« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月26日 (木)

C.Kramsch&A.Whiteside(2008).「Language Ecology in Multilingual Settings: Towards a Theory of Symbolic Competence」を読む(『Applied Linguistics』)

この論文の詳細は次の通り。

Kramsch, C., & Whiteside, A. (2008). Language ecology in multilingual settings: Towards a theory of symbolic competence. Applied Linguistics, 29 (4), 645-671.

感想:今風の、応用言語学の論文でした。僕はあまり社会的な側面の強い文献は読んでいないのですが、今回じっくりと読んでみて、とても勉強になったと思います。この論文の大きな目的としては、"This paper draws on insights from complexity theory and post-modern sociolinguistics to explore how an ecological approach to language data can illuminate aspects of language use in multilingual settings." (p. 646)という点があるようです。著者らは複数の言語が使用されている言語データをいくつか分析しますが、その箇所については割愛します。次に著者はディスコースの分析方法として提案されてきているいくつかの方法を比較します。最初は会話分析です。会話分析は、分析の方法論としては観察可能な現象と会話のターンの順序の構造に分析が限られるという弱点があります。また、その認識論的な強みとして、"The strength of CA as an epistemological approach rather than a mere tool of analysis lies in its constructionist view of the sicial world that emphasizes participants' local, situated, ethnographic understanding of social reality." (p. 656)著者は、更に談話分析についても言及しています。"While pure CA has dealt mostly with monolingual, symmetrical exchanges between native speakers in everyday life, it has been adopted and expanded by researchers in the broader firld of microethnography and discourse analysis (DA), with varying degrees of adherence to ethnomethodological analytical principles." (p. 656) CAは、DAの"areality-check"として役立つそうです。しかし、"neither CA nor DA can deal with the multiple levels of flobal context itself" (p. 657)という限界があるそうです。

次はMediated communication analysisについて言及されていました。この分析方法について、"Mediated discourse or sociocultural communication studies ... focus less on the individ2uals than on the mediated action itself as a kind of sicla symbolic action" (p. 657)、"this approach's notion of activity, gounded in physical, social, and symbolic affordances, among which language plays an important part as 'a system of relations' (van Lier 2004: 5)" (pp. 657-658, emphasis in original)、と説明がされていました。しかし、その限界として、"they presuppose a social reality bound by the usual constraints of time and space" (p. 658)という点が指摘されていました。更に、"Erickson (2004) makes the distinction between kronos, that is, 'the quantitative aspect of time, time as continuous and thus as measurable'; and kairos, the subjective time of 'tactical appropriateness, of shifting priorities and objects of attention from one qualitatively differing moment to the next' (2004: 6). The use of multiple codes in the data at hand and the exploration of their various subjective resonances by the participants require taking into account not only the measurable communicative time of turns-at-talk within an activity, but the subjective, embodied time of cultural memory (Damasio 1999; Gibbs 2006)" (p. 658, emphasis in original). と述べられていました。

さて、著者が提案するのは、Ecologically oriented analysisです。これはcomplex dynamic systemの考えを色濃く反映した分析方法です。この分析方法には、reality of self and other、timescales、emergentism、unfinalizability、fractals(より大きな、あるいはより小さなパターンを特定の出来事や活動が移し出しているということ)という5つの側面が重要な役割を担うそうです。各側面については、本論文で詳しくまとめてありますので、論文自体をご参照下さい。このアプローチによって、the ecology of multilingual spacesとthe ecology of embodied timeという二つの側面について議論していました。前者に対しては、the ecology of multilingual spacesに関しては"the protagonists in these data signal to each other which symbolic world they identify with at the time of utterance." (p. 660)ということを詳細に検討することができると著者らは考えています。著者らは更に、"Viewing these exchanges as dynamic complex systems enables us to see the various language sused by the participants as part of a more diversified linguistic landscape with various hierarchies of social respectability among codes, and added layers of foregrounding of the code itself rather than just the message.  To the  multiplicity of languages we must add their subjective resonances in the speakers' embodied memories." (p. 662)後者に対しては、"It is important to note that the protagonists' choice of language is not dictated by some pre-existing and permanent value assigned to each of these languages, rather, the meaning of these choices emerges from the subjective perceptions of shifting power dynamics within the interaction.  It draws on multiple timescales of experience..." (p. 662)と述べていました。

最後に著者は、これまで応用言語学では十分に考えられていなかった、多言語使用の場における言語能力(symbolic competence)についてその要素を列挙していました("They seem to display a particularly acute ability to play with various linguistic codes and with the avarious spatial and temporal resonances of these codes.  We call this competence 'symbolic competence'" (p. 664))。この能力について、"Symbolic competence is the ability not only to approximate or appropriate for onself someone else's language, but to shape the very context in which the language is learned and used." (p. 664)と説明されています。この能力には主に4つの側面が含まれます。それらは、(1) subjectivity or sunject-positioning ("Subject positioning has to do less with the calculations of rational actors than with multiliguals' heightened awareness of the embodied nature of language and the sedimented emotions associated with the use of a given language" (p. 665))、(2)Historicity or an understanding of the cultural memories evoked by symbolic systems("Throughout the data presented here, we have been confronted with the cultural memories carried by words, gestures, body postures, and scripts taken from a different timescale in a different place and reterritorialized in a Falifornian grocery store. ... Indeed, symbolic competence is the ability to perform and construct various historicities in dialogue with others." (p. 665))、(3)Performativity of the capacity to perform and create alternative realities ("Within an ecological perspective of human exchanges, utterances not only perform some role or meaning, but they bring about that which they utter, that is, they are performatives.  We have seen how the utterances of the protagonists in our data recreate environments from other scales of space and time, produce fractals of patterns from one timescale to another.  Multilingual environments can elicit complex relationships between speech acts and their perlocutionary effects." (p. 666))、(4)Reframing ("Symbolic competence could thus be defined as the ability to shape the multilingual game in which on e invests -  the ability to manipulate the conventional categories and societal norms of truthfulness, legitimacy, seriousness, originality -  and to reframe human thought and action.  We have seen that this kind of competence is multiply distributed and that it emerges through the interaction of multiple codes and their subjective resonances." (p. 667))、です。ただし、symbolic competenceは必ずしも多言語使用の場に限られるわけではないという注意書きもなされていました(p. 667)。

この論文の結論部分です。"For language learners and educators, symbolic competence is not yet another skill that language users need to master, nor is it a mere component of communicative competence.  Rather, it is a mindset that can create 'relationship of possibility' or affordances (van Lier 2004: 105), but only if the individual learns to see him/herself through his/her own embodied history and subjectivity and through the history and subjectivity of others.  Our symbolic survival is contingent on framing reality in the way required by the moment, and on being able to enter the game with  both full involvement and full detachment.  In this sense, the notion of symbolic competence is a late modern way of conceiving of both communicative and intercultural competence in multilingual settings." (pp. 667-668)

| | コメント (0)

2009年3月13日 (金)

S.J.Schmidt(1979).「Empirische Literaturwissenschaft as Perspective」を読む(『Poetics』)

本論文の詳細は次の通り。

Schmidt, S. J. (1979). Empirische Literaturwissenschaft as perspective. Poetics, 8, 557-568.

感想:文学の経験的研究のアプローチを一学問として確立するための論考です。著者は、文学研究を進める上では、それ以前の構造詩学では駄目であり、経験的研究こそがその重要な方法として機能すると述べていました。また、実証主義ではなくconstructivist functionalismに基づいたアプローチであるということ、"a concept like 'literariness' or 'poeticity' can only be defined pragmatically and historically." (p. 653, emphasis in original) という立場、「行動」という観点から文学という現象を研究するという考え、も簡潔に説明してありました。

私自身は文学の経験的研究については比較的馴染みがありますので、本論文中で新しい事柄は出てきませんでした。しかし、この文学理論にあまり馴染みのない方は、一読をオススメします。どういったアプローチなのかが簡潔にまとめてあり、役に立つと思います。

なお、これは文学の経験的研究の設立時のアプローチであり、現在の文学の経験的研究にはそっくりそのまま当てはまらない部分も出てきているということを指摘しておきたいと思います。

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

W.van Peer(2007).「Introduction to Foregrounding: A State of Art」を読む(『Language and Literature』)

この論文の詳細は次の通り。

van Peer, W. (2007). Introduction to foregrounding: A state of art. Language and Literature, 16 (2), 99-104.

感想:前景化のルーツは古代ギリシアの哲学の中に既に見られるそうです。そして、20世紀になって理論化されました。そして、今世紀前半に前景化の理論について言えることとして、"First, there is its conceptual breadth.  It is a theory about the form of literature, about language, the raw material out of which literature is made, even its universal presence in literatures from every culture, as Patrick Colm Hogan (1997) has proposed.  Second, the more innovative aspect, it also refers to readers' ractions to such form, linking it to the functions of literary texts more generally.  As far as the first aspect is concerned, we are well informed through the lists of poetic and rhetorical figures and tropes that have been composed since Antiquity.  Concerning the second aspect there was mainly speculations until the 1980's." (p. 99)と述べられていました。また、実験などによって、それ以前は理論的にしか考えられていなかったことが実証されてきました。統計手法も取り入れられましたし、実験やその結果の分析によって理論自体も発達したと著者は述べています。例えば、フォルマリスト的な「読みにおける驚き」の研究に留まっていたのが、最近では更に難解な側面である遅延性(retardation)も扱われるようになったと指摘されていました。

| | コメント (0)

R.Ellis,S.Loewen&H.Basturkmen(2006).「Disentangling Focus on Form: A Response to Sheen and O'Neill (2005)」を読む(『Applied Linguistics』)

この論文の詳細は次の通り。

Ellis, R., Loewen, S., & Basturkmen, H. (2006). Disentangling focus on form: A response to Sheen and O'Neill (2005). Applied Linguistics, 27 (1), 135-141.

感想:応用言語学のfocus on formについてEllisらが書いた論に対して批判を行なったSheen and O'Neill (2005)への更なる返答です。Sheen and O'Neill (2005)の批判は次の3点です。" (1) there is no evidence that focus on form facilitates second language (L2) acquisition and thus there is no point in investigating it; (2) the research itself is seriously flawed in a number of respects; and (3) the research is of 'limited value' to language pedagogy." (p. 135)著者らはこれらを順次扱い、Sheen & O'Neillがfocus on formや第2言語習得におけるその役割について誤解をしている点を指摘していくと述べています。ちなみに、ここで議論されているfocus on formはincidental focus on formのことになります。

まず、Sheenらはfocus on formはLongがそれ以前から提唱していたInteraction Hypothesisと何ら関係はないと考えているそうですが、前者は後者の延長線上にあるということを認識する必要があると述べます。ただし、著者らのfocus on form観はLongのそれとは少し異なっているそうです。"For us, 'focus on form' is evident in the talk arising from communicative tasks in sequences where there is some kind of communication breakdown and in sequences where there is no communication problem but nevertheless the participations choose to engage in attention to form.  We refer to this latter type of focus on form as the negotiation of form." (pp. 135-136)更に、彼らのfocus on formには"pre-emptive attention to form by means of, for example, student or teacher queries about form" (p. 136)(著者は"pre-emptive episodes" (p. 136)とも呼んでいます)も含まれるそうです。Sheenらは、focus on formとその他の指導法(focus on formsなど)を比較する中で、その効果を検証すべきと考えているようですが、著者らはそういった研究はあまり意義はないと考えているようです。それに、著者らはfocus on formだけでなく、focus on formsの有用性も認めており、各指導法はそれぞれ違った点で指導や学習に効果を発揮すると考えています。また、Sheen & O'Neillが批判しているEllisらの論文は、focus on formについての教師の考えを調査した研究なのですが、そういった研究を行なった動機として、"This study was motivated in part by a wide body of recent research into teacher cognitions, much of which has been specifically designed to provide insights that will assist teacher educators, and in part by our wish to probe the basis for the on-line decisions that teachers make when they do focus on form." (pp. 137-138)と述べていました。

Sheen & O'Neillの批判の2点目については、Ellisらは先の論文で説明不足であったことは認めつつも、基本的にはSheenらは誤解に誤解を重ねているようだと述べていました。

3点目については、Applied Linguisticsという雑誌の中で教育的示唆を導くことは必ずしも必要ではないと述べていました(紙面に限りもあるので)。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

Z.Han,E.S.Park&C.Combs(2008).「Textual Enhancement of Input: Issues and Possibilities」を読む(『Applied Linguistics』)

この論文の詳細は次の通り。

Han, Z., Park, E. S., & Combs, C. (2008). Textual enhancement of input: Issues and possibilities. Applied Linguistics, 29 (4), 597-618.

感想:textual enhancement (TE)についてのこれまでの研究のレビュー論文です。

著者はまず、"Input salience, Sharwood Smith further suggests, can be created by an outsider (e.g. a teacher) or by an insider (i.e. the learners themselves)."と指摘していました。前者については、"elaboration (i.e. duration) and explicitness (i.e. metalinguistic depth)" (p. 598)という2つの変数が関わるそうです。そして、input salienceを高める方法として、"explicit discussion of the form, metalinguistic description, explicit or implicit error correction, and TE" (p. 599)が紹介され、TEはその一つと位置づけられていました。そして、特にTEについては、"Whatever its elaboration and explicitness, input enhancement is premised on the notion that learners must comprehend what they read or hear before their attention can be drawn to form within the input" (p. 599, emphasis in original)という前提があります。

本論文では、21の文献をレビューしますが、それらの研究結果は一貫していないそうです。"Thus, in some studies TE was highly effective in that it led to noticing as well as acquisition; in some it was moderately effective in that it led to noticing but not to acquisition; but in others, it did not appear to be effective." (p. 600)

しかし、著者達は、これら21の論文を見る限り、TEの研究について7つの問題点を発見し、それらが調査結果の一般化を損ねているのではないかと考えています。1点目はNoticing and/or acquisitionという問題です。"In sum, it appears that short-term TE research - both in terms of the ducation of the treatment and the interval between the treatment and the posttest - should concentrate on measuring its effect at the level of noticing and refrain from measuring acquisition, which we define here as mastery of form-meaning-function relations." (p. 603)と述べられていました。

2点目は、TE and comprehensionという問題です。既に紹介したTEの前提にもかかわらず、先行研究は内容理解について研究の中で扱っていないという問題が指摘されていました。著者はさらに、テクストの局所的な理解と全体的な理解両方を扱う必要があるとも指摘していました。

3点目は、Simultaneous or sequential processingという問題です。それぞれの処理方法について、"In other words, the researchers who implemented a simultaneous processing design assumed that in processing the input for meaning, the processing of the enhanced forms would occur incidentally, as a byproduct, an assumption similar, though not identical, to that underlying Krashen's Input Hypothesis.  On the other hand, the researchers who had a sequential design assumed that with the processing of input for meaning happening first, attentional resources could be freed up and reallocated to the processing of form, an assumption in line with the fundamental tenets of cognitive theory of information processing." (p. 605)と説明されていました。著者らはsequential processing approachの方を有用と考えているようです。"when meaning is clarified before a focus on form, TE is likely to stimulate even growth in comprehension and acquisition" (p. 606, emphasis in original)。なお、著者らはinformation processing theoryにも触れており、それらについて、"According to information processing theory, (a) processing of information is selective; (b) individuals can process two different types of information simultaneously and effectively only if the processing of one of the information types is automatized and requires little, if any, conscious attention; and (c) simultaneous processing of two different types of information that are not automatized can lead to inadequate processing of either of both types of information, and to a 'trade-off' effect." (p. 604)と説明されていました。

4点目は、TE and the nature of the enhanced formです。著者は、言語形式の種類によってもTEが効果的になるかどうかに違いが出ると考えています。"Preliminary evidence from Wong (2003), corroborated by Shook (1999), showed that enhancing a nonmeaningful form does not lead to better intake.  On the other hand, as noted above, results from Leow et al. (2003; see also Leow 2001) and Shook (1994, 1999) revealed that learners are able to notice, on their own, meaning-bearing forms, suggesting, therefore, that there is no need to enhance them." (p. 608)。一方で、"One of the findings of the study, although not statistically significant, illustrates a meaningful effect for enhancement on the participants' comprehension, while no such effect was discerned for their intake" (p. 608)という結果も出ており、comprehensionとintakeは別物であることを示唆していると述べられていました。

5点目はTE and learners' prior knowledgeです。これまで明らかになっていることとして、"First, simple enhancement (i.e. TE alone) is more effective for learners with some prior knowledge of the form in question (Park 2004) than for learners without (Alanen 1995).  Second, simple enhancement may induce noticing (i.e. low-level awareness, following Schmidt 1990) but not understanding (i.e. high-level awareness) in learners with little prior knowledge (Shook 1994); however, it may incite understanding as well as noticing in learners with some prior knowledge (Lee 2007).  Third, compound enhancement (i.e. TE in combination with other attention-getting strategies such as corrective feedback) is more effective than simple enhancement in inducing noticing, and further processing of, the target form in both types of learners" (p. 609)が指摘されていました。TEそのものというのは、"more an implicit than an explicit attention-focusing device" (p. 609)であり、"Thus, the fact that TE alone (i.e. simple enhancement) may fail to have a noticeable impact on learners' comprehension and intake, as reported in Leow (1997, 2001) and Leow et al (2003), might be due to the learners having no prior knowledge of the target form" (p. 609)と著者たちは述べていました。

6点目は、TE and input floodという点です。そもそもTEはinput floodを必ずと言っていいほど伴うのですが、"The available evidence, albeit limited, induces the hypothesis that input flood may have a greater attention-getting capacity than TE" (p. 610)と述べられていました。

7点目は、TE and overuseという点です。TEは、下線を引いたり、フォントを変えたりと、通常何重にも強調がなされています。そして、"Clearly, over-enhancing the target form can be counterproductive.  When the target form is unnaturally frequent and excessively salient in the input, it hurts, rather than facilitates, learners' processing of meaning as well as form." (p. 611)と指摘されていました。また、複数の形式が強調されていたりする場合も問題があり、そういったTEは学習者を混乱させ、noticingは生起させるかもしれないが、意味理解はもたらさないであろうと述べられていました。著者らは、"to what extent should input be enhanced so as not to produce aberrant noticing to the detriment of acquisition?" (p. 611)という問いに取り組む必要性を指摘していました。

結論部分では、著者らは、これまでの研究が産出してきた"a number of valuable and, importantly, testable insights" (p. 612)をまとめていました。

●Simple enhancement is capable of inducing leaner noticing of externally enhanced forms in meaning-bearing input.

●Whether or not it also leads to acquisition depends largely on whether the learner has prior knowledge of the target form.

●Learners may automatically notice forms that are meaningful.

●Simple enhancement is more likely to induce learner noticing of the target form when sequential to comprehension thatn when it is cuncurrent with comprehension.

●Simple ehnahcement of ameaningful form contributes to comprehension.

●Simple enhancement of a non-meaningful form does not hurt comprehension.

●Simple enhancement is more effective if it draws focal rather than peripheral attention.

●Compound enhancement is more likely to induce deeper cognitive processing than simple enhancement, possibly to the extent of engendering 'overlearning' (p. 612)

著者らは更に、長期的な研究の必要性と、form-meaning connectionについてもっと明示的になる必要があること(表層情報と1つの意味の間の関係なのか、ある形式と文脈によって変化する多面的な意味の関係なのか、どちらか)を指摘していました。本論文のAppendixには、この論文で言及した21の文献の実験結果が全て要約してあり、それがリスト化してありました。TEについて勉強したい人は、この論文から勉強を始めるとよいと思いました。

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

B.Spolsky(1979).「Contrastive Analysis, Error Analysis, Interlanguage, and Other Useful Fads」を読む(『The Modern Language Journal』)

本論文の詳細は次の通り。

Spolsky, B. (1979). Contrastive analysis, error analysis, interlanguage, and other useful fads. The Modern Language Journal, 63 (5-6), 250-257.

感想:応用言語学の古典的な論文を読みました。本論文は、最初にFrancois Gouinの研究が古典的な第二言語習得の議論として紹介されていました。次に、対照分析(FriesやLadoによる)、誤答分析(Corderによる)、中間言語(Selinkerによる)について、それぞれの課題点が指摘されていました。著者は、この論文で、対照分析を言語学に、誤答分析を心理言語学に、中間言語を社会言語学に結び付けるということを行なっていました。

対照分析は、類似したメタ言語で記述された2つの文法を比較することで、学習者が困難と思えるポイントを予測するものですが、その基盤としている構造言語学では"a simple mechanical drawing together of two complete grammars written in similar terms" (p. 252)というものは不可能だそうで、理論的な正当性を欠いていると著者は指摘しています(対照的に、普遍文法を扱う生成変形文法では、自ずと対照分析になると著者は述べています)。しかし、理論的な問題点はあるものの、教師に有用で実践的な情報や教材を提供するため、相変わらず人気はあるとのことでした。対照分析は、学習者の言語習得プロセスを解明したり、誤りを犯さない学習者を育成することには役立たたないと予想されますが、言語教育の中でこのような一定の役割は担っていると著者は指摘し、その有用性を認めていました。

次は誤答分析です。これは、学習者の第二言語習得プロセスの解明を目指しました。誤答分析は、第二言語習得を第一言語習得と並べて議論する研究をもたらし、Dulay & Burtらの習得順序の研究などが注目されるに至りました。しかしながら、相矛盾する研究結果を多く生み出してしまいました(同じ言語項目に対して、一方では、第一言語習得プロセスと第二言語習得プロセスが一致しているとし、もう一方では一致していないといった研究結果など)。著者はこの原因として、研究のスコープが限られていること、学習者の個人内の要因(性別や年齢など)が考慮に入れられていない点、学習者を取り巻く環境について考慮されていない点、データ収集法が洗練されていないこと、調査材料の妥当性が不透明であること、調査方法や統計分析の使い方に疑問が残ること、などが挙げてありました。しかし、第一言語習得研究との橋渡しをしたという点で、著者は誤答分析の功績を認めています。

最後は中間言語です。著者はこの問題点として、product中心(これは対照分析や誤答分析にも当てはまることですが)であること、プロセスの捉え方が単純すぎること、これまで研究されてきた習得プロセスに新しい名前をつけただけにすぎない可能性があること、langueとparoleの区別ができていないこと、を挙げていました。最後の点については、著者は学習者の言語使用には変異的な規則が含まれており、ラングのレベルと区別した上でパロールの次元について研究する必要があると述べ、この点において、中間言語は第二言語教育に社会言語学的な側面をもたらす可能性を秘めていると述べていました。しかし、中間言語はまだ静的なモデルにとどまっており、第二言語習得という動的で絶え間なく続くプロセスを理解するにはまだ限界があると著者は認識しているようでした。

応用言語学についてはついつい古い文献は軽視しがちですが、今回、久しぶりに古典的な論文を読んでみて、哲学や文学理論、言語学などと同様に、応用言語学や第二言語習得論の古典的文献も大事にする必要があるなと思いました。とても面白い論文でした。やはり、古典は大事ですね。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »