« 2006年10月17日 | トップページ | 2006年10月19日 »

2006年10月19日 (木)

2006年10月18日

今日はResearch Groupの集まりがありました。一つはElena Semino先生が主催するPragmatics and Stylistics Research Group、もう一つはAnna Siewierska先生、Willem Hollman先生、Geoffrey Leech先生が中心となっているResearch Group in Theoretical Linguisticsです。Pragmatics and Stylistics Research Groupは参加者の研究発表を聞いたり、外部からスピーカーを呼んだりということですすめていくようです。また、Research Group in Theoretical Linguisticsは言語学史をやるそうで、皆で論文を前もって読んできて、その論文についてディスカッションをするというものだそうです。ついていけるか心配ですけど、がんばりたいと思います。

今日の授業:

Sociolinguistics: Linguistic variation and its social function

今日の読み物:

Berk, L. (1999). English syntax: From word to discourse. Oxford: Oxford University Press.  Chapter 1 (Basic sentence structure)

感想:これまであまり機能主義的な統語論は本格的に読んだことがなかったので、とても興味深く読みました。学校英語教育などのコンテクストでは、こういった機能主義的な文法論というのは多くの示唆を与えてくれます。

|

« 2006年10月17日 | トップページ | 2006年10月19日 »

コメント

Geoffrey Leech先生も有名ですが、Anna Siewierska先生も機能主義統語論で有名な方ですね。

やべえ

投稿: ミカン農家 | 2006年10月21日 (土) 13時27分

Anna Siewierska先生は、僕のチューターでもあるのでっす。

投稿: Takanosuke | 2006年10月21日 (土) 19時15分

Anna Siewierska先生は、ランカスター大学大学院時代にチューターとして非常に暖かくご指導いただいたのですが、先月送られてきた会報で、昨年不慮の事故でお亡くなりになりになったということを知りました。非常に悲しいです。ここにご冥福をお祈りいたします。どうぞ、安らかに。

投稿: Takanosuke | 2012年3月 7日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125727/3886211

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年10月18日:

« 2006年10月17日 | トップページ | 2006年10月19日 »