« G.Hall(2005).『Literature in Language Education』第6章を読む(Palgrave Macmillan) | トップページ | G.Hall(2005).『Literature in Language Education』第8章を読む(Palgrave Macmillan) »

2009年2月26日 (木)

G.Hall(2005).『Literature in Language Education』第7章を読む(Palgrave Macmillan)

タイトル:Research methods for LLE, with examples

感想:この章では、研究に使うことができる調査方法についてまとめてありました。私個人的には、ここで紹介されていた調査法は全て知っていたので、新出事項はありませんでしたが、各調査法の例として紹介されていた研究の要約は、いずれも面白いものでした。ここで、扱われていた調査方法は、experimental research、protocol、survey research(質問項目による調査法)、case studies、ethnographic study、の五種類でした。survey researchの例で示されていた研究で、"a hypothesis that students' 'pragmatic' interest in oral proficiency for travel or casual conversation makes much literature work (written text) seem of secondary importance to them" (p. 199)を検証した研究と、ethnographic researchの例で示されていた研究で、パキスタンの女子学生に自らの女性としてのアイデンティティーを考えさせるためにキャノンの英文学作品を使った研究はとても印象に残りました。

|

« G.Hall(2005).『Literature in Language Education』第6章を読む(Palgrave Macmillan) | トップページ | G.Hall(2005).『Literature in Language Education』第8章を読む(Palgrave Macmillan) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« G.Hall(2005).『Literature in Language Education』第6章を読む(Palgrave Macmillan) | トップページ | G.Hall(2005).『Literature in Language Education』第8章を読む(Palgrave Macmillan) »