-person fiction can prove to be entirely arbitrary." (p. 289)

2人称の語りの主なものは大きく3つに大別できるそうです。

"The major three types of second-person story (viewed from the perspective of their relation to a realist reading of the text) are (a) "I" and "you" narratives (in which the narrator shares a fictional past with the narratee and can therefore be "in the know" about it); (b) the entirely nonrealistic case of a pure rendering of a second person's consciousness; and (c) the playful metafictional case of a deliberate manipulation of the irreality and ambiguty factors of the second-person pronoun."

2人称の語りという問題は、これまでの文体論ないしは物語論における、personという概念、storyとdiscourseの区分、narrateeとimplied reader(とreal reader)の関係、といった重要な問題について再考することを必要とするものであると著者は考えています。

最後に、2人称の虚構の20世紀以前の系譜について記述しています。初期的なものから、どのようにして現在の2人称の語りが形成されたのかが整理されています(ただし、著者自身が認めているように、ここでの記述は決して体系的なものではないとのことです)。ここで取り上げられていたのは、Confessions (St. Augustine)、Ancrene Wisse、"Legend of St, Gyle" (J. Lydgate)、"The Lover's Watch" (Aphra Behn)、Les oeconomies royales (Maximilian de Béthune)、"The Haunted Mind" (Nathaniel Hawthorne)、"Oloyira sti limni" (Alexandre Papadiamandis)、"Fantasticheria" (Giovanni Verga) です。著者によると、現代的な意味の2人称の語りはHawthorneの作品が最初であるとしています。一連の作品について、本文を例示しながら記述した後、著者は次のようにまとめています。

"After this extensive discussion of early forms of second-person narrative, a very brief summary on the defining criteria may be in order. For a text to be considered as a second-person narrative there has to exist a (usually fictional) protagonist who is referred to by an address pronoun. Situations that lend themselves to initiating such a state of affairs include the invocation of the character and his story in a kind of extended apostrophe (the Lydgate example); the projection of the current addressee as the actant in a projected story (in Behn and minimally in the Ancrene Wisse); or the modulation of generalized you and the function of address to the "real" reader who thus participates within the fictional action (a technique employed in the Howthorne examples, though with varying radicality). Second-person texts that are written in the reflectoral mode or that model themselves on the guidebook imperative are twentieth-century inventions. Definitions of second-person fiction inevitably founder on the necessity of relying on current narratological categories such as the story-discourse distinction. To the extent that innovative fiction has been undermining such categories, second-person narrative becomes very difficult to distinguish from a number of extended experiments in letter writing (e.g., Martin Walser's Brief an Lord Liszt), dramatic monologue (Hawkes's Travesty), self-addressed interior monologue (Fuentes's The Death of Artemio Cruz, Samuel Beckett's That Time), imperative discourse (John Updike's "How to Love America and Leave It"; Moore's stories), and even questionnaire literature (Jack Matthews's "A Questionnaire for Rudolph Gordon")." (p. 302)

著者は、2人称の語りは単なるポストモダンの技法の1つとして捉えるべきではなく、語りという概念全体を捉えなおすための重要な項目であると考えています。しかし、この論文が執筆された時点では、まだ2人称の語りについての研究が不十分であり、何らかの新たなモデルを提示したり、2人称の語りの歴史を体系的に描くには時期尚早とのことでした。

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

岩下俊治(2005).「データ少佐の語用論的特徴-関連性理論に基づく研究-」を読む(『明星大学研究紀要-人文学部-』)

テレビ番組『Star Trek: The Next Generation』に登場する人造人間、データ少佐の不自然な発話及び発話解釈が関連性理論に基づいて記述されています。とても面白い論文です。

岩下俊治(2005).「データ少佐の語用論的特徴-関連性理論に基づく研究-」.『明星大学研究紀要-人文学部-』,41,111-121.

概要

データ少佐及び関連性理論に関して解説がなされた後、データ少佐の会話が分析されています。比較的自然な会話の場面(しかし、普通の人間と比べると明らかに不自然ではあります)と明らかに不自然な場面の会話が数例ずつ取り上げられ、分析されています。人造人間であるデータ少佐が、推意の解釈を苦手としている様子が記述されています。

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

石崎一樹(2013).「英語学と文学研究・文体論」を読む(山内信幸・北林利治(編),『現代英語学へのアプローチ』,英宝社)

英語学入門テキストの一章ですが、文学への言語学的アプローチについて非常に広範な情報が盛り込まれています。この分野の初学者は専門用語の多さに圧倒されてしまうかもしれませんが(ただし、それらは本文中でわかりやすく解説されています)、この分野の研究を進めるにはそれらの概念を十分に消化することが必要であり、どのような概念を知ることが必要なのかを提示してくれる見取り図として有益な章だと思いました。

石崎一樹(2013).「英語学と文学研究・文体論」.In山内信幸・北林利治(編),『現代英語学へのアプローチ』(pp. 239-252).英宝社.

概要

著者は、まず構造主義について解説をします。レヴィ=ストロース、ソシュール、フライの貢献を解説し、合わせて構造主義の文学批評への貢献に関するイーグルトンの考えも紹介されていました。次に、ロシア・フォルマリズム及びヤコブソンの考えが解説されます(ロシア・フォルマリズムとソシュールの関係などかなり突っ込んだ情報も紹介されていました)。

最後に文体論について解説されます(ここで言う文体論とは現代の英米を中心としたの文体論であり、それ以前のバイイやフォスラーらへの言及はなされていません)。文体論の成立に関してかなり詳しく記載されており、これから文体論を勉強しようとする人は、この分野の特質について知るよい資料となるでしょう。どのような文学批評理論(文学理論)といつ頃どういった形で接点を持つにいたったのか、どのような方面への発展を遂げてきたのか、といったことが分かりやすく説明されています。また、文体論の実際の分析についても、Charles DickensのBleak Houseを元に解説されており、とても親切です。

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

C.A.Elster&D.I.Hanauer(2002).「Voicing Texts, Voicing Around Texts: Reading Poems in Elementary School Classrooms」を読む(『Research in the Teaching of English』)

この論文では、教師と児童がともに同じテクストを教室内で読む活動全体をリーディングと捉え、テクストが詩の場合と物語の場合でどのようにその読解方略が異なるかをクラスルーム・リサーチ(10人の幼稚園教師の実践を多角的に分析)しています。言語ないしはリテラシーに関して、a multi-genre perspectiveの必要性を主張している論文です。L1での研究となります。

Elster, C. A., & Hanauer, D. I. (2002). Voicing texts, voicing around texts: Reading poems in elementary school classrooms. Research in the Teaching of English, 37 (1), 89-134.

概要

著者は、まず以下の点を指摘します。

(1) 教室内で教師が学習者とどのように詩を分かち合い、生徒がどのように反応し、カリキュラムがどのように詩と関連付けられているか実証的に調べた研究はほとんどない。
(2) 仮に上記のような研究があるとしても、たいていは大人を調査対象としており、児童を対象にした研究は少ない
(3) 児童の研究で、特定のジャンルの理解を扱ったものはほとんどない

著者は、教室内での出来事を以下の側面に分け、それぞれの側面でどのような方略が観察されるかを調査しました。

(1) how teachers performed the texts
(2) how children participated in reading the texts
(3) what kinds of discussions and curriculum activities surrounded the readings

その結果、テクストが詩の場合と物語の場合で随分と異なった方略が観察されたそうです(詳細はこの論文を直接ご参照ください)。著者は詩の場合について次のようにまとめています。

"Reading poems were characterized by expressive reading style, multiple readings of a poem in one sitting, children's active participation in reading along, and discussions that were aesthetic and open-ended and to some extent focused on linguistic features of the poetry texts." (p. 89)

また、詩と物語の読解を比較して次のようにもまとめています。

"The slower, more emphatic poetry reading style emphasizes the formal features of the text (word sounds and rhythms) while the faster, less emphatic story reading style emphasizes story content and the forward movement of narrative." (p. 119)

なお、この論文での詩の定義は次の通りです。

"a metrical [or non-metrical] form of composition in which word imnages are selected and expressed to create powerful, often beautiful impressions in the listener or reader." (p. 97)

物語の定義は次の通りです。

"an imaginative tale shorter than a novel but with plot, characters and setting, as a short story" (p. 97)

上記の定義はいずれもHarris & Hodges (1995) によるものです。

それ以外に、詩と物語の両方を合わせ持ったようなテクストを指導する場合についても報告されています。

著者らはこの論文を通して、以下の重要性を訴えています。

(1) リテラシー教育には様々なジャンルを扱うことが重要であること
(2) 同一ジャンルであっても、読解様式はサブジャンルによっても異なるため、単純な二分法的考えを取るべきではなく、様々な形のディスコースを授業で取り上げる必要があること。

なお、poetic zone of proximal development (Comstock, 1992) への言及がありました。大変面白い考え方だと思いました。

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

高橋和子(2008).「英語教育に向いた文学教材-大学英語の授業を中心に-」を読む(『言語情報科学』)

いつもお世話になっている先生が執筆された文献です。このたび、ご著書をひつじ書房から出版されました。

http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-89476-737-9.htm

この論文では、主に、日本の英語教育で文学教材が減少した理由、大学用の授業モデルの提案、国語教育との連携について扱われています。

高橋和子(2008).「英語教育に向いた文学教材-大学英語の授業を中心に-」.『言語情報科学』,6,189-205.

概要

この論文では以下の事柄が議論されていました。

(A) 日本の英語教育の中で文学教材が敬遠されることになった要因

(B) 海外と日本の英語教育での文学教材に対する認識のズレ

(C) 大学の授業で文学教材を用いるための方法の提案

(D) 国語教育における文学教材(物語文)指導の変遷と現状

(E) 文学を遣った英語教育研究の展望

●日本の英語教育の中で文学教材が敬遠されることになった要因

著者は以下の点を指摘しています。

(1) 学習指導要領(1999年度版)における「実践的」という言葉
(2) 学習指導要領から伝記、小説、詩、随筆といった規定が消えたこと(1999年度版)
(3) 中高での学習語彙の減少
(4) 共通一次試験の導入
(5) 文学を扱う授業をEAPの1つと見なすようになてしまったこと
(6) 大学用英語教科書で文学作品が扱われなくなったこと
(7) 「英語が使える日本人」の育成のための行動計画

●海外と日本の英語教育での文学教材に対する認識のズレ

海外の英語教育と違って、日本の英語教育では文学教材を敬遠する傾向があります。このような認識の違いが生じた理由として、著者は以下の3点を挙げています(pp. 191-192)。

(1) 授業時間数削減や、新語数の減少、IT化などの原因が複合的に重なって、教育および学習しやすいように見える教材を選ぶ傾向が高まった
(2) 「オーセンティック」という概念が誤解され、特殊な状況でしか用いられない英語でも、ネイティブスピーカーが表出した履歴が有りさえすれば、日本人学習者にも学ぶ価値がある教材だと見なした
(3) 日本がEFL環境にあることを深く認識せずに、海外のL1(the first language)・ESL研究をそのまま取り入れようとした

●大学の授業で文学教材を用いるための方法の提案

著者は、日本でも文学教材を十分に活用することが出来るということを示す目的で、授業モデルを提示しています。英語・英米文学を専攻としない大学1・2年生対象(英語力は英検準2級~2級程度)の授業モデルとなっています。

まず、授業に向いた教材を選択することが必要となりますが、その基準として著者は以下の点を上げています。

(1) 学習者の英語力に適合できる作品
(2) 原文以外の補助資料が活用できる作品
(3) 学習者が反応できる作品
(4) 話の展開に起伏がある作品
(5) 教員の好みよりも学習効果を優先して選んだ作品

そして、著者の経験上、望ましいと感じた具体的な作品は以下の通りとされています。

・Jane Austen, Sense and Sensibility
・Charlotte Brontë, Jane Eyre
・Emily Brontë, Wuthering Heights
・Charles Dckens, A Christmas Carol
・E. M. Forster, A Room with a View
・William Golding, Lord of the Flies
・George Bernard Shaw, Pygmalion
・Augela Carter, "The Courtship of Mr Lyon"
・D. H. Lawrence, "The Lovely Lady"
・Katherine Mansfield, "The Garden-Party" "TheFly"

反対に、Thomas HardyのTess of theD'UrbervillesとVirginia WoolfのMrs Dallowayは授業では使い勝手が悪かったそうです。

次に、授業展開としては、著者は以下の事柄について、ワークシートなどとともに具体的な提案(この記事では省略します)を行っています。いずれもコミュニカティブかつ学生間で相互作用があるようなものとなっており、一般英語の授業の中にとどまったものとなっています(ESPないしはEAPの授業の形とはなっていません)。

(1) 導入
(2) 原文と音声
(3) 要約と精読
(4) 語彙
(5) 文法
(6) 補助資料
(7) ライティングとディスカッション

著者は一連の提案に基づいて、以下のように述べています。

「・・・原文と音声を用いた活動では、作品の山場となるような会話場面を選んで、情感のこもったやり取りを暗誦することができる。また、・・・要約と精読の活動では、あらすじをつかんだ上で、中心場面を精読することによって、作家が言葉を選びつくした精緻な英文を味読することができる。さらに、・・・語彙調べの活動を通して、文学作品で用いられている言葉の多層性と、その豊かさを実感するだろう。・・・補助教材を用いる活動では、作品の背景に書き込まれた多様な文化の違いについて、自然に学び取ることができるだろう。そして、・・・ライティングとディスカッションでは、作品全体を受けとめた上で、自分の問題と結び付けて作品のテーマを語り合える可能性もある。」(pp. 199-200)

●国語教育における文学教材(物語文)指導の変遷と現状

著者は、「日本で英語教育を行う際、地域固有の状況(local conditions)・日本独自の教育環境を考慮することが不可欠である」(p. 200)という考えから、国語教育における文学的文章の読解指導研究史に言及しています。市毛(1997)に言及しながら、以下の4つの時期に分けられています(各時期の詳細は論文を直接ご参照ください)。

(1) 第1期(1945-1963):文学教育必要論時代
(2) 第2期(1964-1980):文学教材の指導理論時代
(3) 第3期(1981-1986):文学教材の授業方法論時代
(4) 第4期(1987- ):言語技術教育時代

なお、第4期に関しては、「従来の国語教育では、文学テクストが過度に用いられ、感受性・教養・価値観の育成に重きが置かれすぎたために言語処理能力が育成され難かったので、今後は文学以外のテクストを積極的に受け入れて、時代の要請に見合った読解力を育てようという」(p. 201)考えとのことです。

●文学を遣った英語教育研究の展望

大学英語教育学会授業学研究委員会(2007)によると、「英文法がわかる授業」「文学の面白さを伝える授業」「ことばの意味の深奥に迫る授業」「翻訳の妙味に挑戦する授業」などの授業事例が少ないそうで、これは「過去の教養主義的英語教育への反動および現代のコミュニケーション主導の時代の反映とも受けとれる」(p. 304)と考察されています。著者は、「現在日本では、徐々にではあるが確実に、コミュニケーション重視に偏った英語教育の見直し、および文学教材の再評価が始まっている」(p. 202)と述べています。そして、国語教育との連携は、研究及び実践を発展させる上での有益な方向性の1つと捉えられています。

| | コメント (0)

2015年3月 1日 (日)

櫻井啓一郎(2009).「関連性理論によるキャッチコピーの分析」を読む(『現代社会学』)

櫻井啓一郎(2009).「関連性理論によるキャッチコピーの分析」.『現代社会学』,10,65-74.

概要

この論文では、まず関連性理論における4つの表意(一義化、飽和、自由拡充、アドホック概念形成)と推意(詩的効果に関する弱い推意)を説明します。次に、これら5つの特性を利用したキャッチコピーに言及し、解説がされています。非常に身近な問題が取り上げられており、関連性理論は苦手という人でもとても分かりやすく読めると思います。今後の研究の方向性として、これら5つがキャッチコピーに対してそれぞれどの程度の影響を与えるのかということを数値化するなどして調べていくことがが必要である点が指摘されていました。とても面白い論文でした。

| | コメント (0)

S.Ishikawa (1993).「A Stylistic Approach to E. Hemingway's 'Cat in the Rain': With Focus on the Frequency of the Articles Attached to 'Cat'」を読む(『KELT』)

Carter (1982) による、"Cat in the Rain" の文体論分析を、catやkittyという語に付く冠詞の使い方に注目することで補っている非常に面白い論文です。

Ishikawa, S. (1993). A stylistic approach to E. Hemingway's 'cat in the rain': With focus on the frequency of the articles attached to 'cat.' KELT, 9, 61-68.

概要

著者は、cat/kittyに付く冠詞がどのような場面で不定冠詞と定冠詞のどちらになっているかということを丁寧に見ていきます。その結果、アメリカ人女性は作者と読者の間ではcatに関する情報が共有されているのに対して、夫ジョージやメイドとの間ではその情報が共有されていない(つまり不定冠詞が使用される)という点を指摘します。そこから、登場人物のアメリカ人女性は非常に孤独な存在であり、読者もそのような立場に置かれ、かつその女性の視点で物語世界を眺めるように促されていると指摘されていました。

さらに、cat/kittyに対してどの程度不定冠詞と定冠詞が用いられているかを段落ごとに集計し(厳密には各段落の総語数に対する各冠詞タイプの生起率)、中盤(第7段落)で定冠詞の使用が高まり、更に第13段落で不定冠詞の生起率が高くなることが指摘されていました。(この論文では明確に指摘はされていませんでしたが、第13段落での不定冠詞の生起率の高まりという点に関して言えば、ひょっとしたらアメリカ人女性はここで読者との間にもcatに関する情報共有がなされなくなり、ますます孤独になったと考えることもできないだろうかとも思いました)。

最後に、文体論は、外国語学習者の方が母語話者よりも長けている可能性があること、文体論は英語教育に有益に貢献すると考えられること、が指摘されていました。文体論とはどのような学問であるのかということを分かりやすく示してくれ、かつその面白さも簡潔に伝えてくれる論文でした。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »